【2021年】掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ダイソンとマキタのコードレス掃除機がよく売れていることが分かりますね!

『たこサーチ』でコードレス掃除機を絞り込む

日本で一番売れているコードレス掃除機はダイソンで、性能抜群でおすすめです。

ただ費用が高いという方にはマキタのコードレス掃除機がおすすめなので、以下のテストに答えて参考にしてみてください。

\以下の質問に答えてタップしてみてね!/

フローリングの掃除がメイン?

カラー液晶ディスプレイで電池切れの時間がわかったりしたい?

ダイソンV11 Fluffyがおすすめです!

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF
Dyson(ダイソン)

ダイソン2019年モデルで、V10シリーズと比べると、以下の点で優れています。

【V10シリーズからV11シリーズへ進化した部分】

  1. カラー液晶ディスプレイが搭載された
  2. 吸引力が更に上昇した
  3. 運転音が軽減した
  4. コードレスクリーナー専用充電ドッグが付属した

関連記事:【最新版】ダイソンコードレス掃除機V11の比較とおすすめはどれ?

\下記リンク限定ダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンまたはキャンペーン価格あり!在庫に限りあり!急げ!

ワンルーム(8畳)程度の部屋の掃除を想定?

マキタコードレス掃除機CL107FDSHWがおすすめ↓

2016年9月発売の機種で、予算と性能のコスパ抜群!連続使用時間が『強モード』で12分で、1K住まいとか一人暮らしの方にはおすすめです!

関連記事▶【完全版】マキタコードレス掃除機の比較と選び方!おすすめの種類はどれ?【最新】

マキタコードレス掃除機CL181FDRFWがおすすめ↓

マキタシリーズなら個人的には一番おすすめです!パワーが強い18Vバッテリーで吸引力が優れていて、連続使用時間も『強モード』で20分と長く、一般世帯の部屋でも掃除可能だと思います。

関連記事:【完全版】マキタコードレス掃除機の比較と選び方!おすすめの種類はどれ?【最新】

カラー液晶ディスプレイで電池切れの時間がわかったりしたい?

ダイソンコードレス掃除機 V11 Absolutepro(直販限定)がおすすめです。

ダイソンV11シリーズの中で一番おすすめです。便利な布団ツール付き!充電ドック付きなので壁に穴をあけて収納ドックをつける必要もないです!

ダイソン2019年モデルで、V10シリーズと比べると、以下の点で優れています。

【V10シリーズからV11シリーズへ進化した部分】

  1. カラー液晶ディスプレイが搭載された
  2. 吸引力が更に上昇した
  3. 運転音が軽減した
  4. コードレスクリーナー専用充電ドッグが付属した

関連記事:【最新版】ダイソンコードレス掃除機V11の比較とおすすめはどれ?

\下記リンク限定ダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンまたはキャンペーン価格あり!在庫に限りあり!急げ!

ワンルーム(8畳)程度の部屋の掃除を想定?

ダイソン V8 Absoluteがおすすめです↓

ダイソン 掃除機 コードレス V8 Absolute SV10 ABL2
Dyson(ダイソン)

ダイソン2016年モデルの型落ち品ですが、稼働時間は最長40分と十分に高い性能があります。
関連記事:ダイソンコードレス掃除機V8シリーズの比較とおすすめはどれ?価格や種類も!Fluffy/Fluffy+/Animalpro/Absolute

\下記リンク限定ダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンまたはキャンペーン価格あり!在庫に限りあり!急げ!

ダイソン V10 Absoluteproがおすすめです。

最長運転時間は60分で性能も申し分なく、将来的にも長く使えるのでコスパは良いでしょう。

しかも布団が掃除できるフトンツールも付いています。

V11シリーズが出ている今、お買い得です。

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズの徹底比較記事↓

関連記事▶【2019年最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

\下記リンク限定ダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンまたはキャンペーン価格あり!在庫に限りあり!急げ!
created by Takoyan

マキタコードレス掃除機ワンタッチスイッチとトリガ式どっちがおすすめ?

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
かでんちゃん
マキタコードレス掃除機のスイッチはどれがおすすめなんだろう?
たこやん
僕は手が疲れない万人受けのワンタッチスイッチ式がおすすめだよ!

マキタコードレス掃除機にはワンタッチスイッチ式とトリガ式の2つのスイッチタイプがあります。

ワンタッチ式が断然良いという声が多いですが、トリガ式を調べると使う状況でワンタッチ式にも勝る良いところがたくさんあります。

今回は、マキタコードレス掃除機のスイッチのタイプについて比較します。

本記事の結論を先に!
  • 広い部屋を長い時間掃除する場合や、握力に自信のない方にはワンタッチスイッチ式がおすすめ!
  • 短時間の使用や手軽さを重視する方はトリガ式がおすすめ!

マキタのコードレス掃除機を選ぶ際には以下の全シリーズ比較記事をご参考に下さい。

関連記事▶【最新版】マキタコードレス掃除機比較まとめ!おすすめの種類はどれ?

スポンサーリンク

王道のワンタッチスイッチ式

ワンタッチ式は、一度ボタンを押せば連続運転できます。持ちかたを変えて、高いところを掃除するのも簡単です。吸引力も、強、標準の2つのモードがあります。

CF107だけさらにパワフルのモードが選べます。

一般的なスイッチなので、特にデメリットは感じません。

連続運転のメリットがあるので、ワンタッチスイッチ式は広範囲で長時間掃除するときに向いています。

あまり人気がないトリガ式は?

ボタンを押し続けている間スイッチがONになるのがトリガ式です。ハンドルを握ると、ちょうど人差し指がかかる部分にボタンがあります。

使用中はずっと押し続けてないといけないので指が疲れてしまい、手が小さい人には使い勝手がよくありません。前に押すときは軽いですが、引くときは吸引力も加わります。小指にも負荷がかかり、その状態で人差し指を使うのはむずかしいという人がいました。

高齢の方や、握力の弱い方はおすすめできません。腱鞘炎の方はかなり辛いはずです。

押し続けるのが嫌という人は、ゴムバンドを代用して使ったりしています。これなら自分の指で押し続ける必要がなく、とても簡単です。

トリガ式はシンプルで、吸引力モードは強しかありません。特に不便には感じませんが、いきなり強モードで動作するので、音がうるさいという声もあります。

長時間の使用は疲れることと、運転音を考えると、狭い範囲での短時間使用に向いています。

一見するとデメリットだらけに感じますが、トリガ式には良いところがたくさんあります。

まず、指を離せば自動でOFFになるというのは便利な仕組みです。握ってすぐに動作するので、掃除機を用意してかけるまでの手間がありません。こどもたちが手軽さゆえに手伝ってくれるようになった、という声もあります。

物を移動して掃除するときや、部屋を移動するときは、瞬時にOFFにできるのでバッテリの節電にもなります。

1Kで一人暮らしの人や、車内清掃用に使いたい人なんかにおすすめです。

スナック菓子をこぼしてしまったとき、5秒だけサッとかけたい。こんなとき一役買ってくれるでしょう。

まとめ

マキタコードレス掃除機のワンタッチスイッチ式とトリガ式の2つについて紹介しました。

 

本記事のまとめ
  • 広い部屋を長い時間掃除する場合や、握力に自信のない方にはワンタッチスイッチ式がおすすめ!
  • 短時間の使用や手軽さを重視する方はトリガ式がおすすめ!
たこやん
僕の一押しはCL181FDRFWだよ!

マキタコードレス掃除機CL181FDRFWはワンタッチスイッチ式で、吸引力もマキタシリーズで一番強いです。

関連記事▶コードレス掃除機18VのマキタCL181FDRFWのレビュー!CL180・CL182との比較や口コミ・評判も

 

また、マキタコードレス掃除機の全シリーズの違いを知りたい方は以下をご参考に下さい。

関連記事▶【最新版】マキタコードレス掃除機比較まとめ!おすすめの種類はどれ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました