PR

【2024年】ロボット掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ロボット掃除機のルンバがよく売れていることが分かりますね!

 

エコバックスのロボット掃除機は欧州で2位のシェアです。日本でも注目されてきています↓

関連記事▶【最新版】エコバックスのロボット掃除機DEEBOT全種の比較とおすすめはどれ?

Ankerのロボット掃除機も人気です↓

関連記事▶【最新版】Ankerロボット掃除機Eufy RoboVac全シリーズの比較とおすすめはどれ?

何気に最近ロボット掃除機ILIFEも安いので売れてます↓

関連記事▶【最新】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機全種類の比較とおすすめはどれ?

『たこサーチ』でロボット掃除機を絞り込む


\以下の質問に答えてタップしてみてね!/

水拭きもできる必要あり?

バッテリーは3年以上もってほしい?

 エコバックス DEEBOT OZMO 950がおすすめです。水拭きができてハイパフォーマンスならエコバックスが一番だと思います。

【細菌除去率99%】ECOVACS DEEBOT OZMO 950 ロボット掃除機 フローリング/畳/カーペット掃除 マッピング 水拭き対応 バーチャルウォール スマホ連動 カスタム清掃 Alexa対応
ECOVACS

関連記事:【エコバックス性能比較表】全DEEBOTロボット掃除機からおすすめズバリ!【最新版】

 ILIFE V8sがおすすめです。水拭き可能なのに、低価格!初期費用を抑えて高パフォーマンスな機種を体感しましょう!

関連記事:【最新版】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機の比較表とおすすめ

スマホアプリ連携は必要?

掃除をとにかく超絶ラクにしたい

バッテリーは3年以上もってほしい?

 ルンバ643がおすすめです。バッテリーが6年で、掃除以外のオプションをそぎ落としたエントリー品になります。

ルンバ643 R643060
iRobot(アイロボット)

関連記事:【最新版】ルンバ600シリーズ比較まとめ!おすすめはどれ?690/641/680/654/643/622の違い・価格・性能徹底比較!

created by Takoyan

【2024比較】全Roborok(ロボロック)シリーズのおすすめはどれ?【ロボット掃除機最新版】

※記事内に商品プロモーションを含む場合があります
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

Roborok(ロボロック)とは、最近人気の格安ロボット掃除機です。

かでんちゃん
かでんちゃん

あまり聞いたことないメーカーだな…怪しそう…

たこやん
たこやん

そんなことないよ!
Roborok(ロボロック)は世界中でも人気のロボット掃除機なんだ!

Roborok(ロボロック)はこれまで世界40カ国以上・累計800万台以上を販売されているほどグローバルな人気を誇るロボット掃除機。

優れたマッピング性能や水拭き機能などがついているにもかかわらず、格安で提供されているというコスパの良さが魅力となっています。

今回はそんなRoborok(ロボロック)のロボット掃除機の全種類を比較してご紹介していきます。

「Roborok(ロボロック)気になるけど、どのモデルを選べばいいのかわからない」
「モデルごとの違いがわからない」

とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください!

たこやん
たこやん

下の3つがおすすめのモデルだよ!

  • 価格抑えめのエントリーモデル▶︎Roborock E5
  • お掃除ロボット兼見守りロボット▶︎Roborock S6 MaxV
  • 3way全自動ドック搭載のハイエンドモデル▶︎S7 MaxV Ultra
スポンサーリンク

【一番売れてる】ルンバ・ブラーバのキャンペーン情報!

現在、アイロボット社公式サイトでルンバを購入すると、以下のメリットがあります。

アイロボット公式サイトのメリット
  • 送料無料⇒購入額10,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 1年間のメーカー保証付き⇒購入日から1年以内に不具合が発生したら無償で修理してもらえる。
  • 充実したサポート付き⇒上記1年を過ぎてもアイロボット社での有償サポートがあるので安心。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。

通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。

海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。

AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。保証に関しては以下に記事にしています↓

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

 

間違えると怖いな、という方は公式サイトでルンバを購入することをおすすめします。直販なので保証も手厚いですしね。

アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。要チェックです!!↓

\下記リンク限定ルンバ特別キャンペーン中/
在庫に限りあり!急げ!

Roborok(ロボロック)の全シリーズ比較表

公式サイトで紹介されている現行モデルは以下の10種類です。

商品名の後ろに Plus or + がついているモデルは自動ゴミ収集ドック付きモデルとなります。

型番 全自動ドック付き
S7 MaxV

Ultra
S7 MaxV Plus
/S7 MaxV
Q7 Max+
/Q7 Max
Q7+/Q7 Q5+/Q5
商品
画像
吸引力 5100Pa 4200Pa 2700Pa
メインブラシ 3D稼働・ラバー製 3D稼働・毛
ダストボックスの容量 400ml 470ml 750ml 470ml
自動ゴミ収集 ● / – ● / – ● / – ● / –
自動モップ洗浄
水拭き
水拭き強力モード
振動モップ
マッピング回避機能 LDSレーザー
AI物体識別•回避(第二世代)
2種類カメラ
LDSレーザー
見守り機能
最長稼働時間 180分(300㎡)
アプリ対応
型番 S7+/S7 見守り機能
S6 MaxV
S6 Pure S5 Max エントリーモデル
E5
商品
画像
吸引力 2500Pa 2000Pa 2500Pa
メインブラシ 3D稼働・ラバー製
ダストボックスの容量 400ml 460ml 640ml
自動ゴミ収集 ● / –
自動モップ洗浄
水拭き
水拭き強力モード
振動モップ
マッピング回避機能 LDSレーザー Wジャイロ
+トラッキングセンサー
見守り機能
最長稼働時間 180分(300㎡) 200分(200㎡)
アプリ対応

Roborok(ロボロック)の特徴

Roborok(ロボロック)とは、「Beijing Roborock Technology」という中国のメーカーが展開しているブランドで、大手スマホメーカー「Xiaomi(シャオミ)」が出資していることでも有名です。

ここではそんなRoborok(ロボロック)のロボット掃除機の特徴を解説していきます。

 特徴
  1. 格安ロボット掃除機
  2. 全機種に水拭き・マッピング機能搭載
かでんちゃん
かでんちゃん

全機種に水拭き機能がついてるの?!

たこやん
たこやん

そうだよ!これから詳しく見ていこうね!

特徴1.格安ロボット掃除機

Roborok(ロボロック)の特徴はその安さです。

いちばん安いモデルで3万円台から購入できるので、予算は低いけどしっかり機能があるものが欲しいという方にはぴったり。

Roborok(ロボロック)の価格を比較できるように下にまとめたので参考にしてください!

Roborok(ロボロック)を価格で比較

全自動ドック搭載でおすすめ S7 MaxV Ultra

▼S7 MaxV Plus

▼S7 MaxV

▼Q7 Max+

▼Q7 Max

▼Q7+

▼Q7

▼Q5+ ※吸引清掃専用

▼Q5 ※吸引清掃専用

▼S7+

ロボロック(Roborock) S7P02-04 ロボット掃除機 ROBOROCK S7+ スマート自動ゴミ収集ドック搭載

▼S7

見守り機能付き S6 MaxV

▼S6 Pure

S5 Max

価格抑えめエントリーモデル E5

特徴2.全機種に水拭き・マッピング機能搭載

Roborok(ロボロック)のロボット掃除機には、全機種に水拭き機能とマッピング機能が搭載されています。

水拭き機能があれば、フローリングのべたつきや微細なホコリも逃さず掃除可能。

フロア全体を効率よく清掃するために必要なマッピング機能も搭載で、お部屋を隅々まで把握し障害物を避けてうまく掃除することができます。

これらはすべての機種に搭載されていますが性能はそれぞれで少しずつ異なるので、自分の生活スタイルに合ったスペックのものを選ぶようにしましょう。

たこやん
たこやん

性能の詳細は次の選び方のところで説明するね!

Roborok(ロボロック)の選び方

選び方
  1. 清掃力(吸引・水拭き)で選ぶ
  2. 機能性で選ぶ
  3. お手入れのしやすさで選ぶ

 

1.清掃力(吸引・水拭き)で選ぶ

ロボット掃除機を選ぶうえで気になるのはやっぱり清掃力ですよね。

Roborok(ロボロック)のロボット掃除機はどの機種も吸引と水拭きの両方の機能を兼ね備えていますが、その性能は機種ごとに異なってくるため、ここで比較して確認していきましょう。

吸引力で比較

ロボット掃除機の吸引力をはかる1つの指標として、Pa(パスカル)があります。

このPaの数値が大きければ大きいほど吸引力が高いとされていますが、メインブラシの性能や吸い込み口の広さによってもゴミの吸い取りやすさは変わってくるためPaの数字は参考程度にしておいたほうが良さそうです。

ちなみにRoborok(ロボロック)のモデルのなかでいちばん吸引力が優れているのは S7 MaxV UltraS7 MaxV PlusS7 MaxVで、5100Paです。

下位モデルだと2000Paなので、2倍以上の吸引力を持っています。

また、Roborok(ロボロック)のロボット掃除機には全機種メインブラシが搭載されていますが、新しいモデルには新開発の3Dラバーブラシを採用

この3Dラバーブラシは3次元に動くことで、凹凸のある床にも密着してゴミを掻き出すことができるようになっています。

ラバー素材は耐久性がありながらも柔らかいので、床を傷つける心配も無用。

また、ラバー素材は毛や糸くずが絡まりにくく、汚れても濡れた布で拭くだけで綺麗になるため、お手入れも簡単です。

カーペットを認識すると自動で吸引力を上げてくれるカーペットモードも全機種搭載です。

▼3Dラバーブラシ搭載の「S7+」

ロボロック(Roborock) S7P02-04 ロボット掃除機 ROBOROCK S7+ スマート自動ゴミ収集ドック搭載

水拭き性能で比較

水拭き機能があれば、床のベタつきや微細なホコリまで取り除くことができて便利です。

Roborok(ロボロック)のロボット掃除機には水拭き機能が標準搭載なので、どのモデルを選んでも水拭きをおこなうことができます。(吸引清掃専用モデルQ5シリーズ除く)

しかし水量調節や水拭き性能にはレベルの差があるため、フローリングメインで掃除したい方・水拭き機能を重要視する方は水拭きが高性能なものを選ぶことをおすすめします。

特に水拭き機能が優れているのはS7 MaxV UltraS7 MaxV PlusS7 MaxVS7+S7です。

高速振動モップ 水拭き強力モード
最大毎分3,000回で高速振動するモップを搭載。
皮脂や花粉、コーヒーなどのしつこい汚れを
しっかり落とすことができます。
吸引性能を停止させ、水拭きのみをおこなう機能。
念入りに水拭きをおこなってくれるので
床のべたつきをさっぱりきれいにしてくれます。

これらの2つの機能によって、ほかの機種以上にきめ細やかな清掃が可能となりました。

この高速振動モップと水拭き強力モードはS7シリーズにしか搭載されていないので、床をしっかりきれいに掃除したい方にはS7シリーズがおすすめです。

▼水拭き性能が優れた「S7」

清掃力(吸引・水拭き)の比較表

型番 S7 MaxV
Ultra
S7 MaxV Plus
/S7 MaxV
Q7 Max+
/Q7 Max
Q7+/Q7 Q5+/Q5
商品
画像
吸引力 5100Pa 4200Pa 2700Pa
メインブラシ 3D稼働・ラバー製 3D稼働・毛
水拭き
水拭き強力モード
振動モップ
型番 S7+/S7 S6 MaxV S6 Pure S5 Max E5
商品
画像
吸引力 2500Pa 2000Pa 2500Pa
メインブラシ 3D稼働・ラバー製
水拭き
水拭き強力モード
振動モップ
かでんちゃん
かでんちゃん

清掃力はS7シリーズがダントツだね!

2.機能性で選ぶ

効率よくお部屋を掃除するのに必要なマッピング機能やセンサーもロボット掃除機を選ぶうえで大切です。

マッピング・回避機能

Roborok(ロボロック)のロボット掃除機は、全機種にマッピング機能を搭載しています。

マッピング性能の種類としては以下の3つがあります。

LDSレーザー LDSレーザー+2種類カメラ
Wジャイロ&モーショントラッキング
・S7+/S7
・Q7 Max+/Q7 Max
・Q7+/Q7
・Q5+/Q5
・S6 MaxV
・S6 Pure
・S5 Max
・S7 MaxV Ultra
・S7 MaxV Plus
・S7 MaxV
・E5
毎分300回転する
LDSレーザーセンサー搭載。
お部屋を掃除しながら
360°スキャンします。
間取りを正確に
マッピングし、
効率よく掃除可能。
レーザーなので暗い室内でも
問題なく作動します。
顔認証技術の原理を活用した
ストラクチャードライト&カメラと
画像から物体の特徴を
捉えるRGBカメラ
の2つを搭載。
家具や小物などの障害物を
AIが感知し、巧みに回避しながら
清掃してくれます。
掃除以外にも見守りロボット
として使えるので
留守中のペットの確認にも◎
本体をスムーズに回転させる
「Wジャイロスコープ」、
スムーズな動きをサポートする
「モーショントラッキング」によって
掃除をしながらお部屋の
内部マップを作成。
保存した内部マップと照らし合わせ、
掃除し終えた場所とされてない場所を
導き出して正確に掃除します。

ほとんどの機種にはLDSレーザーセンサーが搭載されています。

LDSレーザーセンサーに加えて2種類カメラが搭載されているモデルなら、見守りロボットとしての機能も果たしてくれます。

S6 MaxVも2眼カメラ搭載なので見守り機能がついています。

もしペットのいるご家庭なら、留守中のペットの様子をスマホでリアルタイムに確認できるので安心。

リモート操作で本体を動かすことも、音声を送ることも可能です。

▼見守りロボットとしても使えるS6 MaxV

3.お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさもロボット掃除機を選ぶときに気にしておきたい点です。

とくにダストボックスのゴミ捨ては手間になりがちなので、その手間を省きたい方はダストボックス容量の大きいモデル自動ゴミ収集機能搭載のモデルを選ぶのがおすすめ

▼自動ゴミ収集ドック

Roborok(ロボロック)のロボット掃除機でこの自動ゴミ収集ドックに対応しているのは商品名の後ろに Plus or + がついているモデルです。

自動ゴミ収集ドック付きモデル
S7 MaxV UltraS7 MaxV PlusS7+Q7+Q5+

掃除が完了すれば、本体に溜まったゴミを自動で集めてくれます。

この自動ゴミ収集ドックには約60日分のゴミを溜めておくことができるので、ゴミ捨ての回数が一段と少なくなります。

ちなみに、メインブラシや水拭きで使うモップクロス、ダストボックス、エアフィルターなどは全機種取り外して丸洗いできるため、衛生的にも安心です。

お手入れでとにかく楽したいなら3way全自動ドックのS7 MaxV Ultra

S7 MaxV Ultraのドックは3way全自動ドックで、ゴミ収集・給水・モップ洗浄のすべてを自動でおこなってくれます。

ほかのモデルだと水拭きで使用したモップは掃除後に自分で洗う必要がありましたが、S7 MaxV Ultraは自動洗浄なのでいつでも清潔なモップで掃除をすることができます。

給水機能も備えているため、水拭きの際にあらかじめモップを濡らしたりなど掃除前後の手間が一切かからなくなりました。

Roborok(ロボロック)のおすすめ3選

最後にRoborok(ロボロック)でおすすめのロボット掃除機3選をご紹介します!

エントリーモデル▶︎Roborock E5 E552-04

発売年 吸引力 メインブラシ マッピング回避機能
2021年 2500Pa Wジャイロ
+トラッキングセンサー
アプリ対応 水拭き 自動ゴミ収集機能 自動モップ洗浄機能

エントリーモデルとしておすすめなのが、シンプルな機能性とお求めやすい価格が特徴のRoborock E5です。

水拭きやマッピング機能も揃っており、リモコンによる簡単な操作性も魅力。

お部屋にモノが少なく、基本的な機能が揃っていればじゅうぶんという方には、このシンプルなRoborock E5がおすすめです。

お掃除ロボット兼見守りロボット▶︎Roborock S6 MaxV

発売年 吸引力 メインブラシ マッピング回避機能
2020年 2500Pa LDSレーザー
アプリ対応 水拭き 自動ゴミ収集機能 自動モップ洗浄機能

お掃除ロボットとしてだけでなく、見守りロボットとしても活躍してくれるのがRoborock S6 MaxVです。

LDSセンサーのほかに2眼カメラを搭載しており、障害物回避機能が格段にアップしています。

15種25個のセンサーによって、カーペットの有無や壁との距離、段差をしっかり検知するので、追突や落下も回避できます。

お掃除後は見守りロボットとしても機能するため、留守中のペットの様子を確認できて安心です。

ハイエンドモデル▶︎S7 MaxV Ultra

発売年 吸引力 メインブラシ マッピング回避機能
2022年 5100Pa 3D稼働・ラバー製 LDSレーザー
AI物体識別•回避(第二世代)
2種類カメラ
アプリ対応 水拭き 自動ゴミ収集機能 自動モップ洗浄機能

Roborockのハイエンドモデルは S7 MaxV Ultra です。

S7 MaxV Ultra の最大の魅力は「3way全自動ドック」ゴミ収集・モップ洗浄・給水の3つを全部自動でおこなってくれるようになりました。

これによって60日分のゴミを収納してくれるのでゴミ捨ての頻度・手間を大幅に削減、水拭きのモップも自動で洗浄、水拭きやモップ洗浄に必要な水も自動で給水してくれます。

Roborockのロボット掃除機は全機種水拭き対応なのが魅力ですが、水拭き前にモップを濡らしておく必要があるのが課題でした。

S7 MaxV Ultraではその問題も解決。ドックに水を入れておけば、本体が自動で給水してモップを濡らしてくれますし、水拭き中に水が足りなくなればドックに戻って再給水をしてくれます。

吸引力も5100Paあり、3D稼働のラバー製ブラシ搭載で吸引清掃も申し分ありません。

最新AIのマッピング回避機能やカメラ搭載で障害物もしっかり回避し、カメラによってお掃除以外に見守りカメラとしても使えるようになっています。

とにかく掃除を楽にしたい方にとってもおすすめな全自動ロボット掃除機です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました