【2019年】ワイヤレスイヤホンのランキングと価格を確認しておきましょう↓

完全ワイヤレスイヤホンのタイプがよく売れていますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

女性向き!おしゃれかわいいワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ7選!

ワイヤレスイヤホン
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

私にあったおしゃれでかわいいワイヤレスイヤホンがほしいな!

たこやん
たこやん

女性に人気のワイヤレスイヤホンを紹介するね!

ワイヤレスイヤホンにこだわりはじめると、機能や価格よりも見た目も重要だと思い始めます。

そこで、おしゃれでかわいい、しかも機能や価格も優秀なワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介いたします。

きっとあなたにぴったりのワイヤレスイヤホンが見つかるので、ぜひ参考にしてください!

 

スポンサーリンク

おしゃれなワイヤレスイヤホンの選び方

選び方1.やっぱり見た目が重要

【国内正規品】完全ワイヤレス Bluetooth イヤホン eoz air WHITE x ROSE GOLD イーオージー・エアー ホワイトxローズゴールド EO-1106

数多くあるワイヤレスイヤホンの中から自分に合ったものの選び方ですが、まずは見た目に重点を置くべきだと思います。

古臭いデザインだったり、普段の服装にマッチしなかったり、好みのデザインではないものって、なかなか身に着ける気になりませんよね。せっかく高音質で高機能のワイヤレスイヤホンを買っても、身に付けて使用しなければ意味がありません。

Bluetoothが普及し、ワイヤレスイヤホンも豊富なカラーや多様なデザインのものが発売されています。質感やシルエットもメーカーや機種によって様々です。

しっかり吟味すれば、自分にぴったりのデザインのワイヤレスイヤホンが見つかるはずです。身に付けているだけで気分が上がるようなお気に入りのものを探し出しましょう。

 

選び方2.自分の活用シーンに合ったものを選ぶ

バッテリーの持続時間や、備わっている機能、形状などは、メーカーと機種によって様々です。

自分の好みと活用シーンに合ったものを選ぶと失敗しにくいでしょう。

ランニングや筋トレなどスポーツをするときに使用する場合は防水・防滴機能を備えた製品、長距離移動に使用することが多い場合は長時間の連続再生ができる製品、といったように自分のライフスタイルに合わせて重要視する機能が変わってきます。

また、形状も様々で、左右完全独立型、コードでつながっている左右一体型、首に固定できるネックバンド型などがあります。

左右完全独立型は快適度は高いですが紛失しやすいデメリットがあります。このように、それぞれメリットデメリットがあるので、形状についても自分の活用シーンに合わせて選ばなくてなりません。

【意外と知らない!】ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット超まとめ!
たこやん ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットを解説するね! 最近、人気のワイヤレスイヤホン。本体とをつなぐケーブルがない分、わずらわしさが無くなり、正直最高です。 しかし、そんなワイヤレス...

 

選び方3.音質も重要

ノイズがひどかったり、音のバランスが悪かったりするとせっかくの音楽が台無しになり、ストレスを溜めてしまうことになります。

音質は単純に「良い」「悪い」だけでなく、低音と高音の大きさなど好みの違いもあるので、しっかり吟味して自分好みの音質のワイヤレスイヤホンを購入しましょう。

ネットで購入する場合は商品紹介の内容や口コミをチェックすると、手元に届いてから音質の悪さにガッカリするという事態を防げます。

以下でワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介していますが、主要通販サイトの3社を抑えているので、価格と機能を比較してぜひあなたにぴったりのワイヤレスイヤホンを見つけてください!

 

おしゃれでかわいい!おすすめワイヤレスイヤホン7選

おすすめ1.The COOPIDEA「BEANS」

【国内正規品】 COOPIDEA Bluetooth 完全ワイヤレス イヤフォン BEANS ターコイズ

1つ目のおすすめは、The COOPIDEAが発売している「BEANS」です。ポップなデザインがキュートで、女性におすすめしたいワイヤレスイヤホンです。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、コーラルピンク、ターコイズブルーの4色です。

もちろんコーラルピンクとターコイズブルーは抜群にかわいいのですが、シンプルなブラックとホワイトも艶のある質感とコロっとした形で、とても女性らしくおしゃれなデザインです。

ケースのデザインにもこだわっていて、本体と同色だったり、丸いシルエットだったり、バッグの中に入れておくだけで気分が上がるようなビジュアルです。

開けるとUSB挿入口があるので、スマホなどの充電ができるようになっているのも便利でポイントが高いです!

価格も1万円以下でゲットできるので、「たくさんありすぎてどれを買ったらいいのか分からない!」という人は、とりあえずこれを買っておけばOKです。

ただし、連続再生時間が3.5時間と短めなので、長時間使用する人には向きません。

 

EOZ「EOZ AIR」

【国内正規品】完全ワイヤレス Bluetooth イヤホン eoz air WHITE x ROSE GOLD イーオージー・エアー ホワイトxローズゴールド EO-1106

次におすすめするのは、スペインのメーカーEOZより発売されている「EOZ AIR」です。

カラーはブラック×ブラック、ブラック×シルバー、ホワイト×ローズの3色展開です。

イヤーフックがついているタイプで、さらに付属のケーブルで繋げば首掛け式にもできるので、ランニングや筋トレなどのスポーツをするときにも安心して使えます。

ゴツい印象になりがちなイヤーフック付きですが、シンプルなデザインと綺麗なシルエットで、可愛らしい印象のワイヤレスイヤホンになっています。

パワフルな低音と繊細な中高音で、音楽好きにもおすすめできるハイスペックさです。ブラック×ブラックはよくあるデザインに見えてしまうので、個人的にはホワイト×ローズが可愛らしくておすすめです。

連続再生時間も6時間とそこそこ長い、ハイスペック品です。

 

Anker「Zolo Liberty」

Anker Zolo Liberty+ (Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン) 【最大48時間音楽再生 / Siri対応 / IPX5防水規格 / 周囲音取り込み機能搭載】(ブラック) Z2010511

3つ目に紹介するのは、モバイルバッテリーなどで有名なAnkerの「Zolo Liberty」です。

上記2つのワイヤレスイヤホンに比べてもとてもコンパクトかつシンプルなデザインで、ファッションの邪魔をしません。カラーはブラックとホワイトの2色のみですが、小さくて丸いシルエットがキュートで女性らしいデザインとなっています。

カナル型(耳栓のように耳穴に入れるタイプ)で耳にフィットするので、音漏れの心配はありません。電車や図書館など静かな場所で使用したい人におすすめです。

最新のオーディオ技術により高音域がとてもクリアに聴こえ、外部の音をきっちり遮音するつくりになっているので、臨場感あふれる音楽を楽しむことができます。1万円以下でこのクオリティなので、コストパフォーマンスは抜群です。

連続再生時間は最大3.5時間なので、もっと長く使い方には少し物足りないかもしれません。

 

GLIDiC 「Sound Air TW-7000」

GLIDiC Sound Air TW-7000 アーバンブラック 完全ワイヤレスイヤホン フィット感 最大25時間音楽再生 急速充電10分で2時間使用 Bluetooth対応/マイク搭載/充電ケース付/自動ON/OFF 【日本正規代理店品】 SB-WS72-MRTW/BK

次は、GLIDiCの「Sound Air TW-7000」を紹介します。

Sound Air TW-7000はモダンで洗練されたデザインが特徴で、見た目も機能もスマートなワイヤレスイヤホンです。

メタリック加工された表面と、マットな質感の側面はバランスが良く、よりスタイリッシュな印象になっています。

連続再生時間が9時間と、かなりの大容量なので長時間使用したい人におすすめです。さらに独自のイヤホン形状が採用され、心地よいフィット感と高い遮音性を実現し、ストレスフリーで音楽を楽しむことができます。

価格は少し高めですが、機能性や音質を考慮すると、コストパフォーマンスが抜群で個人的に最もおすすめできる商品です。カラーバリエーションがブラックのみなので、ブラックが嫌いでなければ「Sound Air TW-7000」を選んで後悔しないと思います。

 

Bang & Olufsen「E8 2.0」

Bang & Olufsen 完全ワイヤレスイヤホン Beoplay E8 2.0 防塵/防滴/NFMI/AAC対応/Qi充電対応/通話対応インディゴブルー【国内正規品/保証2年】

5つ目のおすすめワイヤレスイヤホンは、デンマークのメーカーBang & Olufsenから発売されているE8 2.0です。

ビジュアル面だけでいうと、この記事で紹介する中で最もおすすめしたい商品です。

さすがはデザインの聖地、デンマーク。絶妙な色合いと研究が重ねられたシルエットがとても美しいワイヤレスイヤホンです。カラーバリエーションはブラック、インディゴブルー、ライムストーン、ナチュラルの4色です。インディゴブルーは深い青色、ライムストーンは上品な薄ピンク、ナチュラルは白みが強いグレーとなっています。

音質は全体的なバランスがよく、長時間聴いていても疲労感の少ないオールラウンドなサウンドです。価格は3万円以上と、他に比べて値が張りますが、上質なデザイン、バランスの良い音質、便利さなどを考慮すると満足できる商品でしょう。

最大4時間再生でIP54防塵防滴仕様です。

 

PGA 「Premium Style」

Premium Style Bluetooth4.1搭載 ワイヤレス ステレオ イヤホン ネックバンドスタイル グレー PG-BTE4S02

6つ目におすすめするのは、PGAの「Premium Style」です。低価格ながら、必要な機能はしっかり備わっているコスパの良いワイヤレスイヤホンです。

本命のワイヤレスイヤホンを選ぶために、まずは「Premium Style」のような低価格のイヤホンを買って普段使いしてみるのをおすすめします。

実際に使ってみないと、自分に必要な機能が分かっていない場合があります。「完全分離型のフックがないものを買ったけど、イヤホンフックが付いてる方が使いやすいかも」「思っていたよりも長時間使用するので、充電が追いつかない」など、高いものを買った後では取り返しがつかないこともあります。

そんな失敗をしないために、本命イヤホンを探す前の1台として「Premium Style」をおすすめします。ピンク、パープル、イエロー、ブルーとカラフルなカラー展開で、選ぶのもワクワクできますよ。

20gと軽量で、連続音楽再生時間は約6.0時間です。ネックバンドタイプなのでスポーツ用としてもおすすめです。

 

AVIOT「TE-D01d」

AVIOT TE-D01g Bluetooth イヤホン 完全ワイヤレスイヤホン iPhone Android 対応 Bluetooth Ver.5.0 防水 IPX7 通話 マイク ノイズキャンセリング (Navy)

最後におすすめするのは、日本のオーディオブランドAVIOTから発売されている「TE-D01d」です。

カラーはブラック、ネイビー、ダークルージュと、大人っぽい3色展開になっています。ピンクや白のポップなカラーのワイヤレスイヤホンは多くの企業が発売していますが、ネイビーやダークルージュといったシックな色合いはなかなか見つけることができません。そのため、「TE-D01d」は大人らしさを演出したい人におすすめのデザインです。

音質については、先行モデルのフィードバックを徹底的に行い、より真っ直ぐな日本の音が追求され重低音を重視しつつコーラスが加わると調和のとれた美しいサウンドが実現されています。

また、連続再生時間は10時間、ケースでの充電を併用すれば50時間となり、旅行などの長時間の移動時でも余裕を持って使用することができます。防水もIPX7と多少の雨では全く問題ないです。機能面も最高品質のワイヤレスイヤホンです。

 

ワイヤレスイヤホンの選び方のコツ

選び方1.形式(タイプ)を選ぶ

ワイヤレスイヤホンには、左右分離している完全ワイヤレスタイプ、首にコードをかけるネックバンドタイプ、片耳だけのヘッドセットタイプ、耳にかけるイヤーフックタイプ、ヘッドホンタイプなどがあります。

特に人気な種類が、完全ワイヤレスイヤホンとネックバンドタイプワイヤレスイヤホンです。

個人的には完全ワイヤレスタイプが一番動きやすくて快適なのでおすすめです↓ただ、耳へのフィット感が低いと外れて耳から落下することがあります。

【2019進化版 Bluetooth5.0 HiFi高音質】 Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF IPX6防水 完全ワイヤレス イヤホン 両耳 左右分離型 軽量 マイク付き タッチ式 Siri対応 ノイズキャンセリング&AAC対応 技適認証済 日本語音声提示 ブルートゥース イヤホン iPhone/iPad/Android対応 PZX

満員電車やスポーツ中に耳から外れてしまうと、その後見つからないということもありますので注意しましょう。

でも、きちんと耳にフィットするように複数の穴のタイプが付属されていることも多いので安心です。

 

ジョギングなどの時にはネックバンドタイプが固定力が強く、耳から外れても紛失しないのでおすすめです↓

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

自分がいつ、何をしている時にワイヤレスイヤホンを使うのかをイメージすると、自然と自分にぴったりのタイプがわかります。

 

選び方2.連続再生時間について

再生時間が短い(充電持続時間が短い)と、たびたび充電が必要になります。

そうなると使いたい時に充電が切れていたり、使用中に電源が落ちたり、使用時間よりも充電時間の方が長いなんてことにもなりかねません。

再生時間はタイプによっても変化しますが一般的に6時間のものが多く、10時間を超えるものはかなり優秀な連続再生力を持っている機種だと言えます。

1回の連続使用が6時間以上必要な場合には、高スタミナの機種を選びましょう。

関連記事▶【長時間稼働】バッテリー長持ちのワイヤレスイヤホンのおすすめ厳選!

ケースに入れて充電できるタイプだと、ケース込みで36時間とかの表記になっています。

 

選び方3.防水機能に注目して選ぶ

【2019最新版】 防水ケース スマホ用 IPX8認定 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水 タッチ可 気密性抜群 iPhoneXR/X/8/8plus/7/7plus/6/6plus/Android 6インチ以下全機種対応 水中撮影 お風呂 海水浴 水泳など適用

スポーツを長時間していると、季節に限らず汗をかいてしまいます。防水機能が搭載されていないイヤホンは、汗が内部に入り込むことで壊れてしまう恐れがあるため、スポーツ用にワイヤレスイヤホンを購入する場合は防水機能が搭載されたタイプを選ぶようにしましょう。

防水機能が搭載されたイヤホンは、その性能がどの程度なのかを示す等級が表記されています。その等級はIP+数字2桁で表記され、数字の1桁目は防水性、2桁目は防塵性を表し、数字が大きいほど性能が高いです。

種類によってはIPX+数字で表記され、数字が7の場合は水深1mの水の中(30分程度)に入れてもイヤホン内が浸水しません。

  • 小雨の中ランニングをする程度であれば、IPX5~6程度がおすすめ。
  • IPX7の場合、汗はもちろん小雨が降る中でスポーツをしても壊れません。さらに、水洗いしても問題ないので、イヤホンを清潔に保ちたい人には特におすすめです。

ただし、性能が高くなるほど価格も上昇するので、予算内に収まるかどうかを確認することが大切です。

関連記事▶【マニア厳選!】1万円台(1万~2万)のワイヤレスイヤホンのおすすめ!

 

選び方4.コーデックについて

デジタルの音質を基準化したものがコーデックです。

代表的なコーデックには、SBC、AAC、aptX、aptX HD、aptX LL、LDACがあり、後述のものほど音質が良いイメージです。

それぞれの特徴を列挙すると↓

SBC標準的な音質
AACSBCより高音質
主にiOSで採用されているコーデック
aptXSBCより高音質
遅延の少なさが長所
aptX HDaptXより高音質
ハイレゾに対応したaptX
aptX LLaptXより低遅延
音ゲーをやる方には特に重要
LDACソニーが開発したコーデック
ハイレゾに対応した最高水準の音質を誇る

関連記事▶【高音質・コスパ抜群!】重低音ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方!

 

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ノートパソコン・ワイヤレスイヤホン比較-ガジェットホーム(Gadget Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました