【2020年】ロボット掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ロボット掃除機のルンバがよく売れていることが分かりますね!

 

エコバックスのロボット掃除機は欧州で2位のシェアです。日本でも注目されてきています↓

関連記事▶【最新版】エコバックスのロボット掃除機DEEBOT全種の比較とおすすめはどれ?

Ankerのロボット掃除機も人気です↓

関連記事▶【最新版】Ankerロボット掃除機Eufy RoboVac全シリーズの比較とおすすめはどれ?

何気に最近ロボット掃除機ILIFEも安いので売れてます↓

関連記事▶【最新】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機全種類の比較とおすすめはどれ?

『たこサーチ』でロボット掃除機を絞り込む


\以下の質問に答えてタップしてみてね!/

水拭きもできる必要あり?

バッテリーは3年以上もってほしい?

 ILIFE V8sがおすすめです。水拭き可能なのに、低価格!初期費用を抑えて高パフォーマンスな機種を体感しましょう!

関連記事:【最新版】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機の比較表とおすすめ

スマホアプリ連携は必要?

バッテリーは3年以上もってほしい?

 ルンバ643がおすすめです。バッテリーが6年で、掃除以外のオプションをそぎ落としたエントリー品になります。

blankblank
iRobot(アイロボット)
¥32,000
(2020/05/26 00:36:53時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事:【最新版】ルンバ600シリーズ比較まとめ!おすすめはどれ?690/641/680/654/643/622の違い・価格・性能徹底比較!

 ILIFE A6がおすすめです。バッテリーも1年でとにかく安さを追求しているロボット掃除機です。

関連記事:【最新版】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機の比較表とおすすめ

created by Takoyan

【比較】ルンバi7+に床掃除を任せてみた!評判とルンバ980・960との違いは?口コミ・レビューでわかる真実

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

ルンバi7+を実際に使ってみて1ヶ月が経ちました。

たこやん
たこやん

正直言ってホントに便利!

前回のテーマとは違った視点から、床掃除をロボットに任せる暮らしをしてみた感想をまとめていこうと思います。

ルンバi7シリーズはこれまでルンバシリーズで最上位だった900シリーズのさらに上位機種。

ルンバi7+についての評判・口コミ・価格や、どこで購入すべきかもあわせて紹介したいと思います。

あと前継機となるルンバ900シリーズとの違いもご紹介します!

※アイロボット社のファンプログラム「アイロボット30周年企画」で、ルンバi7+のモニターに参加させていただいています。

スポンサーリンク

【一番売れてる】ルンバ・ブラーバのキャンペーン情報!

blank現在、blankアイロボット社公式サイトでルンバを購入すると、以下のメリットがあります。

アイロボット公式サイトのメリット
  • 送料無料⇒購入額10,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 1年間のメーカー保証付き⇒購入日から1年以内に不具合が発生したら無償で修理してもらえる。
  • 充実したサポート付き⇒上記1年を過ぎてもアイロボット社での有償サポートがあるので安心。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。

通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。

海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。

AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。保証に関しては以下に記事にしています↓

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

 

間違えると怖いな、という方は公式サイトでルンバを購入することをおすすめします。直販なので保証も手厚いですしね。

アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。要チェックです!!↓

\下記リンク限定ルンバ特別キャンペーン中/
在庫に限りあり!急げ!

ルンバiシリーズとは?

まず、ルンバiシリーズの紹介のためにルンバi7+を代表して動画がありますので、ご覧ください↓

Roomba® i7+ Overview | iRobot

さらに、ルンバ980の紹介動画をみる↓と分かりますが、ルンバi7+では「ダスト容器のゴミを自動で排出」する機能が付いています。これが一番の魅力だと思っています。後ほど詳しく解説します。

ルンバ980紹介ムービー

ちなみにルンバ980は、112畳までの範囲をきれいに掃除したい!という方におすすめです。

そんな広い家に住んでいるお金持ちな方は、いまだと迷わず最高級品のルンバi7+をおすすめします!

ルンバi7+に床掃除を任せてみた感想

元々、家ではルンバ875が活躍してくれていたのですが、ルンバi7+を使ってみてその魅力に圧倒されました。

ルンバi7+に感じた魅力を1つずつご紹介していきますね。

ダストボックスの掃除が不要

まず何よりも、クリーンベース(自動ゴミ収集機)がとっても便利!

ルンバはほとんどの機種でクリーンベースがついていないので、「まぁなくてもいいんじゃない?」と思ってしまいますが、あるとないとじゃ雲泥の差です。

クリーンベースがあれば、お掃除が終わったあと勝手にゴミを吸引して、クリーンベース内の紙パックに溜めておいてくれます。

クリーンベースがない機種でもある程度はゴミを溜めておけますが、やっぱり手動で捨てなきゃいけない頻度は高くなります。

家の場合、ペットも飼っていないですしマットも敷いていないので、3~4ヶ月くらいはゴミを溜めておけるような気がしました。

クリーンベース内には紙パックが入っていてこれまた便利!

ゴミが溜まったら片手でサッと取り出して、ゴミ箱にポイっと捨てることができます。

しかも取り出すときには入り口が蓋されるようになるので、ほこりが舞うこともありません。

たこやん
たこやん

ゴミを捨てる時まで簡単に作業できるよう考えられているね

床掃除を完全にお任せできる上に、ゴミ捨ても超簡単で手間いらずなので「床掃除のことなんてなるべく考えたくないし、ゴミになるべく触りたくない」という人は迷わずルンバi7+を買うことをオススメします!

掃除の仕方が丁寧

家のルンバ875と比較してなんですが、ルンバi7+は掃除の仕方が丁寧で取りこぼしが圧倒的に少ないです。

例えるなら、「ルンバ875は掃除を覚えたての子ども」「ルンバi7+はお掃除のプロ」といった感じ(笑)

たこやん
たこやん

ルンバ875も十分仕事はしてくれるんだけどね

ルンバ875は自由自在に好きなところを掃除していく一方で、ルンバi7+は縦横規則正しくゴミを回収していってくれます。

我が家はかなり狭いですが、広いお家ならその動きをよく感じることができると思います。

後述しますが、吸引力がパワーアップしているので取りこぼしが減っているんです。

「床掃除はルンバにお任せ」するんだったら、絶対的にゴミの取りこぼしがないほうがいいですよね!

クリーンベースの魅力ももちろんですが、本来必要な床掃除力もしっかり備わっていると感じました。

アプリでいつでもどこでも掃除ができる

最近のルンバはアプリ対応がほとんどですが、我が家のルンバ875はアプリ非対応なんですよね。

最初はアプリがなくてもいいなと思って購入したんですが、使っているうちにアプリが使えないって不便…と感じるようになっていました。

長期休暇中などでスケジュールを変えたいときって意外とあるんですよね。

アプリがあればササっと操作できるようになります。

また、アプリがあればいつでもどこにいても掃除をスタートさせることができるんです!

赤ちゃんがいる家庭はアプリが大活躍すると思います。

起きている時にルンバを動かすようにすれば、睡眠の邪魔にもなりません。

たこやん
たこやん

好きな時に簡単に掃除が始められるね

我が家にも今年子どもが誕生するので、アプリ対応のルンバは必須だな~と思いました。

ルンバi7+に床掃除を任せてみた感想まとめ

ルンバi7+に床掃除を任せてみて、以前より床掃除にかける時間が減少したと感じました!

元々ルンバ875を使っていたのでそこまで床掃除に時間はかかっていませんでしたが、クリーンベースや取りこぼしの少なさ、アプリがあることでよりストレスが減りました。

1日の家事量は多くなくても、毎日毎日続けていたら、かなりの時間がとられてしまいますよね。

1つの家事がなくなると時間に余裕が出て、日々の生活にもゆとりが出てきますよ。

たこやん
たこやん

家族との時間も増えて嬉しい

初期投資はそれなりにしますが、床掃除はルンバに任せて大正解!と感じました。

ルンバi7シリーズについて。ルンバ900シリーズとの比較表

まずは簡単に比較表でご紹介!

背景が水色の部分が特に大きな違いです。

ルンバi7、i7+ルンバ980ルンバ960
ルンバi7+ アイロボット 自動ゴミ収集 水洗い wifi対応 スマートマッピング ロボット掃除機 【Alexa対応】 i755060iROBOT ロボットクリーナー ルンバ980 R980060 ブラック系 R980060iRobot ロボットクリーナー ルンバ960 メッドシルバー R960060 R960060
ナビゲー
ション
iAdapt 3.0、
Imprint
スマートマッピング
iAdapt 2.0
クリーン
ベース
(自動ゴミ
収集機)
◯ (i7+のみ)
洗える
ダスト容器
吸引力
ルンバ600シリーズと比較
10倍5倍5倍
カーペット
ブースト
吸引
ローラー
ゴム製デュアル
アクションブラシ
ゴム製デュアル
アクションブラシ
排気
フィルター
ダストカットフィルターダストカットフィルター
Wifi
アプリ対応
最大稼働時間
自動再開
75分
120分
75分
付属デュアル
バーチャル
ウォール数
1 21
交換エッジ
クリーニング
ブラシ数
121
交換ダスト
カット
フィルター数
121
アイロボット
ストア価格
(税込)
i7+: 140,270円
i7: 107,870円
135,000 円75,470 円

いまだと公式サイトでの購入&予約が良いと思います。通販サイトだと海外品を国内品として売られてしまっている場合もあり、その場合は公式サイトの保証対象外となってしまいます。

保証が心配な方ふくめ、公式サイトでの購入が間違いないです。直販なので保証も手厚いですしね。

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの修理サービスは国内正規品のみ!

 

ルンバi7シリーズで出来ること① ダストボックスが洗える!水洗い可能なんです!

実はこれまでのルンバ900シリーズはダストボックスの丸洗いができませんでした。

パナソニック社のルーロや日立社のミニマルは丸洗いができます。その衛生面から、価格がやや高くてもルーロやミニマルが選ばれるということがありました。

私は現在ルンバ885を使っていて、特に水洗いできなくても不便には思っていませんが、きれい好きな方は気になっていたことでしょう。

でも、これでルンバのデメリットが一つ潰れて、より他社の追随を許さない製品になったと思います。

関連記事▶ルーロとルンバどっちがおすすめ?価格・掃除能力・お手入れ方法の違い比較!

関連記事▶【最新版】日立ミニマルとルンバはどっちがおすすめ?価格・機能・性能・違い徹底比較

 

ルンバi7シリーズで出来ること②(ルンバi7+だけ!) クリーンベースで自動ゴミ収集可能なんです!

ルンバi7 クリーンベース紹介動画

これはルンバi7+だけの機能です。クリーンベース(自動ゴミ収集機)対応です。

これまで、ダストボックスからホコリをつまみ出してました↓こんな動画のようにコロンとホコリ出ません。

カンタンゴミ捨て<ルンバ800シリーズ>

それがルンバi7+限定ですが、掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のゴミを、クリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。

ダスト容器30杯分ものゴミを収納できるので、ゴミ捨ての手間が省けます!

これだけでもルンバi7+を購入するメリットになりますね。ロボット掃除機でこれができるのは2019年6月現在でルンバだけです。

 

ルンバi7シリーズで出来ること③ 吸引力が強化されてる!

ルンバi7 デュアルアクションブラシ

ルンバ980よりも吸引力が2倍に強くなっています!

ハウスダストに対しても有効であると、アイロボット社の公式で発表されています。

 

ルンバi7シリーズではルンバ980についていたカーペットブーストの機能がなくなっています。

カーペットブーストとは
カーペットブーストはルンバ980の機種にのみ搭載されたアイロボット社の新機能です。カーペットやラグなどの掃除のしづらいところの上では自動で吸引力を引き上げます。

なので最大で10倍に、しかも自動で引き上げることから、自分でゴリゴリ掃除していたカーペット掃除からも卒業できるのでは?といった機能だったのですが、そもそもルンバi7シリーズでルンバ900シリーズよりも吸引力が2倍になっていることから不要となったのでしょう。

吸引力については問題ないと思います。

 

ルンバi7+はルンバ980と同じく、アプリ対応!

このアプリが使えるのはルンバ900シリーズでも使えていたので、最近は当たり前になってきました。

そして、最新のルンバi7、i7+でもアプリが使えます。

スマートに外出時でもアプリから掃除の操作が行えます。

スケジュール機能もスマホやタブレットから操作できるのでラクラクです。

blank

これが意外と便利です!

いつもはわたしは平日のお昼にスケジュール設定をしていて、自分がいないときにルンバに掃除してもらってますが、祝日なんかは家にいたりしますよね?

意外とスケジュールを変更することが多いのです。

 

アプリ付きでない場合は、ルンバ本体の少ないボタンでポチポチしてスケジュール変更しないといけません。

あと、ルンバi7、i7+ともに最近流行りのスマートスピーカーも使えます。

  • 掃除を開始してほしいとき:「ルンバを使って掃除して」
  • 掃除を終了してほしいとき:「ルンバを使って掃除を終了して」
  • 掃除を中断してほしいとき:「ルンバを使って掃除を中断して」

 

↑こいつに話しかけるだけでルンバが動くようになります。最先端!

 

ただし、アプリを使うには注意が必要です。

ルンバをWiFi環境に置いていないと、アプリを使用できません。

すなわち、家がWiFi環境にないといけないということです。

 

ルンバi7シリーズで出来ること④ imprintスマートマッピングが使える!

ルンバ i7 Imprintスマートマッピング紹介動画

ルンバi7シリーズでは掃除の時間もルートも自由自在に賢く掃除が可能になりました。

さきほどのアプリを駆使すれば部屋を選んで掃除をすることもできます。

 

例えばですが、月、水、金曜日はリビング。火、木、土日は仕事部屋とか。

赤ちゃんがいない時間帯と曜日に設定しておけば、うるさくない。とか、そんな感じでカスタマイズ可能。

使うかわかりませんが、汎用性が高い分にはうれしい機能だと思います。

 

ルンバi7シリーズ(i7、i7+)の評判・口コミは?

にゃーこ
たこやんはルンバをおすすめしているけど、他の人はどうなの?
たこやん
僕だけの意見じゃなくて他の人の意見も集めてみたよ!

ルンバi7シリーズはルンバ900シリーズの上位機種なので、評判は良くなるだろうとは想像できますが、もっと具体的にどんなコメントが集まるか見てみました。

ルンバi7の口コミ

やはり吸引力に注目が集まっています。

ペットの毛の掃除がラクラクに。一番良いメリットですよね!

ルンバi7+の口コミ


あとはi7+ですと自動ゴミ収集機能が神がかって便利ですよね。

買って後悔したというものは見つからないので、ルンバ900シリーズと同様でルンバi7シリーズも満足している方が多いと思います。

 

関連記事▶ルンバを使うために片付けなきゃいけない!お手本紹介

ルンバの全般的なデメリットについては以下でまとめています。

関連記事▶【ルンバのデメリット】メーカーが絶対言わない欠点を徹底紹介|実際に使って感じた注意点・弱点

ルンバi7シリーズはどこで購入する?

ルンバi7シリーズは通販サイトで購入可能です。

以下の通販サイトで安いところで購入すると良いのではないでしょうか。

ルンバi7

ルンバi7+

 

型落ち品となるルンバ800シリーズについて、値段が安くなるのを見越して狙うのもアリです。以下の記事で徹底比較しています!

関連記事▶【最新版】ルンバ800シリーズ比較まとめ!おすすめはどれ?

 

ルンバ900シリーズは25畳~112畳の範囲を掃除させたい方におすすめです。

関連記事▶ルンバ980の評判や961と960との違いは?口コミ・レビューからわかる真実

 

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
ルンバ
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
blank
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました