【2019年】ワイヤレスイヤホンのランキングと価格を確認しておきましょう↓

完全ワイヤレスイヤホンのタイプがよく売れていますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【スポーツ用に最適】ワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめ7選!ゴルフにも!

ワイヤレスイヤホン
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
たこやん
たこやん

スポーツ用のワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介するね!

スポーツ用のワイヤレスイヤホンは、軽く、丈夫で、防水規格にも優れているので、単純にスポーツだけでなく、普段使いのワイヤレスイヤホンとしてもおすすめです。

そんなスポーツ向けのワイヤレスイヤホンの選び方とおすすめを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スポーツにも最適なワイヤレスイヤホンの特徴を解説

Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ 「改良版」 高音質 防水防汗 超軽量 ワイヤレス ヘッドセット ハンズフリー iPhone&Android適用

スポーツに適したワイヤレスイヤホンの特徴は、体を動かしても外れたり壊れたりしにくいように作られていることですよね?

具体的には、軽量で耳にフィットしやすく、汗などの水分もイヤホン内部に入りにくくなっているのがベストです。

実際にスポーツ向けのワイヤレスイヤホンとして販売されているものから選ぶと、あまり間違いはないと思います。

また、スポーツ向けのワイヤレスイヤホンの中でも種類によっては長時間稼働できるものや、通話機能が搭載されているものがあります。

購入する際は、それぞれの特徴を把握して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

スポーツにも最適なワイヤレスイヤホンの選び方

形や機能、重量などさまざまな点で違いのあるワイヤレスイヤホン。スポーツ用に購入する場合は、どのポイントを軸にして選ぶかを考えることが重要です。そこで、スポーツに最適なワイヤレスイヤホンの選び方を解説します。

装着性の高さで選ぶ

身体を激しく動かすスポーツやランニングなど上下の振動がある場合、外れにくいイヤホンを装着することが大切です。

外れにくいタイプとしては、耳掛け式がおすすめです。

Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ 「改良版」 高音質 防水防汗 超軽量 ワイヤレス ヘッドセット ハンズフリー iPhone&Android適用

このタイプは耳に引っかかるようなフックがあるため、装着時の安定性が高いです。イヤホンは素材によっては外れやすいタイプもありますが、耳掛け式であれば素材に左右される心配もありません。フックの形状はメーカーや製品ごとに異なるので、しっくりくるタイプを選べば、より装着性を高めることができます。

また、ワイヤレスイヤホンにはカナル式というタイプもあります。

2019進化版 Bluetooth イヤホン スポーツ用 Bluetooth 5.0 低音重視 高音質 12時間連続再生 軽量 ワイヤレスイヤホン 両耳通話 ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 防水 マイク付き Siri対応 ハンズフリー通話 iPhone/Android/pc

このタイプは耳栓のような形状をしており、耳の穴へ入れ込むようにして装着することが特徴です。耳の穴に押し込んでいるだけなので、形状や素材が合わなければ外れやすくなります。

カナル式が合わない人もいるので、個人的には、初めてワイヤレスイヤホンを購入するなら、耳掛け式がおすすめです。

防水機能が搭載されているタイプを選ぶ

スポーツを長時間していると、季節に限らず汗をかいてしまいます。防水機能が搭載されていないイヤホンは、汗が内部に入り込むことで壊れてしまう恐れがあるため、スポーツ用にワイヤレスイヤホンを購入する場合は、防水機能が搭載されたタイプを選ぶようにしましょう。

防水機能が搭載されているかどうかは「IPX」という表記の有無で判断可能です。これは防水機能の高さの指標で、IPX+数字で表記されています。数字が高ければ高いほど、防水機能が高いことを示します。

  • 小雨の中ランニングをする程度であれば、IPX5~6程度がおすすめ。
  • IPX7の場合、汗はもちろん小雨が降る中でスポーツをしても壊れません。さらに、水洗いしても問題ないので、イヤホンを清潔に保ちたい人には特におすすめです。

 

便利な機能が搭載されたタイプを選ぶ

スポーツに最適なワイヤレスイヤホンでも、便利な機能が搭載されたタイプが販売されています。具体的には、ノイズキャンセリング機能やハンズフリー通話機能などです。

ノイズキャンセリング機能は周囲の騒音をカットして、イヤホンから流れる音楽のみに集中できる機能となっています。運動に集中して取り組みたい人におすすめです。

 

他にも、急な連絡に対応できるようにしたい人は、通話機能を搭載したタイプを選びましょう。このタイプはイヤホンにマイクが内蔵されているため、運動中に連絡がきた際にもハンズフリーで会話できます。

ゴルフなど手袋をはめるスポーツの場合、本体を取り出して操作するのは面倒なので、通話機能が搭載されているイヤホンは重宝します。

これらのような便利な機能に注目して選んだ方が、普段使いもしやすいのでおすすめです。

 

スポーツに最適なワイヤレスイヤホンおすすめ7選

ここからは人気の高い、おすすめのワイヤレスイヤホンを7種紹介します。機能の特徴やイヤホンとしての魅力などについても解説していきます。

おすすめ1.EVIO ワイヤレスイヤホン X1

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

EVIOのワイヤレスイヤホンはスポーツに最適な以下の機能や性能が豊富に搭載されています。

  • 10時間連続再生
  • ハンズフリー通話
  • ノイズキャンセリング機能
  • 自動ペアリング
  • iPhone/ipad/Android対応
  • IPX7防水

特に、防水の等級はIPX7なので、雨が降っている環境でも問題ありません。

さらに、このイヤホンにはネックバンドも取り付けられています。ゴルフ中のショットなど、スポーツに集中したいときにはイヤホンを外して、首からぶら下げておくことも可能です。

欲しい機能が十分揃っているので、個人的には一番おすすめのワイヤレスイヤホンとなっています。

 

おすすめ2.Bikuto スポーツ用ワイヤレスイヤホン C3-2

2019進化版 Bluetooth イヤホン スポーツ用 Bluetooth 5.0 低音重視 高音質 12時間連続再生 軽量 ワイヤレスイヤホン 両耳通話 ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 防水 マイク付き Siri対応 ハンズフリー通話 iPhone/Android/pc

このワイヤレスイヤホンは総重量が約19gと軽量なので、身につけていても負担になりにくいことが特徴です。

長時間行うスポーツ(ランニングやゴルフ、ジムでのトレーニングなど)でも常に装着し続けられる重量となっています。さらに、イヤーピースは柔らかい素材が使用されているので、耳へフィットしやすいです。

イヤホンを装着している感覚が苦手な人にもおすすめできます。しかも最大12時間再生可能です。

2019進化版 Bluetooth イヤホン スポーツ用 Bluetooth 5.0 低音重視 高音質 12時間連続再生 軽量 ワイヤレスイヤホン 両耳通話 ブルートゥース イヤホン 自動ペアリング 防水 マイク付き Siri対応 ハンズフリー通話 iPhone/Android/pc
Bikuto

 

おすすめ3.PZX JP ワイヤレスイヤホン Air-TWS-C5

【2019最新版 Bluetooth5.0 HiFi高音質】Bluetooth イヤホン 自動ペアリング スポーツ IPX6防水 完全 ワイヤレス イヤホン タッチ式 ブルートゥース イヤホン 軽量 両耳通話 ノイズキャンセリング&AAC対応 Siri対応 技適認証済 日本語音声提示 iPhone/Android対応 (グレー)

Air-TWS-C5の完全ワイヤレスイヤホンは防水(IPX6)やノイズキャンセリングなど、スポーツ中に欲しい機能が搭載されているほか、操作性が高いという特徴もあります。

イヤホンを充電用ケースから取り出すと自動で本体(スマートフォンなど)とペアリングされ、電源のON・OFFも可能です。

自動ペアリングによって、難しい操作が必要ないので、ワイヤレスイヤホンを使ったことのない人でも簡単に扱えます。

ただし、最大稼働時間は2時間が目安なので、こまめに音楽を聴いたりするのが前提となっています。

 

おすすめ4.Gaosa スポーツワイヤレスイヤホン BFX8

【圧倒的な24H稼働時間 IPX5防水 マグネット搭載】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 24時間連続再生 HiFi高音質 高低音重視 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 IOS、Android機器で電量表示 ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング iPhone/ipad/Android適用(ブラック)

BFX8は24時間連続稼働が魅力のワイヤレスイヤホンです。

ゴルフのように長時間屋外で活動するスポーツの場合、このワイヤレスイヤホンがおすすめです。こまめに充電する必要がないので、1日中装着していても問題ありません。

防水(IPX5)もなかなかです。

【圧倒的な24H稼働時間 IPX5防水 マグネット搭載】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 24時間連続再生 HiFi高音質 高低音重視 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 IOS、Android機器で電量表示 ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング iPhone/ipad/Android適用(ブラック)
Gaosa

 

おすすめ5.SUTOMO スポーツイヤホン E3

Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ 「改良版」 高音質 防水防汗 超軽量 ワイヤレス ヘッドセット ハンズフリー iPhone&Android適用

このワイヤレスイヤホンは骨伝導技術が採用されたタイプです。

頬骨から振動を伝えることで音楽を聴くことができます。耳孔が塞がらないため、周囲の音をキャッチしながら音楽が聴けます。

スポーツ中、周りの状況を把握しておきたい人におすすめです。

特に、ランニングなどの場合、車や自転車などが周りを走っていることもあるので、安全を考慮する人はこのイヤホンを検討しましょう。

最大再生時間も8時間なので、軽い運動くらいならこのワイヤレスイヤホンで十分足りると思います。

Bluetooth イヤホン 骨伝導 ヘッドホン スポーツ 「改良版」 高音質 防水防汗 超軽量 ワイヤレス ヘッドセット ハンズフリー iPhone&Android適用
SUTOMO

 

おすすめ6.Semiro スポーツワイヤレスイヤホン M2

Semiro Bluetooth イヤホン 高音質 ワイヤレスイヤホン IPx5防水 ヘッドセット 両耳 スポーツ マグネット ON/OFF搭載 人間工学 内蔵マイク ハンズフリー通話 ブルートゥース ヘッドホン iPhone Android 対応 (ブラック)

Semiroのスポーツワイヤレスイヤホンは、高い音質を維持しつつ周囲の雑音を除去してくれるため、音楽好きな人におすすめできます。

IPX5防水規格で、最大再生時間5時間です。価格は2,000円代と安価なのでコストパフォーマンスが高いです。ワイヤレスイヤホンを購入したことのない人は、入門機として購入しやすいと思います。

Semiro Bluetooth イヤホン 高音質 ワイヤレスイヤホン IPx5防水 ヘッドセット 両耳 スポーツ マグネット ON/OFF搭載 人間工学 内蔵マイク ハンズフリー通話 ブルートゥース ヘッドホン iPhone Android 対応 (ブラック)
Semiro

 

おすすめ7.HOKONUI スポーツイヤホン H5

【2019最新版 Bluetooth5.0 16時間連続駆動】HOKONUI イヤホン bluetooth スポーツ 高音質 デュアルドライバー マイク内蔵 低音重視 ノイズキャンセリング 240時間待機 ワイヤレス マグネット搭載 ヘッドホン IPX5防水防汗 ランニング 両耳 自動ペアリング 3Dステレオサウンド ハンズフリー通話 人間工学設計iPhone/iPad/PC/Android対応 (ブラック)

HOKONUIが販売するスポーツイヤホンは、本体との通信が安定しているため音切れや音飛びといったトラブルが発生しにくいです。

さらに、ノイズキャンセリング機能やハンズフリー通話、IPX5防水、最大16時間再生など機能面でのバランスも取れています。

【2019最新版 Bluetooth5.0 16時間連続駆動】HOKONUI イヤホン bluetooth スポーツ 高音質 デュアルドライバー マイク内蔵 低音重視 ノイズキャンセリング 240時間待機 ワイヤレス マグネット搭載 ヘッドホン IPX5防水防汗 ランニング 両耳 自動ペアリング 3Dステレオサウンド ハンズフリー通話 人間工学設計iPhone/iPad/PC/Android対応 (ブラック)
HOKONUI

 

ワイヤレスイヤホンの選び方のコツ

選び方1.形式(タイプ)を選ぶ

ワイヤレスイヤホンには、左右分離している完全ワイヤレスタイプ、首にコードをかけるネックバンドタイプ、片耳だけのヘッドセットタイプ、耳にかけるイヤーフックタイプ、ヘッドホンタイプなどがあります。

特に人気な種類が、完全ワイヤレスイヤホンとネックバンドタイプワイヤレスイヤホンです。

個人的には完全ワイヤレスタイプが一番動きやすくて快適なのでおすすめです↓ただ、耳へのフィット感が低いと外れて耳から落下することがあります。

【2019進化版 Bluetooth5.0 HiFi高音質】 Bluetooth イヤホン 自動ペアリング 自動ON/OFF IPX6防水 完全ワイヤレス イヤホン 両耳 左右分離型 軽量 マイク付き タッチ式 Siri対応 ノイズキャンセリング&AAC対応 技適認証済 日本語音声提示 ブルートゥース イヤホン iPhone/iPad/Android対応 PZX

満員電車やスポーツ中に耳から外れてしまうと、その後見つからないということもありますので注意しましょう。

でも、きちんと耳にフィットするように複数の穴のタイプが付属されていることも多いので安心です。

 

ジョギングなどの時にはネックバンドタイプが固定力が強く、耳から外れても紛失しないのでおすすめです↓

【Bluetooth 5.0 IPX7完全防水】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 10時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵 ランニング用 ハンズフリー通話 二台接続可能 CVC8.0ノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング EVIO 運動 ブルートゥース イヤホン Siri対応 iPhone/ipad/Android適用

自分がいつ、何をしている時にワイヤレスイヤホンを使うのかをイメージすると、自然と自分にぴったりのタイプがわかります。

 

選び方2.連続再生時間について

再生時間が短い(充電持続時間が短い)と、たびたび充電が必要になります。

そうなると使いたい時に充電が切れていたり、使用中に電源が落ちたり、使用時間よりも充電時間の方が長いなんてことにもなりかねません。

再生時間はタイプによっても変化しますが一般的に6時間のものが多く、10時間を超えるものはかなり優秀な連続再生力を持っている機種だと言えます。

1回の連続使用が6時間以上必要な場合には、高スタミナの機種を選びましょう。

関連記事▶【長時間稼働】バッテリー長持ちのワイヤレスイヤホンのおすすめ厳選!

ケースに入れて充電できるタイプだと、ケース込みで36時間とかの表記になっています。

 

選び方3.防水機能に注目して選ぶ

【2019最新版】 防水ケース スマホ用 IPX8認定 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水 タッチ可 気密性抜群 iPhoneXR/X/8/8plus/7/7plus/6/6plus/Android 6インチ以下全機種対応 水中撮影 お風呂 海水浴 水泳など適用

スポーツを長時間していると、季節に限らず汗をかいてしまいます。防水機能が搭載されていないイヤホンは、汗が内部に入り込むことで壊れてしまう恐れがあるため、スポーツ用にワイヤレスイヤホンを購入する場合は防水機能が搭載されたタイプを選ぶようにしましょう。

防水機能が搭載されたイヤホンは、その性能がどの程度なのかを示す等級が表記されています。その等級はIP+数字2桁で表記され、数字の1桁目は防水性、2桁目は防塵性を表し、数字が大きいほど性能が高いです。

種類によってはIPX+数字で表記され、数字が7の場合は水深1mの水の中(30分程度)に入れてもイヤホン内が浸水しません。

  • 小雨の中ランニングをする程度であれば、IPX5~6程度がおすすめ。
  • IPX7の場合、汗はもちろん小雨が降る中でスポーツをしても壊れません。さらに、水洗いしても問題ないので、イヤホンを清潔に保ちたい人には特におすすめです。

ただし、性能が高くなるほど価格も上昇するので、予算内に収まるかどうかを確認することが大切です。

関連記事▶【マニア厳選!】1万円台(1万~2万)のワイヤレスイヤホンのおすすめ!

 

選び方4.コーデックについて

デジタルの音質を基準化したものがコーデックです。

代表的なコーデックには、SBC、AAC、aptX、aptX HD、aptX LL、LDACがあり、後述のものほど音質が良いイメージです。

それぞれの特徴を列挙すると↓

SBC標準的な音質
AACSBCより高音質
主にiOSで採用されているコーデック
aptXSBCより高音質
遅延の少なさが長所
aptX HDaptXより高音質
ハイレゾに対応したaptX
aptX LLaptXより低遅延
音ゲーをやる方には特に重要
LDACソニーが開発したコーデック
ハイレゾに対応した最高水準の音質を誇る

関連記事▶【高音質・コスパ抜群!】重低音ワイヤレスイヤホンのおすすめと選び方!

 

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
ワイヤレスイヤホン
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ノートパソコン・ワイヤレスイヤホン比較-ガジェットホーム(Gadget Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました