【2020最新】パナソニック縦型洗濯機全シリーズ比較表とおすすめ2選!【選び方】

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

洗濯機といえばパナソニック・日立・東芝・シャープが人気ですね。

今回は中でも性能バランスの良いパナソニックから縦型洗濯機をご紹介していきます!

かでんちゃん
かでんちゃん

パナソニックの縦型洗濯機のおすすめ機種はどれかな〜?

たこやん
たこやん

ひと口に縦型といっても種類が分かれるから、比較しておすすめを教えるね!

パナソニックの縦型洗濯機は下記のように分かれます↓

◆洗濯乾燥機

『FWシリーズ』『FDモデル』

◆全自動洗濯機

『FAシリーズ』『Jコンセプトモデル』『Fシリーズ』

 

各シリーズから2020年最新モデルが発売されているので、徹底的に比較しておすすめを紹介していきます!

あなたのお家に1番合う洗濯機をじっくりと探してみてはいかがでしょうか?

関連記事▶︎【2020最新】日立縦型洗濯機ビートウォッシュ全シリーズ比較表とおすすめ3選!【選び方】

 

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機を安く買う方法!

通販サイトでの購入も良いですが、個人的にはビックカメラで購入がおすすめです。大手家電通販サイトの方が保証も手厚く、工事設置も安心です。

ビックカメラではメーカー保証も付いているので、基本的に差はありません。

しかも生産終了品がアウトレットで安く売られたりします。

\長期保証も手厚く、設置工事費も安い!/
キャンペーン実施していることも!急げ!

また、通販サイトでの型落ち品は生産終了により、逆に価格が跳ね上がることがありますのでご注意ください。

ちなみに、今現在のお使いの洗濯機の処分も家電リサイクル法でお願いしないといけないですが、それもビックカメラで購入すれば有料でお願いできます。正直、いろんな処分業者を探す方が手間なのと、意外とビックカメラの方が安かったりするので、ビックカメラにお願いするのがおすすめです。あと、洗濯機の設置もお願いできるので、ラクラクです。

リサイクル・設置のお申し込みは商品をカートに入れた際に選ぶことができるので、申し込む方はぜひチェックをいれてカートに入れましょう。

パナソニック縦型洗濯機 全シリーズ比較早見表

パナソニックの縦型洗濯機を選ぶポイントは

パナソニックの縦型洗濯機を選ぶポイント
  1. 乾燥機能の必要性で選ぶ
  2. インバーター搭載の有無で選ぶ
  3. 洗濯容量で選ぶ

この順番で選んでいくと1つの機種に絞れると思います!

上記の項目について後ほど説明しますので参考にしてください。

 

パナソニック縦型洗濯機シリーズの一覧比較表を載せておきます↓

洗濯乾燥機【FWシリーズ】【FDモデル】

FWシリーズ FDモデル
NA-FW
120V3
NA-FW
100K8
NA-FW
90K8
NA-FW
80K8
NA-FD
80H8
洗濯
乾燥容量
12kg
6kg
10kg
5kg
9kg
4.5kg
8kg
4.5kg
8kg
4.5kg
洗浄方式 温水
泡洗浄W
泡洗浄
パワフル立体水流
エコナビ
温水機能
ナノイー
液体洗剤
自動投入
外形寸法 W643
D672
H1073
W599
D664
H1089
W599
D664
H1089
W599
D664
H1089
W599
D648
H1071
洗濯時間 約43分 約34分 約33分 約32分 約37分

全自動洗濯機【FAシリーズ】【Jコンセプトモデル】【Fシリーズ】

FAシリーズ Jコンセプト
モデル
NA-FA
120V3
NA-FA
100H8
NA-FA
90H8
NA-FA
80H8
NA-FA
70H8
NA-J
FA807
洗濯
容量
12kg 10kg 9kg 8kg 7kg 8kg
洗浄
方式
温水
泡洗浄
W
泡洗浄
パワフル立体水流 パワフル
立体
水流
エコ
ナビ
温水
機能
外形
寸法
W643
D672
H1056
W599
D618
H1024
W599
D618
H1024
W599
D618
H1024
W564
D573
H1021
W599
D626
H1017
洗濯
時間
約43分 約39分 約38分 約37分 約36分 約38分
Fシリーズ(インバーター搭載なし)
NA-F
70PB14
NA-F
60PB14
NA-F
60B14
NA-F
50B14
洗濯容量 7kg 6kg 6kg 5kg
洗浄方式 ビッグウェーブ洗浄
バスポンプ
内蔵
外形寸法 W562
D572
H957
W562
D572
H907
W562
D572
H880
W562
D572
H880
洗濯時間 約43分 約42分 約42分 約40分

いま一覧表がよく分からなくても大丈夫です。読み進めればすっきり解決します!

 

パナソニック縦型洗濯機の評価・価格の比較とおすすめについて

ここではAmazonの価格を参考に確認しておきましょう。

主要通販サイトAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングでサクッと比較できるようにリンクも用意しましたので、ぜひご活用ください。

パナソニック縦型洗濯乾燥機

FWシリーズ全4種

パナソニックNA-FW120V3↓

パナソニックNA-FW100K8↓

パナソニックNA-FW90K8↓

パナソニックNA-FW80K8↓

FDモデル

パナソニックNA-FD80H8↓

パナソニック(Panasonic)
¥136,000 (2020/10/30 05:27:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

パナソニック全自動洗濯機

FAシリーズ全5種

パナソニックNA-FA120V3↓

パナソニックNA-FA100H8↓

パナソニックNA-FA90H8↓

パナソニックNA-FA80H8↓

パナソニックNA-FA70H8↓

Jコンセプトモデル

パナソニックNA-JFA807↓

Fシリーズ全4種

パナソニックNA-F70PB14↓

パナソニックNA-F60PB14↓

パナソニックNA-F60B14↓

パナソニックNA-F50B14↓

パナソニック縦型洗濯機の型番記号の仕組み

それぞれの縦型洗濯機の特徴・機能をチェックする前に、パナソニックの型番の仕組みを知っておくと欲しい機種を比較するのに便利になります。

まずは簡単な型番の仕組みをご覧下さい。

パナソニック縦型洗濯機の型番がすぐわかるコツ

パナソニック縦型洗濯機の型番は以下のような組み合わせであることが多いです。

NA-シリーズ名洗濯容量モデル別発売世代-色

NA-FW120V3-Wの場合

記号 記号の意味 備考
NA パナソニックの
洗濯機全てに付く
FW 洗濯乾燥機
FWシリーズ
120 洗濯容量12.0kg
V 大容量モデル シリーズの中で
分類される管理番号
3 2020年モデル NA-FW120Vにおける3代目
2019年モデルは2
2018年モデルは1と表記
W ホワイト 機種ごとにカラーが異なる

N シャンパン
T ブラウン
S シルバー
C ストーンベージュ など

なんとなく見えてきましたでしょうか。

次にパナソニック縦型洗濯機を選ぶおすすめポイントを詳しく紹介していきます!

 

乾燥機能は付いている方がいい?

縦型洗濯機の場合、乾燥機能が付いているからという理由で選ぶのはおすすめできません。

それには以下の理由があります。

  1. 縦型洗濯機の乾燥機能は効率が悪い!
  2. 縦型洗濯機で乾燥すると電気代がかなり高い!

簡単に説明していきます↓

1. 縦型洗濯機の乾燥機能は効率が悪い!

縦型洗濯機はドラム式のように衣類を縦に大きく動かすことができないので、除湿乾燥させるのに非常に時間がかかります。

縦型洗濯機
NA-FW120V3
ドラム式洗濯機
NA-VX900B
洗濯乾燥時間 約240分 約98分

その間、もちろん洗濯機は使用できない為、1日に何度もお洗濯をするご家庭ではちょっと不便ですよね。

シワもできやすいので、完全に乾燥させるのではなく部屋干しをする時に軽く脱水乾燥させておく程度の使い方になると思います。

縦型洗濯機の乾燥機能はおまけ程度にとらえた方がいいかもしれません。

ちなみに乾燥機能が付くと本体価格はかなり高くなります。

常に乾燥機能が使いたい場合は、『ドラム式洗濯機』にするか、『乾燥機能なしの縦型洗濯機と除湿乾燥機の併用』をおすすめします。

関連記事▶︎【最新】パナソニックドラム式洗濯機全シリーズ比較表とおすすめ3選!【選び方】

 

2. 縦型洗濯機で乾燥すると電気代がかなり高い!

縦型洗濯機はヒーター乾燥方式を採用しているのと乾燥効率の悪さから、電気代がかなり高くなります。

洗濯乾燥 縦型洗濯機
NA-FW120V3
ドラム式洗濯機
NA-VX900B
1回の電気料金 約68.8円 約24.0円
1ヶ月の電気料金 約2064円 約720円
電気料金目安単価27円/kWhとする。1ヶ月の電気料金は毎日1回運転した場合とする。

ドラム式洗濯機と比較すると1ヶ月で約1,344円の差になり、1年に換算すると約16,352円の差になります。

洗濯機は毎日1回の運転で約7年が寿命といわれていますので、毎日7年洗濯〜乾燥で使ったとすると約114,000円以上の差になります!

「乾燥機能を使いたいけどドラム式は高いからなんとなく縦型の乾燥機付きにしようかな〜」という選び方はあまりおすすめできません。

縦型洗濯機は『洗浄力』に特化して『乾燥機能』は苦手なことが多いです。

もしあなたが毎日の家事時間短縮のために乾燥機能を使いたいのなら、ドラム式洗濯機を買った方がいいかもしれません。

関連記事▶︎【4大メーカー電気代比較】ドラム式vs縦型洗濯機【節約方法も徹底解説】

人気の『液体洗剤・柔軟剤自動投入』機能が搭載されているのは、縦型では洗濯乾燥機FWシリーズのスタンダードモデルだけ。
ユーザーから「使ってみると意外と便利」と好評な機能ですが、縦型洗濯機の場合は自動投入機能=乾燥機能付きになってしまうので、自動投入があるからという理由で決めてしまうのはあまりおすすめしません。

 

インバーターを搭載している方がいい?

かでんちゃん
かでんちゃん

インバーターってなに?!あった方がいいの?

たこやん
たこやん

難しい言葉が出てきたね。簡単に説明するね!

結論からいうとインバーターを搭載している機種がおすすめです。

ちなみにパナソニック縦型洗濯機の場合、全自動洗濯機Fシリーズ以外は全機種インバーターを搭載しています。

インバーターとは電気量を高出力から低出力までコントロールできる技術のことです。

インバーター搭載モデルは「洗い」「すすぎ」「脱水」それぞれに必要な回転数に調整することで、以下のようなメリットを生みます。

  1. 節電効果がある
  2. 節水効果がある
  3. 静音性が高い

インバーター搭載ありなしモデルを比較しながら簡単に説明していきます↓

1. 節電効果がある

インバーター搭載モデルは洗濯機のモーターの回転数を調整することで、無駄な電力を使わず省エネにつながります。

同じ洗濯容量7kgのインバーター搭載ありなしモデルで1回の洗濯での電気料金を比較してみました↓

定格洗濯時 インバーター搭載
NA-FA70H8
インバーター搭載なし
NA-F70PB14
消費電力量 52Wh 50Hz:約112Wh
60Hz:約117Wh
電気料金 約1.4円 約3.0〜3.1円

電気料金目安単価27円/kWhとする。

インバーター搭載モデルは1ヶ月あたり約50円程度の電気代節約が可能になります。

2. 節水効果がある

インバーター搭載モデルだと水量の調節も可能です。

同じ洗濯容量7kgのインバーター搭載ありなしモデルで1回の洗濯での水道料金を比較してみました↓

定格洗濯時 インバーター搭載
NA-FA70H8
インバーター搭載なし
NA-F70PB14
標準使用水量 92L 約119L
水道料金 約23.7円 約30.7円

水道料金目安単価135円/㎥、下水道料金目安単価123円/㎥とする。

インバーター搭載モデルは1ヶ月あたり約300円の水道代節約が可能になります。

電気+水道代を合わせると、インバーター搭載モデルなら1ヶ月で約350円、1年で約4200円、7年使えば約29400円もお得になります。

ここで本体価格を比べてみましょう。

インバーター搭載7kgモデル
NA-FA70H8

インバーター搭載なし7kgモデル
NA-F70PB14

インバーター搭載なしモデルの方が本体価格は安いです。

しかし、なにせ洗濯機の寿命を7年と考えてインバーター搭載モデルは約29400円もお得になるので使っているうちに元が取れるはずです。

さらにおすすめなモデルがこちらです。

インバーター搭載8kgモデル
NA-FA80H8
コスパと省エネの面でもおすすめです!安価で洗浄力も◎

インバーター搭載の7kgモデルとあまり変わらない値段で『容量が8kg』、さらに『パワフル立体水流』という洗浄方式が追加されるので洗浄力も高まります。

ちなみにこのNA-FA80H8の場合、7年間使用した際の電気+水道料金はインバーター搭載なし7kgモデルに比べ約18480円お得になります。

こちらのNA-FA80H8を選ぶと容量UP+性能UPでさらに元が取れると思います!

3. 静音性が高い

インバーター搭載モデルは運転音も抑えることが可能です。

同じ洗濯容量7kgのインバーター搭載ありなしモデルで洗濯時の運転音を比較してみました↓

運転音 インバーター搭載
NA-FA70H8
インバーター搭載なし
NA-F70PB14
洗濯時 約32dB 約37dB
脱水時 約39dB 約46dB

インバーター搭載なしモデルは運転音が少々大きいことが分かります。

ただ、46dBという値は日常生活で望ましい範囲内ではあるので、許容範囲だと思います。

ちなみに日常生活で「静かだ」と感じるのは45dB以下と言われています。

 

洗濯容量はどのくらいがおすすめ?

1日1人分の洗濯物の目安は一般的に約1.5kgといわれています。

しかし洗濯容量めいっぱいに洗濯物を入れると効率が悪くなる場合があるので、洗濯容量は余裕をもって+1kgほどの機種が目安になります。

4人家族で1日1回のお洗濯の場合
1.5kg×4人×1日 +1kg = 7kg

大体の目安ですがこんな感じで計算します。

毎日洗わずにまとめ洗いするご家庭では、もう少し容量が多い方がいいですね。

分かりやすい洗濯容量目安をパナソニックが教えてくれています↓

※上記の目安容量図は容量めいっぱい詰め込んだ場合の数字です。

ちなみに我が家は洗濯容量9kgの洗濯機を使用していますが、厚手のお昼寝用毛布を洗濯機で洗おうとすると1枚がギリギリ入ったくらいでした。

洗える寝具などを自宅で洗濯したいと考えている方は、少し余裕をもって大きめの容量を選ぶのをおすすめします。

 

パナソニック縦型洗濯機おすすめ2選!

最後にもう一度シリーズ一覧比較表を載せておきます↓

洗濯乾燥機【FWシリーズ】【FDモデル】

FWシリーズ FDモデル
NA-FW
120V3
NA-FW
100K8
NA-FW
90K8
NA-FW
80K8
NA-FD
80H8
洗濯
乾燥容量
12kg
6kg
10kg
5kg
9kg
4.5kg
8kg
4.5kg
8kg
4.5kg
洗浄方式 温水
泡洗浄W
泡洗浄
パワフル立体水流
エコナビ
温水機能
ナノイー
液体洗剤
自動投入
外形寸法 W643
D672
H1073
W599
D664
H1089
W599
D664
H1089
W599
D664
H1089
W599
D648
H1071
洗濯時間 約43分 約34分 約33分 約32分 約37分

全自動洗濯機【FAシリーズ】【Jコンセプトモデル】【Fシリーズ】

FAシリーズ Jコンセプト
モデル
オススメ② オススメ①
NA-FA
120V3
NA-FA
100H8
NA-FA
90H8
NA-FA
80H8
NA-FA
70H8
NA-J
FA807
洗濯
容量
12kg 10kg 9kg 8kg 7kg 8kg
洗浄
方式
温水
泡洗浄
W
泡洗浄
パワフル立体水流 パワフル
立体
水流
エコ
ナビ
温水
機能
外形
寸法
W643
D672
H1056
W599
D618
H1024
W599
D618
H1024
W599
D618
H1024
W564
D573
H1021
W599
D626
H1017
洗濯
時間
約43分 約39分 約38分 約37分 約36分 約38分
Fシリーズ(インバーター搭載なし)
NA-F
70PB14
NA-F
60PB14
NA-F
60B14
NA-F
50B14
洗濯容量 7kg 6kg 6kg 5kg
洗浄方式 ビッグウェーブ洗浄
バスポンプ
内蔵
外形寸法 W562
D572
H957
W562
D572
H907
W562
D572
H880
W562
D572
H880
洗濯時間 約43分 約42分 約42分 約40分

パナソニック縦型洗濯機シリーズから選ぶポイントは以下の3つ!

  1. 乾燥機能の必要性で選ぶ
    ⇒縦型洗濯機の乾燥機能はあくまでもオマケ。乾燥機能を使いたいならドラム式にするか除湿乾燥機の併用がおすすめ!
  2. インバーター搭載の有無で選ぶ
    ⇒インバーター搭載機種は本体価格が上がるが省エネ。長く使っているうちに充分元が取れる価格帯がお得!
  3. 洗濯容量で選ぶ
    ⇒家族の人数や洗濯頻度によるがなるべく余裕を持って。

縦型洗濯機が欲しい方は、最終的に「乾燥機能はなくてもいい」「インバーター搭載機種がいい」という結論に落ち着く場合が多いと思います。

それを踏まえた上で個人的おすすめ2選をご紹介していきます↓

おすすめ①コスパ◎

パナソニックNA-FA80H8

パナソニックNA-FA80H8はこんな人におすすめ!
  • なるべくコスパの良い機種が欲しい
  • 洗浄力もそれなりに欲しい
  • 1〜2人世帯で毎日の洗濯は難しい

パナソニックの縦型洗濯機では人気の機種です!

3〜4人世帯でも毎日洗濯機を回す、洗濯頻度の高いご家庭であれば8kgで済む場合もありますが、まとめ洗いをしたり寝具などを洗おうと思うとやはりもう少し大きめの容量が欲しいところ。

そんな方には次がおすすめです↓

おすすめ②容量大きめ+コスパ○

NA-FA100H8

FA80H8の同じスペックのラインナップでは洗濯容量9kgと10kgがありますが、この2つは値段の開きがあまりないので10kgモデルがおすすめです!

8kg、9kg、10kgとも寸法は同じで大体の家庭に収まるサイズだと思います!

ハイスペック大容量12kgをおすすめしない理由

パナソニック縦型洗濯機の洗濯容量12kgモデルは温水泡洗浄Wが採用されて洗浄力が非常に高いと思います。

ドラム式であれば大いに温水機能を選んで欲しいところですが、縦型洗濯機の場合は『温水機能』で選んでしまうのはあまりおすすめできません。

表を載せておきます。見比べてもらえば一目瞭然です。

ドラム式の温水コース

縦型の温水コース

縦型洗濯機の温水コースは運転時間も電気代もかなり消費してしまいます。

ドラム式に比べて縦型洗濯機は水をたっぷり使用するので、温めるのに時間がかかるのです。

機能として選ぶのではなく、「12kgの大容量だから選ぶ」という方ならFWシリーズの12kgモデルNA-FW120V3がおすすめです。

乾燥機能なしのFA120V3とは価格の開きがそこまで大きくない上、ナノイーが搭載されているのが魅力ですね。

ナノイーは菌やウイルス、ニオイを抑制してくれるありがたい技術です。

衣類も洗濯槽も清潔に保つことができるので、小さいお子さんのいるご家庭も安心です。

温水機能や乾燥機能もありますが、オマケで付いてきたくらいに考えるといいと思います!

 

以上、パナソニック縦型洗濯機から厳選しておすすめモデルをご紹介しました。

あなたの洗濯機選びの参考になれば嬉しいです!

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
パナソニック 洗濯機
スポンサーリンク
投稿者をフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました