【2020年】ロボット掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ロボット掃除機のルンバがよく売れていることが分かりますね!

エコバックスのロボット掃除機は欧州で2位のシェアです。日本でも注目されてきています↓

関連記事▶【最新版】エコバックスのロボット掃除機DEEBOT全種の比較とおすすめはどれ?

Ankerのロボット掃除機も人気です↓

関連記事▶【最新版】Ankerロボット掃除機Eufy RoboVac全シリーズの比較とおすすめはどれ?

何気に最近ロボット掃除機ILIFEも安いので売れてます↓

関連記事▶【最新】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機全種類の比較とおすすめはどれ?

楽天スーパーセールで購入店舗数に比例して最大ポイント44倍!
2020/12/4(金)20:00~12/11(金)1:59まで。


楽天市場のキャンペーン

楽天で他にも購入するものがある方は、合わせて買うのがおすすめです。

1店舗でポイント1倍、2店舗でポイント2倍…、最大10店舗でポイント10倍です。

最大1割引きのチャンスってことです。そうなるとさすがにどこよりも安くなるでしょう。

小まめに商品を購入しても、きちんと1件にカウントされるので、一気に購入する必要はありません。ほしいモノから順に購入していきましょう!

他にも条件があって最大44倍のセールなのでお見逃しなく。

エントリーしないとカウントされないので要注意です。

\とりあえずエントリー!忘れずに!/

『たこサーチ』でロボット掃除機を絞り込む


\以下の質問に答えてタップしてみてね!/

水拭きもできる必要あり?

バッテリーは3年以上もってほしい?

 エコバックス DEEBOT OZMO 950がおすすめです。水拭きができてハイパフォーマンスならエコバックスが一番だと思います。

【細菌除去率99%】ECOVACS DEEBOT OZMO 950 ロボット掃除機 フローリング/畳/カーペット掃除 マッピング 水拭き対応 バーチャルウォール スマホ連動 カスタム清掃 Alexa対応
ECOVACS

関連記事:【エコバックス性能比較表】全DEEBOTロボット掃除機からおすすめズバリ!【最新版】

 ILIFE V8sがおすすめです。水拭き可能なのに、低価格!初期費用を抑えて高パフォーマンスな機種を体感しましょう!

アイライフ V8s/v8eロボット掃除機 大容量ダストボックス フローティング吸引口 (ブラック)
アイライフ(Ilife)

関連記事:【最新版】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機の比較表とおすすめ

スマホアプリ連携は必要?

掃除をとにかく超絶ラクにしたい

バッテリーは3年以上もってほしい?

 ルンバ643がおすすめです。バッテリーが6年で、掃除以外のオプションをそぎ落としたエントリー品になります。

ルンバ643 R643060
iRobot(アイロボット)

関連記事:【最新版】ルンバ600シリーズ比較まとめ!おすすめはどれ?690/641/680/654/643/622の違い・価格・性能徹底比較!

 ILIFE A6がおすすめです。バッテリーも1年でとにかく安さを追求しているロボット掃除機です。

関連記事:【最新版】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機の比較表とおすすめ

created by Takoyan

【最新】ルーロ「RULO」はどれがおすすめ?価格・性能比較!MC-RS20/RS200/RS300/RS800

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
かでんちゃん
ルーロの中でもその種類がおすすめなんだろう?
たこやん
ルーロの種類について徹底解説していくね!

ルーロとルンバどっちがおすすめ?価格・掃除能力・お手入れ方法の違い比較!」を読んで、ルーロを買うことに決めた!…でも、ルーロの中でもどの機種を買おう?と迷われている方のために、ルーロの機種の徹底比較をしてみました。

今回比較するルーロの機種は現在販売されている以下3つ+ルーロMC-RS200です。

  • ルーロMC-RS800
  • ルーロMC-RS300
  • ルーロMC-RS20

ちなみに結論を先に言っておくと、以下のようなまとめとなっております。

 

おすすめのルーロの型番について
  • アプリが使いたい!30畳以上を掃除させたい!という方はルーロMC-RS800
  • アプリ不要という方でも、予算があれば絶対ルーロMC-RS300がおすすめ!
  • 予算がなく、とにかくルーロを試したい方はルーロMC-RS20

 

ルーロMC-RS200ルーロMC-RS300と比べてレーザーセンサーや人工知能が付いてませんので、家具にぶつかりやすかったり、掃除の能力が少し劣るイメージです。

でも評判は高いのでそれほど気にしていない方が多いのでしょう。

上記を気にされない方は、ぜひ以下の通販サイトで比較してレビューも確認してみましょう!

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) ホワイト MC-RS200-W
パナソニック(Panasonic)

わたしたち夫婦もお掃除ロボット導入して生活が救われました!初めの導入コストこそ高いですが、みなさんの生活にもきっとプラスになると思います。

関連記事▶「掃除機からルンバに変えたことよって勝ち取った4つのメリット

 

通販サイトごと(Amazon、楽天、Yahoo!など)でも価格は異なりますので、この記事を読んでどの型番か決めたら比較してみましょう!

さっそく細かいルーロの比較にいきましょう!

スポンサーリンク

【12/5-6限定・在庫限り】ビックカメラ特別セール中!ルンバ960が半額以下!?急げ!


このルンバのサイトでも常々おすすめだと言っている、「ルンバ960」が特別セール中です!ルンバのセール時は初日には完売することもありましたので、欲しい方は急いでください。

「ルンバ960」は、ロボット掃除機のパイオニアのアイロボット社の製品なので、安全安心。最大112畳掃除ができて、アプリにも対応し、AIで賢く掃除するルンバの中でもハイスペックな高級品の部類です。

ただし最新機種のルンバS9+と比べると自動でのゴミ収集機能が無かったりしますが、実際私が使用する分にはそこの違いしか感じません。

関連記事:【最新】ルンバs9+の評判とルンバi7+との違いは?口コミ・レビューでわかる真実

今回のセールはあまりにも安いので、コスパは良いでしょう。

【一番売れてる】ルンバ・ブラーバのキャンペーン情報!

現在、アイロボット社公式サイトでルンバを購入すると、以下のメリットがあります。

アイロボット公式サイトのメリット
  • 送料無料⇒購入額10,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 1年間のメーカー保証付き⇒購入日から1年以内に不具合が発生したら無償で修理してもらえる。
  • 充実したサポート付き⇒上記1年を過ぎてもアイロボット社での有償サポートがあるので安心。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。

通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。

海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。

AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。保証に関しては以下に記事にしています↓

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

 

間違えると怖いな、という方は公式サイトでルンバを購入することをおすすめします。直販なので保証も手厚いですしね。

アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。要チェックです!!↓

\下記リンク限定ルンバ特別キャンペーン中/
在庫に限りあり!急げ!

ルーロの最新価格について

まずは、ルーロの価格についてAMAZONでの最新価格は以下のような値段となっております。

ルーロMC-RS20

ルーロMC-RS300 この3つの中で一番売れてます!↓

ルーロMC-RS800

3タイプともターゲットや機能が異なりますので、4万円~12万円程度とピンキリですね!

違いについて次から詳しく説明していきます。

ルーロMC-RS20/RS300/RS800比較表

まずは、一覧表で機種別の性能比較してみましょう。

MC-RS800 MC-RS300 MC-RS20
2017年10月 2016年7月
RULO AI RULO AI 8.0 RULO AI 3.0 RULO AI
電源タイプ 充電式(リチウムイオン電池)
電池寿命 繰り返し充放電
約1,500回
繰り返し充放電
約1,100回
本体寸法 幅330mm×奥行325mm×高さ92 mm
質量 3.0 kg(本体のみ) 2.7 kg(本体のみ)
集じん方式 ダストボックス式(紙パック不要)
集じん容積 0.25 L 0.15 L
充電時間 約3時間 約2時間
稼働面積 最大約120畳 最大約30畳 最大約20畳
使用時間 連続約100分 連続約70分
サイドブラシ 左右2箇所
回転ブラシ V字ブラシ(毛先Y字ブラシ)
運転モード 自動
エリア指定
徹底掃除
お手軽
スポット
自動
念入り
スポット
エリアメモリー
自動
念入り
スポット
自動充電
自動再開付
センサー レーザーセンサー
赤外線センサー
超音波センサー
ハウスダストセンサー
床面検知センサー
落下防止センサー
レーザーセンサー
赤外線センサー
超音波センサー
ハウスダストセンサー
床面検知センサー
落下防止センサー

赤外線センサー
超音波センサー
ハウスダストセンサー

落下防止センサー
位置認識 SLAM技術
(カメラセンサー)
IoT機能 スマートフォンアプリ
「RULOナビ」
充電台
電源方式
入力:AC100 V 50 Hz-60 Hz
充電台
消費電力
※およそ値
充電中:33 W
本体取外時0.4 W
充電中:33 W
本体取外時0.6 W
充電台
外形寸法
幅218mm×奥行136mm×高さ99 mm
充電台
質量
0.6 kg
電源コード長 1m
付属品 充電台
お手入れブラシ
リモコン
充電台
乾電池
お手入れブラシ
充電台
お手入れブラシ

異なる部分をカラーリングしてみました!

かでんちゃん
いや、違いありすぎ!
たこやん
そうだね、、けど実は違いは簡単に説明できるんだ!

MC-RS800でしかできないこと!

まず、ルーロの最上位機種の「MC-RS800」でしかできないことについてまとめます。

下記のことが、すべていらないのであれば下位モデルのMC-RS300MS-RS20を検討すればよいと思います。

MC-RS800でしかできないこと
  • アプリが使用可能
  • 稼働面積最大約120畳

上の表でずらーっと書いてますが、実はMC-RS800でしかできないことはこれだけなんです!

30畳~120畳を掃除してほしい方・アプリを使用したい方はルーロMC-RS800一択です。

このアプリ侮ってはいけません。これでいろんなことができるんです!

アプリでできること

アプリの名前は「RULOナビ」といいます。このRULOナビで何ができるのか?公式サイトの動画がわかりやすいのでこちらをご覧ください↓

RULOナビでできることを簡単にまとめてみました。

RULOナビでできること
  • 外出先から遠隔で掃除指示が可能
  • ルーロが作成した「ゴミマップ」を画面で確認可能
  • 掃除エリア・掃除不要エリアの指定が可能
  • 「お手軽」モードでゴミの多い箇所のみの掃除が可能
  • 「徹底掃除」モードで念入りな掃除も可能
  • 「スケジュール」モードで1週間の掃除設定が可能

ここでは、長くなるのでぜんぶを詳しくは説明しませんが、個人的にはエリア指定徹底掃除モードが魅力的だと思ってます。

 

こんな感じ↓で、掃除要・不要エリアを選べます。今日は会社が休みだから、この部屋には入ってきてほしくないな…ってときにも柔軟に対応が可能なんです。

もちろんペットの水飲み場とか、常に入ってほしくない箇所も設定しておくと便利です。

 

徹底掃除モードは単純で、指定したエリア内を二重走行して念入りに掃除をします。綺麗好きの方は、常に徹底掃除モードでも良いと思います。ハウスダストが気になる子ども部屋や寝室にもおすすめです。

価格はAMAZON、楽天、Yahoo!ショッピングで比較しましょう。

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) クリアホワイト MC-RS800-W
パナソニック(Panasonic)

ただし、このアプリ使用のためには2つ注意が必要です。1つ目にWi-Fi環境が必要ということ。2つ目にタブレット端末には対応していないということです。この2つがクリアできないようなら、下位モデルのMC-RS300がおすすめです。

MC-RS300とMC-RS20の違い

アプリはいらないなあという方は、次にMC-RS300MC-RS20を検討されると思います。

機能面で異なる部分だけを表にしてみました。

MC-RS300 MC-RS20
RULO AI RULO AI 3.0 RULO AI
電源タイプ 充電式(リチウムイオン電池)
電池寿命 繰り返し充放電
約1,500回
繰り返し充放電
約1,100回
集じん容積 0.25 L 0.15 L
最大稼働面積 約30畳 約20畳
連続使用時間 約100分 約70分
運転モード 自動
念入り
スポット
エリアメモリー
自動
念入り
スポット
センサー レーザーセンサー
赤外線センサー
超音波センサー
ハウスダスト発見センサー
床面検知センサー
落下防止センサー
赤外線センサー
超音波センサー
ハウスダスト発見センサー
落下防止センサー
付属品 ・リモコン
・充電台
・乾電池
・お手入れブラシ
・充電台
・お手入れブラシ

これ本当に個人的な意見ですが、お金があるならルーロMC-RS300、予算をどうしても出したくないならMC-RS20です。

値段のわりに機能差がありすぎです。

そもそも20畳以上を掃除する可能性があるなら、ルーロMC-RS300の方がおすすめです。バッテリーは5年以上持つと思いますので、今後のライフスタイルが変わる可能性も加味して、ルーロMC-RS300がおすすめです。

 

つぎに、わかりやすいのが電池の寿命です。

ルーロMC-RS300が1500回充電可能なのに対し、ルーロMC-RS20は1100回と、およそ1.4倍も変わります。ルーロMC-RS20の方が1~2年早く寿命が来ると想定できますし、このバッテリーも交換の場合1万円以上とお高いです。しかも、型番が合わず、交換時に1500回バッテリーが積めなかったりします。

 

つづいて集じん容積の違いも大きいです。ダストボックスにたまったゴミはどうしても人が捨てないといけません。

ルーロのお手入れ動画をご覧ください↓

このボックスに貯めておける量がルーロMC-RS300が0.25Lに対し、ルーロMC-RS20は0.15Lとおよそ1.7倍も変わります。ラクラクとは言え、ラクするためにロボット掃除機を買うので面倒に感じますよね?ちなみにルンバは0.60Lです。

 

あとはリモコンもルーロMC-RS300だけです

 

リモコンでできること
  • 掃除の指示
  • スケジュール設定
  • エリアメモリーの設定
  • レポート機能

 

エリアメモリー機能の紹介です↓何曜日はキッチン!とか曜日で場所を変えられます。

意外と便利で、通常は遠くてバッテリー切れで掃除してくれないエリアとかのみを指定しているとそこを掃除できたりしますので、家が35畳だからといって完璧を求めなければ、ルーロMC-RS300だけで事足りたりします。

 

レポート機能も重要です。

ロボット掃除機はうるさいのでだいたい家にいないときにルーロを動かします。すると、ほんとに掃除したのかな?と気になるときがあるので、この機能で確認ができます。

ルーロMC-RS300は「床面検知センサー」で床面の種類を見分けて、パワーやブラシの回転を自動制御。「レーザーセンサー」も搭載していて約110度範囲内にある障害物まで検知可能になりました。今まで検知できなかった幅約2 cmの物まで認識し、ギリギリまで近づいてしっかり掃除します。何が言いたいかというと、ルーロMC-RS20よりも掃除性能も優れているということです!

 

さいごに

ルーロについての比較した記事を書きました。

 

おすすめのルーロの型番の結論
  • アプリが使いたい!30畳以上を掃除させたい!という方はルーロMC-RS800
  • アプリ不要という方でも、予算があれば絶対ルーロMC-RS300がおすすめ!
  • 予算がなく、とにかくルーロを試したい方はルーロMC-RS20

お掃除ロボットの寿命は長いので、ぜひ将来を見据えた最高のパートナーを選んでほしいなと思います。

 

それぞれ価格はAMAZON、楽天、Yahoo!ショッピングで比較して安いのを購入されると良いと思います。

ルーロMC-RS800

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) クリアホワイト MC-RS800-W
パナソニック(Panasonic)

ルーロMC-RS300

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) ホワイト MC-RS300-W
パナソニック(Panasonic)

ルーロMC-RS200ルーロMC-RS300と比べてレーザーセンサーや人工知能が付いてませんので、家具にぶつかりやすかったり、掃除の能力が少し劣るイメージです。

でも評判は高いのでそれほど気にしていない方が多いですね。

ぜひあなたも以下の通販サイトで比較してレビューも確認してみましょう!

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) ホワイト MC-RS200-W
パナソニック(Panasonic)

ルーロMC-RS20

パナソニック ロボット掃除機 RULO(ルーロ) ホワイト MC-RS20-W
パナソニック(Panasonic)

読んでいなければこちらの記事もどうぞ↓個人的にはお掃除ロボットだとルンバがおすすめです。

関連記事▶ルーロとルンバどっちがおすすめ?価格・掃除能力・お手入れ方法の違い比較!

関連記事▶【最新版】ルンバ全シリーズ徹底比較!価格の違いとおすすめはどれ

ルーロはビックカメラで購入も可能です↓(少し割高ですが…)。機種によってカラーバリエーションも白・黒と2種類選べたりしますので確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました