【2019年】ロボット掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ロボット掃除機のルンバがよく売れていることが分かりますね!

 

エコバックスのロボット掃除機は欧州で2位のシェアです。日本でも注目されてきています↓

関連記事▶【最新版】エコバックスのロボット掃除機DEEBOT全種の比較とおすすめはどれ?

Ankerのロボット掃除機も人気です↓

関連記事▶【最新版】Ankerロボット掃除機Eufy RoboVac全シリーズの比較とおすすめはどれ?

何気に最近ロボット掃除機ILIFEも安いので売れてます↓

関連記事▶【最新】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機全種類の比較とおすすめはどれ?

\ロボット掃除機のおすすめ記事はこちら/

【購入前に必見!】床拭きロボット『ブラーバ』のメリット・デメリット超まとめ紹介

にゃーこ
ブラーバを買おうと思うけど、ほんとにブラーバでいいのかな?

漠然とこんな不安を抱えている方も多いと思います。それはブラーバについて、導入後のイメージがつかめていないからですよね?

りけいくん
そんなときは、ブラーバのメリットとデメリットを確認しておこう!

購入した後に「こんなはずじゃなかったのに…」とならないように、買った後のイメージをつかむためにも、ブラーバのメリット・デメリットをご紹介します。

実際にブラーバとルンバのユーザーとして私の感じたメリット・デメリットを述べます。

特にブラーバジェット240はブラーバシリーズの中でも清掃能力が高いのでおすすめです。

私が撮った動画なので恐縮ですが↓

 

スポンサーリンク

【一番売れてる】ルンバ・ブラーバのキャンペーン情報!

現在、アイロボット社公式サイトでルンバを購入すると、以下のメリットがあります。

アイロボット公式サイトのメリット
  • 送料無料⇒購入額10,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 1年間のメーカー保証付き⇒購入日から1年以内に不具合が発生したら無償で修理してもらえる。
  • 充実したサポート付き⇒上記1年を過ぎてもアイロボット社での有償サポートがあるので安心。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。

通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。

海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。

AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。保証に関しては以下に記事にしています↓

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

 

間違えると怖いな、という方は公式サイトでルンバを購入することをおすすめします。直販なので保証も手厚いですしね。

アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。要チェックです!!↓

\在庫に限りあり!急げ!/

 

ブラーバのメリットデメリットまとめ

本記事の結論を先にまとめておきますね↓

ブラーバのメリット
  1. 拭き掃除を自動でやってくれる
  2. 皮脂・液体系も掃除できる
  3. 掃除音が小さい
  4. 花粉症対策にもなる?
  5. 本体価格が安い
  6. サイズが小さいので、少しの隙間も入り込んで掃除できる

 

ブラーバのデメリット
  1. 掃除の対象がつるつる系に限定される
  2. 部屋を片付けていないといけない
  3. 拭き掃除なので隙間にゴミが溜まるし、大きなゴミも取れない
  4. 開始の度にセッティングをしないといけない
  5. 3mm程度の段差を越えられないこともある
  6. ランニングコストが他のお掃除ロボットよりかかる?

 

 

まずは動画でブラーバがどんな感じか確認しよう

ブラーバ導入後の生活のイメージをつかむために、以下に公式の動画をご用意しました!

床拭きロボット ブラーバ<公式サイト>

優雅にブラーバをつかう家庭ですね。床拭き掃除を自動でしてくれるなんて、夢のようですね!

では具体的にメリット・デメリットを説明していきます。

 

ブラーバのメリット

まずはブラーバのメリットを解説します。まとめると以下の通りです。

 

ブラーバのメリット
  1. 拭き掃除を自動でやってくれる
  2. 皮脂・液体系も掃除できる
  3. 掃除音が小さい
  4. 花粉症対策にもなる?
  5. 本体価格が安い
  6. サイズが小さいので、少しの隙間も入り込んで掃除できる
りけいくん
簡単にひとつずつ解説していくね!

メリット1.拭き掃除を自動でやってくれる

これが一番のメリットですよね!

ブラーバは拭き掃除してくれるので、仕上がりもほんと拭き掃除をしたときのそれ!

自分で雑巾がけやらモップがけをやろうとすると大変ですよね?

雑巾がけなんて腰痛くなりますし、モップがけもいちいち濡らして、せっせとやって。

 

自動でお掃除してくれる。その間に、自分はゆっくりしたり、遊んだり、ほんと自由です!

床もきれいに保つことができて、気分的にも衛生的にも良く、生活が豊かになります。

 

メリット2.皮脂・液体系も掃除できる

日々のホコリだけでなく、ブラーバだと皮脂汚れ、床の食べこぼしあとも掃除できます。

お掃除ロボット界でのブラーバの特権でしょう。お子さんがいる家庭では特に役立つのではないでしょうか。

ブラーバジェットの動画もあります。なんかかっこいいです(笑)

[ブラーバ ジェット]製品紹介ムービー

 

メリット3.掃除音が小さい

こんなふうに子どもが寝てても大丈夫なくらい静かです。

ただ、実際に測定してみると、ドライモードでも40dB程度、ウェットモードだと水の噴射で70dB程度の音量です。

リビングでテレビを見ているときが60dB程度なので、まったく気にならないか?といわれるとそんなことはないと思います。

ただ、他のロボット掃除機だと一般的な掃除機と同じくらいの音量だったりします。なので、それと比べると小さいです。ちなみにルンバは常に70dB程度の音量でした。

なので他のロボット掃除機だとスケジュール予約機能をつかって自分と子どもが家にいないときに動かしたりする工夫が必要です。

ブラーバはそこまでの必要がない(というかスケジュール予約はないのでできない)ので、朝でも深夜でもいつでも掃除できますね!

 

メリット4.花粉症対策にもなる?

私は花粉症でないので実感することができませんが、花粉をブラーバに拭き取ってもらおうと期待している人も多くいます。


ブラーバをつくっているアイロボット社公式アカウントでもこの症状が軽減される可能性は認識しています。

花粉症の方はぜひ試してみるのもアリだと思います!

 

メリット5.本体価格が安い

ブラーバだと価格が2万~3万円台です。お掃除ロボットだと、劣化版とかでなくてまともに使えるやつで安くても4万円程度しますので、この導入コストが安いのは魅力的ですよね!

Braava jet 240↓

Braava 371j↓

Braava 380j↓

レビューなんかも見てみてください。基本的には☆5中☆4以上なので満足している方が多いので安心ですね。

 

さらに、ブラーバのどの機種がおすすめかはこちらに記事にしておりますので、興味のある方はぜひ確認してみてください。「【最新版】ブラーバどれがおすすめ?比較まとめ Braava 380j/371j/Braava jet 240

 

メリット6.サイズが小さいので、少しの隙間も入り込んで掃除できる

ブラーバはお掃除ロボットの中でも特に小さいです。

  • ブラーバ:最大幅244mm×高さ79mm
  • ルンバ:最大幅353mm × 高さ92mm

幅に関しては10cm、高さは1cm程度ブラーバの方が小さいです。ルンバが入り込めない場所も入って掃除ができたりするかもしれません。

ソファーやベッドの下は10cm程度空いていることが多いですが、家具下のサイズを測ってみて、9cm程度しか空いてない場合はブラーバにするのもアリだと思います!

ブラーバとルンバの徹底比較も記事にしているので興味ある方は読んでみてください。「ブラーバとルンバどっちがおすすめ?違い徹底比較|Roomba890/Braava380j

 

ブラーバのデメリット

つづいてブラーバのデメリットです。購入前に特にここを確認しておくと良いと思います。

 

ブラーバのデメリット
  1. 掃除の対象がつるつる系に限定される
  2. 部屋を片付けていないといけない
  3. 拭き掃除なので隙間にゴミが溜まるし、大きなゴミも取れない
  4. 開始の度にセッティングをしないといけない
  5. 3mm程度の段差を越えられないこともある
  6. ランニングコストが他のお掃除ロボットよりかかる?

 

デメリット1.掃除の対象がつるつる系に限定される

ブラーバが想定している床の対象はフローリング・タイル・クッションフロア です。いわゆるつるつる系ですね。

なので畳とか、ラグ・カーペットはできません↓

ルンバだと掃除できるので、ラグやカーペットなんかも掃除してほしいという方はルンバの方が良いかもしれません。

 

デメリット2.部屋を片付けていないといけない

りけいくん
床が散らかっているとそこはブラーバが掃除できないよ!

これはどのお掃除ロボットにも共通して言えることなのですが、床に物があるとブラーバは掃除しにくそうにします。

逆に言うと、人がブラーバのために、床をきれいにするようになりますのでポジティブにとらえましょう。

ちなみにルンバだとヘイローモードといって指定の場所を避ける機能がある機種もあります↓

ペットの水飲み場や、こういうふうに指定したい場合はルンバの方がよいかもしれません。

 

デメリット3.拭き掃除なので隙間にゴミが溜まるし、大きなゴミも取れない

部屋の引き戸の溝に入った隙間なんかもブラーバは苦手です。あくまで拭き掃除で、専用シートが届くレベルでないといけないので。

大きなゴミ(まるめたティッシュなんか)も当然ですが、そのまま転がして終わりです。あくまで拭き掃除なので(笑)

 

デメリット4.開始の度にセッティングをしないといけない

ブラーバは、床拭き掃除のためのシートの交換や、水の補給、掃除開始位置に自分でブラーバを置くといった手間があります。

ブラーバ シート交換↓

ブラーバ 水の補給↓

なので、よし!掃除させよう!と思ったら上記のこの手間をかけないといけません。

これは面倒くさがり屋さんには、あれれ?って思うところです。

 

 

一方で、ルンバは、自動で充電しに戻りますし、スケジュール機能で自動化できます。

面倒くさがり屋さんにはルンバの方がおすすめかもしれません。

 

デメリット5. 3mm程度の段差を越えられないこともある

りけいくん
ラグを乗り越えない設計なので、3mm程度の高さも乗り越えられないときもあるよ

部屋と部屋の間に、段差がある場合は、使用者がきちんと部屋ごとに開始を指定しないといけません。

そもそもブラーバは自動で開始しませんが、まあ手間ですよね。

ちなみにルンバは2cmまでなら乗り越えられます。

 

デメリット6.ランニングコストが他のお掃除ロボットよりかかる?

りけいくん
ブラーバのシート代は交換の度にかかるよ!

ブラーバは電気代こそ1時間0.5円と激安ですが、忘れてはいけないのが、専用シートです。

洗濯できるやつを買えば少しは安く済むと思います。価格は安くても1枚600円程度でしょうか。

ブラーバ380jでは、使い捨てのクイックルワイパーのシートを使ってドライの掃除もできます。

ブラーバジェットとブラーバの専用シートは微妙に異なりますのでシート購入時はお気をつけください。

 

ブラーバのレビュー・評判抜粋

ブラーバは価格のところでも言いましたが、基本は、良い意見ばかりです。

でも悪い意見もあるので、それぞれ、私がたしかに!と思ったところを載せておきます。

ブラーバの良い意見

5つ星のう5.0ジョイントマットの上も大丈夫
2016年2月18日
パターン: 急速充電スタンド+ウェットクロス(1枚)+ドライクロス(1枚)
幼児、乳児がいる子育て世帯です。ブラーバが来てからお掃除革命が起きました!!!
毎日、文句ひとつ言わず(笑)こつこつと、静かに、丁寧に床の拭き掃除をやってくれる最強の相棒!忙しい主婦に一時のブレイクタイムをプレゼントしてくれます。
毎日、子供たちが寝静まったあとにブラーバを水拭きモードで稼働させています。ホコリも立ちませんし、とにかく静かですので寝ているそばでも全く問題ありません。
我が家のリビングは、一部ジョイントマットを敷いたエリアがあります。ブラーバは段差を感知して乗り上げない仕様ですので、まずフローリング部分を一通り掃除させてから、ジョイントマットの上に移動させ、再度スイッチオンです。
ジョイントマットの上は、付属のウェットクロスだと少し引っかかりが出るので、市販の立体吸着ウェットシートを使っています。大変スムーズに、しっかりと汚れを取ってくれますよ♪ひとつだけ後悔したのは、「何でもっと早く買わなかったのかな」ということだけです。
子育て世帯には絶対におすすめです!!

なんでもっと早く買わなかったんだろう!って思うくらい費用対効果は大きいです。

ブラーバの悪い意見

5つ星のうち3.0広い範囲には向かない
2017年12月20日
パターン: 急速充電スタンド+ウェットクロス(1枚)+ドライクロス(1枚)|Amazonで購入
ルンバを使ってます
部屋はリビング・ダイニング・子供部屋×2・玄関・廊下・トイレ・洗面所・キッチン
のすべてを開け放して掃除しています(ど田舎なので各部屋は狭いわけではありません)
自分で掃除機を使って掃除するのはドアの裏側(開けてるから掃除できていない)や部屋の角の部分を時々です
水拭きの方がきれいになるのかと思って使ってみましたが
まず1回ではすべての部屋には行かれないこと
そしてルンバとはそれ程変わらない仕上がりだったので
現在はお休み中です静かなので在宅中に一部屋づつ掃除する事はできると思います
でも出かける時にボタン一つで帰ってくるまでにきれいにしてくれるルンバの方が楽(笑)
今使っているルンバが壊れたらやっぱりルンバを買います

上の意見に補足しますと、ルンバはスケジュール機能で完全自動化できてますので、ボタン一つの操作すら不要です。

面倒くさがり屋さんにオススメです。

 

まとめ

ブラーバのメリット・デメリットについてまとめました。

もう一度それぞれ記載しておきます。

 

ブラーバのメリット
  1. 拭き掃除を自動でやってくれる
  2. 皮脂・液体系も掃除できる
  3. 掃除音が小さい
  4. 花粉症対策にもなる?
  5. 本体価格が安い
  6. サイズが小さいので、少しの隙間も入り込んで掃除できる

 

ブラーバのデメリット
  1. 掃除の対象がつるつる系に限定される
  2. 部屋を片付けていないといけない
  3. 拭き掃除なので隙間にゴミが溜まるし、大きなゴミも取れない
  4. 開始の度にセッティングをしないといけない
  5. 3mm程度の段差を越えられないこともある
  6. ランニングコストが他のお掃除ロボットよりかかる?

 

メリット・デメリットが確認できたうえでブラーバが良いという方はブラーバを通販サイトで価格を比較して購入しましょう。

私のおすすめはダントツで「ブラーバジェット」です。ウェット・ダンプ・ドライの3種の掃除が選べるのが魅力です。

ブラーバの機種の中でどれがいいか確認したい方はこちらの記事もおすすめです。「ブラーバどれがおすすめ?比較まとめ Braava 380j/371j/Braava jet 240

ルンバもいいなと思った方には下記の記事もおすすめです。

 

ブラーバは通販サイトで購入するにしても「国内正規品」を選ぶようにしてください。でないと、保証が受けられません!⇒「知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

間違いないのはアイロボット社公式サイトで購入することです。こちらの価格もぜひご確認ください。

 

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

たくさん種類があって選べない!そんなあなたへの記事です

  • 種類がたくさんあって選べない?
    レビューと徹底比較をします!
  • どこで買うべきか?
    キャンペーン情報を積極的にお伝えします!
  • Twitterやブログでこのサイトを紹介して良いか?
    所詮個人ブログですので安心してご自由にお使いください。むしろ喜びます(笑)

当サイト限定のキャンペーンもご紹介していますし、通販サイトなら『Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング』で比較するのがおすすめなので、リンクを掲載しています。

自身のレビューをもとに『おすすめでないもの』もズバリと言い切って紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

情報が役に立ったと思ったらクリックして投票お願いいたしますm(_ _)mほんとクリックだけなので、どうか投票ください(>_<)
詳細はこちら にほんブログ村 PC家電ブログへ詳細はこちら

ブラーバ
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました