【2020年】ノートパソコンのランキングと価格を確認しておきましょう↓

Office搭載機種がやはり人気で、中でも富士通やMacの機種がよく売れていますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【2020最新版】VAIOノートパソコン全シリーズの比較と選び方!おすすめはどれ?

VAIOノートパソコン
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
たこやん
たこやん

VAIOのノートパソコンについて徹底比較したよ!おすすめをズバリ教えるね!

VAIOノートパソコンは、元々「Sony」が製造・販売し、今は独立した「VAIO株式会社」がその後を引き継いでいます。デビュー当時からすこぶる評判が良かったです。

デザイン性やオーディオ機器の品質が非常に高いという評価を獲得しているVAIOノートパソコンの全シリーズをこのページでは紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

VAIOノートパソコンのキャンペーン!

現在、VAIO公式サイトblankで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/電話/チャット等でのサポートが受けられるので安心です。購入前後でも相談可能の待遇の良さ。

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来ます。保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからキャンペーン価格での購入ができますぜひご利用ください。ただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定VAIO特別キャンペーン中/
限定価格!在庫に限りあり!急げ!

持ち運べてしかも、高性能なVAIOのパソコンで日々を充実させましょう!

よく問い合わせがあるので補足ですが、VAIO製品を公式サイトではなく、Amazonなどの通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、VAIO公式サイトblankで購入するのが間違いないと思います。直販で割引もありますし、なにより安心です。

VAIOノートパソコンの強み・特徴

群雄割拠のノートパソコン市場で、各々のメーカーは自社の強み、他者との差別化を図っています。VAIO社のVAIOノートパソコンもその例にもれず、VAIO独自の強みや特徴があります。

VAIOノートパソコンの3大特徴
  • オーディオビジュアルの質の高さ
  • デザイン性の高さ
  • 豊富なラインナップ

オーディオビジュアルの質の高さ

「VAIO」のこのロゴの意味をご存じでしょうか??

「VAIO」は「Video Audio Integrated Operation」の略称です。VAの部分は波を意識してつくられ「アナログ」で「IO」は数字の「1」と「0」を意識して作られ「アナログ」を意味しています。

ロゴにも採用しているように、「VAIO」の大きな強みはオーディオビジュアルの質の高さです。

SONYがオーディオメーカーとして蓄えてきた高度なオーディオ技術と、テレビの分野で確立してきた質の高い映像技術を投入して開発されています。

SONYだからこそ、実現することができたこの特徴は、VAIOの現在の不動の地位を築くきっかけになったといっても過言ではありません。

デザイン性の高さ

オーディオビジュアルとともに、「VAIO」の特徴として挙げられるのがデザイン性の高さです。

VAIOが発売された当初ノートパソコンは白・黒・グレーを基調としたものがほとんどでした。その中でVAIOはヴァイオレットを用いたカラーリングを用いてノートパソコン市場に風穴をあけ、今のVAIOの地位を確立しました。

マグネシウム合金を活用したデザインや、高級感あふれるロゴなど、ノートパソコンの様々な部分に工夫をこらし続けてきました。ソニーのこのような細部へのこだわりや、スペックの高さがVAIOの人気を推し進めてきました。

豊富なラインナップ

VAIOはビジネスマンから大学生向けまで幅広い対象に応じた個人向けノートパソコン、そして法人向けノートパソコンと非常に幅広い範囲を網羅しており豊富なラインナップを揃えている点も大きな特徴です。

VAIOノートパソコンの種類と選び方

VAIOノートパソコンには、「個人向けモデル」と「法人向けモデル」の2種類があり、「個人向けモデル」には「C15」「Sシリーズ」「SXシリーズ」「Aシリーズ」の4種類、さらに「法人向けモデル」には「8つからなるProシリーズ」の一種類があります。

blank

 

C15(初心者向けVAIOノートパソコン)

C15モデルの特徴
  • 初心者向けのモデル
  • 目が疲れにくいアンチグレア液晶搭載
  • サブウーファー付き高品質スピーカー
  • CPUはCeleronかCorei3と性能は低め Microsoft office選択可能

C15モデルは、VAIOノートパソコンの中では初心者向けのモデルです。

CPUはCeleron又はCorei3と性能は低いですが、Microsoft officeを購入時に選択でき、自宅で簡単な作業をするだけなら十分です。

VAIOの大きな特徴、オーディオビジュアルの質の高さを反映したように、重低音にこだわるサブウーファーを搭載しているため、音質にこだわる人はありがたいでしょう。また目が疲れにくい、アンチグレア液晶を搭載しており、フルHD液晶の選択も可能です。

ただし、C15は重量2.5kgとノートパソコンとして重いため、持ち運びには向いていません。

初心者又は自宅で簡単な作業をしたいという方にはC15モデルはおすすめです。

 

Sシリーズ(ビジネス向けVAIOノートパソコン)

Sシリーズの特徴
  • ビジネス向けのデザイン
  • S11 S13 S15の3種類(液晶サイズが異なる)
  • S15は4K映画再生からデータ保存まで可能な光学ドライブ搭載
  • CPUはCeleronからCorei7まで選択可能
  • S11は重量1kgを切りモバイルノートパソコンとして使える
VAIOノートパソコンのSシリーズはビジネス向けに作られたモデルです。
Sシリーズには「S11」「S13」「S15」の3種類があり、それぞれ11.6インチワイド、13.3インチワイド、15.5インチワイドと液晶サイズが異なってきます。特に、11.6インチワイドの「S11」は重量1kgを切りモバイルノートパソコンとして利用することが可能です。
CPUはCeleronからCorei7まで選択可能です。
「S15」には4k映画再生からデータ保存まで可能な光学ドライブを搭載しています。
パソコン中級者、ビジネスでVAIOノートパソコンを用いたいという方におすすめします。

SXシリーズ(新世代モバイルノートパソコン)

SXシリーズの特徴
  • 新世代モバイルノートパソコン
  • SX12 SX14の2種類(液晶サイズが異なる)
  • 新スタンダードモバイルと大画面モバイル
  • 1kg以下の軽量ボディ
  • CPUはceleronからCorei7まで選択可能
VAIOノートパソコンのSXシリーズは新世代モバイルノートパソコンと呼ばれています。

SXシリーズには「SX12」「SX14」の2種類があり、それぞれ液晶画面が12.5型と14型のモバイルノートパソコンです。

共に1kg以下の軽量ボディで外出時に持ち歩くのに非常に便利です。

「SX12」の特徴は「使いやすさ」と「モビリティ」です。「フルサイズキーボード」で入力がしやすく、かつミニマムサイズを追求し見やすい「12.5型のディスプレイ」

「SX14」の特徴は大画面でかつ軽量・小型という従来のモバイルノートパソコンでは両立しなかった矛盾を実現している点です。超スリムベゼル化により、本体サイズを変えることなく、14型ディスプレイを搭載し大画面かつ軽量・小型を実現しました。

CPUはCeleronからCorei7まで選択することができます。

VAIOノートパソコンSXシリーズはSシリーズと同様パソコン中級者向けのノートパソコンです。

Aシリーズ(2in1ノートパソコン)

Aシリーズの特徴
  • 2in1ノートパソコンモデル
  • 5つの利用モードを自在に切り替え可能
  • 外見は普通のノートパソコンと変わらない
  • タッチ操作に対応しペン入力可
VAIOノートパソコンのAシリーズは2in1ノートパソコンのモデルです。
「ノートパソコンモード」「タブレットモード」「ビューモード」「ビュークローズモード」「ワイヤレスキーボードモード」の5種類の利用モードに自在に切り替えることが可能です。
「スタビライザーフラップ」機構の採用によって、外観は普通のクラムシェル型ノートパソコンと見分けがつかないルックスを実現することができました。
また、タッチ操作に対応しておりペン入力も可能です。
VAIOノートパソコンAシリーズはパソコン上級者用のノートパソコンです。

VAIOおすすめノートパソコン

ここからは、VAIOおすすめのノートパソコンを紹介していきますね!最初に「BEST CHOICE」を紹介し、それから各シリーズごとにおすすめを紹介します。

          BEST CHOICE

VAIO SX14

VAIO 14.0型ノートパソコン VAIO SX14 ブラック(Core i5/メモリ 8GB/SSD 256GB/Office H&B 2019) VJS14190311B

CPUメモリストレージ液晶サイズ
Core i7-8565U
Core i5-8265U
Core i3-8145U
最大16GBSATA / PCIe SSD14.0型
液晶種類重量バッテリー駆動時間LTE
FHD 広視野角
4K 広視野角
999g約8~11時間対応モデルあり
ここがポイント!
  1. 13.3型にもかかわらず、超スリムベゼル化により14型液晶搭載
  2. スマホ向けの充電器で充電可能
  3. ビジネス向けインターフェイスフル装備
  4. タイピングに集中できる「静寂キーボード」
13.3型にもかかわらず、超スリムベゼル化により14型液晶搭載

blank

VAIO SX14は、超スリムベゼル化によって、13.3型にもかかわらず、14.0型液晶を搭載しています。

さらに、最先端のカーボン素材を採用することにより、本体重量は約999gを実現。

大画面でありながら、小型・軽量という矛盾した要素を成立させることができています。

スタンダードなモバイルパソコンとしては、一回り大きな14型液晶を搭載することにより、一般的なモバイルノートパソコンよりも、テキストや表などが見やすくなり、作業効率がぐっとあがりました。

スマホ向けの充電器で充電可能

VAIO SX14では、一般的なクラムシェル型のノートパソコンでありながら、スマホ用の充電器で充電することが可能です。

ほかのモバイルノートパソコンにはない特徴といっていいでしょう。

ただし、5Vスマホ用の充電器は電気量が低いため、充電するのに時間がかかります。5V/1.5Aの充電器であれば、0から100%充電完了までに約7時間ほどかかるということです。

ビジネス向けインターフェイスフル装備

VAIO SX14は新旧規格のインターフェイスを共存させています。

スリムなボディの中に、4K出力対応のHDMI端子、VGA端子、有線LAN端子の他、USB Type-C端子、3つのフルサイズUSB端子、SDメモリーカードスロットなど、すべて搭載しており、ビジネスの場面で困ることはありません。

新しく追加されたUSB Type-C端子は、様々な周辺機器との接続や充電などを1本のケーブルを用いて行うことができる最新のマルチインターフェイスです。

タイピングに集中できる「静寂キーボード」

VAIO SX14のキーボードは非常に心地のよい打撃感です。

キートップには、専用に開発した、フッ素含有UV硬化塗装を使用することで、防汚性、耐指紋性を強化しています。プログラマーから要望が多かった、英字配列キーボードも選択可能です。

また、プロジェクター投影中のうす暗い会議室や、消灯後の飛行機の座席で利用できるように、キーボードバックライトも標準装備しており、優れたキーボードです。

カラー

ブラック

blank

シルバー

blank

ブラウン

 

C15モデル

C15モデルは初心者向けのモデルです。CPUの性能は高くありませんが、自宅で軽い作業でしかノートパソコンを使わないというかたにおすすめです。Micro Officeなども選択できます。

 

VJC15190411Y ソニー 15.5型ノートパソコン VAIO C15 イエロー/ブラック

CPUメモリストレージ液晶サイズ
Core i3-5005U
Celeron 3215U
8GB(4GB×2)
4GB(4GB×1)
1TB ハイブリッドHDD
1TB HDD
500GB HDD
15.5型ワイド
液晶種類重量バッテリー駆動時間その他
広視野角Full HD 1920×1080
Full HD 1920 × 1080
HD 1366 x 768
約 2.5kgWindows 10選択時:約9.8-4.7時間
Windows 7選択時:約9.2-3.9時間
DVDスーパーマルチドライブ
ポイント
 1.おしゃれな4色から選択できる
 2.低反射アンチグレア液晶で目が疲れにくい
 3.サブウーファー付き高品質スピーカー
 4.充実したインターフェイスで拡張性が高い
 5.  15.5型ワイド液晶を搭載
おしゃれな4色から選択できる

左から

①ホワイト/カッパー ②ネイビー/グレー ③イエロー/ブラック ④オレンジ/カーキ

それぞれ普通のノートパソコンの外観とは一味違った特徴的なルックスで、おしゃれなノートパソコンを欲しいと思っている方にはおすすめです。

低反射アンチグレア液晶で目が疲れにくい

外光の映り込みを下げるアンチグレア液晶を採用しているため、目への負担が軽減され、長時間ノートパソコンの前で作業をしても疲れません。

サブウーファー付き高品質スピーカー

VAIO C15はパームレストの下面に大型のスピーカーを搭載しています。耳に近い位置であるために、非常に鮮明に聞こえてきます。普通のノートパソコンと比較すると圧倒的な音質体験をすることが可能です。

充実したインターフェイスで拡張性が高い

VAIO C15はノートパソコンとしてインターフェイスが充実しているため、コネクタやハブをわざわざ購入する必要性が低く、パソコン本体だけで完結しやすいくなっています。

(左側面)

ネットワーク(LAN)コネクター/HDMI出力端子/USB 3.0 端子(給電機能付き)x 1/USB 3.0 端子
マイク入力/ヘッドホン出力

左側面にはHDMI端子をはじめとして、ビジネスの場面で使う実用的なものが搭載されています。

(右側面)

USB 2.0 端子 x 2/DVDスーパーマルチドライブ

右側面にはUSB2.0が2つと、右側面の2つと合計すると4つのUSB端子が搭載されているため、USB端子で不足を感じることはほとんどないでしょう。またDVDスーパーマルチドライブも右側面についており、映画など見たいという方にはもってこいです。

(正面)

ディスプレイ上部にはチャットやオンライン会議などで用いるためのカメラが搭載されています。

15.5型ワイド液晶を搭載

VAIO C15は非常に見やすい画面サイズ15.5型ワイドディスプレイを搭載しています。

Celeronの場合、解像度1366X768ドットのみですが、Corei3であれば、1366X768ドットのものと、高精細で光沢のある1920X1080ドット、高精細で広視野角、光沢なしの1920X1080ドットの3種類から選択することができます。

おすすめは、見やすく目に負担の少ない「1920X1080ドット(光沢なし・広視野角)」です!

Sシリーズ

Sシリーズはビジネス向けのデザインでS11 S13 S15の3種類あり、CPUはCeleronからCorei7まで選択可能で、さらにS11は重量1kg以下でモバイルノートパソコンとしても使うことが可能です。

VAIO S15

VAIO (バイオ) ノートPC VAIO S15 VJS15390211S シルバー [Core i7・15.6インチ・HDD 1TB・SSD 128GB・メモリ 8GB]

CPUメモリストレージ液晶サイズ
Core i7-8750H
Core i5-8300H
4G~32GBHDD / Hybrid HDD /
SSD (デュアル対応)
15.6型
液晶種類重量バッテリー駆動時間その他
Ultra HD(4K) 3840×2160
Full HD 1920×1080
HD 1366×768
約2.25kg最大8時間ブルーレイディスク™ドライブ、DVDスーパーマルチドライブ
ポイント
  1. デスクトップPC級のプロセッサーを搭載
  2. 4Kディスプレイ選択可能
  3. 光学ドライブ搭載
  4. USB Type-C搭載 充実した側面のインターフェイス
  5. 指紋と顔、2種類の生体認証方式に対応
デスクトップPC級のプロセッサーを搭載

VAIO S15のパソコンの頭脳であるCPUには第9世代のインテル Core H プロセッサーを搭載しています。動画や画像編集などをはじめとする処理能力が非常に速く、デスクトップパソコン級です。

ストレージにはHDD 500GBを標準搭載していますが、ソニーストアで「1TBHDD」「ハイブリッドHDD」などの選択も可能です。またメモリーも最大32GBまで搭載可能で、標準モデルでも十分快適で性能が高いのですが、予算に余裕がある方は、カスタマイズしてみるのもいいのではないでしょうか?

一般的なノートパソコン(Corei7-8565U)と比較して、Corei5-9300HだとCPU性能は1.5倍、Corei7-9750Hだと約2.2倍アップしています。

4Kディスプレイ選択可能

VAIO S15は、1366×768ドットのHDタイプを標準にして、1920×1080ドットのフルHD、3840×2160のUltra HDに対応した4Kディスプレイを選択することが可能です。

とりわけ4Kディスプレイを選択すると文字をくっきりと表現させることができたり、画像がより鮮明になったり、高解像ならではのメリットがあります。

光学ドライブ搭載

VAIO S15はDVDスーパーマルチドライブの光学ドライブを搭載しています。カスタマイズによってUltra HD BD対応ブルーレイディスクドライブに変更することも可能です。動画編集をするのなら、Ultra HD BD対応ブルーレイディスクドライブをおすすめします!

あとで変えることができないので、購入の際は慎重に検討してください。

USB Type-C搭載 充実した側面のインターフェイス

(左側面)

「Thunderbolt3」に対応したUSB Type-C端子をはじめとして、4K出力に対応したHDMI出力端子、ネットワーク端子、VGA端子、USB3.0端子、ヘッドホン出力端子があります。ビジネスシーンではこれだけで完結させることができるほど充実しています。

(右側面)

右側面にはUSB3.0端子×2と光学ドライブがあるほか、パームレスト下部分にはSDメモリーカードスロット付きです。

指紋と顔、2種類の生体認証方式に対応

VAIO S15は、Windows Hello対応の生体認証方式を指紋と顔の認証の2種類から選択することが可能です。

カラー

ブラック

シルバー

 

 

Sシリーズ一覧

VAIO S15VAIO S13VAIO S11
画像VAIO (バイオ) ノートPC VAIO S15 VJS15390111B ブラック [Core i7・15.6インチ・HDD 1TB・SSD 128GB・メモリ 8GB]VAIO S13 ブラック VJS13290311B 13.3型ワイドノートPC [Office付き・Win10 Home・Core i5・SSD 128GB]VAIO S11 VJS11291211S 11.6型ノートPC シルバー [Office付・Win10 Home・Core i5・SSD 128GB・メモリ 8GB]
CPUCore i7-8750H
Core i5-8300H
Core i7-8550U
Core i5-8250U
Core i7-7500U
Core i5-7200U
Core i3-7100U
Celeron
Core i7-8550U
Core i5-8250U
Core i7-7500U
Core i5-7200U
Core i3-7100U
Celeron
メモリ4G~32GB4GB~16GB4GB~16GB
ストレージHDD / Hybrid HDD /
SSD (デュアル対応)
SATA SSD / PCIe SSDSATA SSD / PCIe SSD
液晶サイズ15.6型13.3型11.6型
液晶種類Ultra HD(4K) 3840×2160
Full HD 1920×1080
HD 1366×768
Full HD 1920×1080Full HD 1920×1080
重量約2.25kg第8世代CPU:約1.07kg
第7世代、Celeron:約1.06kg
約840g~約860g
バッテリー駆動時間最大8時間約11~12.5時間

約14~16時間

その他ブルーレイディスク™ドライブ、DVDスーパーマルチドライブLTE対応なし

 

SXシリーズ

VAIOノートパソコンSXシリーズは新世代モバイルノートパソコンです。SX12とSX14の2種類があり、どちらも重量1kg以下で非常に軽く、持ち運びに便利です。

VAIO SX12

VAIO VAIO SX12(Wi-Fi)ブラウン - 12.5インチ モバイルノート[Core i5 / メモリ 8GB / SSD 256GB / Microsoft Office 2019] VJS12190511T

CPUメモリストレージ液晶サイズ
Core i7-8565U
Core i5-8265U
Core i3-8145U
Celeron 4205U
4GB ~ 16GBSATA / PCIe SSD12.5型
液晶種類重量バッテリー駆動時間その他
FHD 広視野角888~899g約13.0~14.5時間LTE対応
ポイント
  1. 見やすい12.5型フルHDディスプレイ
  2. 2.持ち運びに便利な888gのコンパクトボディ
  3. スリムベゼルでも従来通りの堅牢性
  4. VAIO独自機能のフルサイズの「静寂キーボード」を搭載
見やすい12.5型フルHDディスプレイ

最近、モバイルノートパソコンは13型以上の大型化が主流になっています。12型のモバイルノートパソコンが少なくなってきた潮流の中で、VAIO SX12は12.5型のディスプレイを搭載しています。

A4用紙よりも一回り小さなコンパクトボディながら、表示領域を十分にとり、かつ映り込みの少ないアンチグレア液晶です。蛍光灯の真下や、明るい太陽光下でも見やすさが損なわれません。

さらに、高品質液晶パネルを採用しているため、高輝度・広視野角・ハイコントラストな表示で、非常に作業をしやすくなっています。

持ち運びに便利な888gのコンパクトボディ

VAIO SX12はとてもコンパクトなボディです。12.5型のディスプレイを搭載しながら本体重量は約887gを達成しています。15.7mmのスリムボディも相まって、日々の持ち歩きが全く苦になりません。小さなハンドバックにも十分に収まり女性のかたでも非常に持ち運びしやすくなっています。

スリムベゼルでも従来通りの堅牢性

画面の拡大のたまえに狭額縁化されたベゼルはによって強度が低くなったと思うかもしれません。しかし、内部構造を様々な角度から見直すことにより、従来モデルと比較して全く変わらない堅牢性を実現しています。 

VAIO独自機能のフルサイズの「静寂キーボード」を搭載

モバイルノートパソコンはキーピッチが狭くタイピングしにくいという不満がでることがよくあります。VAIO SX12は、本体設計を見直すことにより、コンパクトなボディでありながら、一般的なデスクトップパソコンや大画面ノートパソコンと同等のフルピッチキーボードを搭載することに成功しました。

元々デスクトップを使っていたユーザーであっても、乗り換え時に生じる違和感や窮屈感などはありません。オフィスでもモバイル作業時でも、問題なく快適にタイピングすることが可能です。さらに、「静寂キーボード」はそのまま継承し、耳障りなノイズを提言し、心地よい打鍵感を実現しています。

カラー

ブラック

シルバー

ブラウン

ピンク

SXシリーズ一覧

VAIO SX12VAIO SX14
画像VAIO VAIO SX12(Wi-Fi)ブラウン - 12.5インチ モバイルノート[Core i5 / メモリ 8GB / SSD 256GB / Microsoft Office 2019] VJS12190511TVAIO 14.0型ノートパソコン VAIO SX14 ブラック(Core i5/メモリ 8GB/SSD 256GB/Office H&B 2019) VJS14190311B
CPUCore i7-8565U
Core i5-8265U
Core i3-8145U
Celeron 4205U
Core i7-8565U
Core i5-8265U
Core i3-8145U
メモリ4GB ~ 16GB4GB~16GB
ストレージSATA / PCIe SSDSATA / PCIe SSD
液晶サイズ12.5型14.0型
液晶種類FHD 広視野角FHD 広視野角
4K 広視野角
重量888~899g999g~
バッテリー駆動時間約13.0~14.5時間約8~11時間
その他LTE対応LTE対応モデルあり

Aシリーズ

Aシリーズは5つのモードに自在に切り替えることが可能な、2in1ノートパソコンです。

VAIO A12

VAIO VAIO A12-12.5インチ 2in1 モバイルノート[Core i5 / メモリ 8GB / SSD 256GB / Microsoft Office 2019] VJA12190121B

CPUメモリストレージ液晶サイズ
Core i7-8500Y
Core i5-8200Y
Core i3-8100Y
Celeron 3965Y
4~16GBSATA / PCIe SSD12.5型
液晶種類重量バッテリー駆動時間その他
FHD 光沢 タッチタブレット:607g~
タブレット+キーボード:1.099kg~(セカンドバッテリー搭載時):1.209kg
タブレット:最大8.5時間
タブレット+キーボード:最大8.1時間(セカンドバッテリー搭載時):最大15.0時間
LTE対応モデルあり
ポイント
  1. 5つの利用モードを自在に切り替え可能
  2. スタビライザーフラップ搭載
  3. 開閉どちらの状態でも分離できる「デュアルリリーススイッチ」つき
  4. ワイヤレスキーボードモード可能
  5. 拡張することによりデスクトップパソコンとしても利用可能
  6. タッチ操作&ペン入力
5つの利用モードを自在に切り替え可能

①ノートパソコンモード一般的なクラムシェル型ノートパソコン
②タブレットモード分離させた状態では、独立したタブレットとして用いることが可能
③ビューモードタブレットを逆にしてキーボードユニットを装着
④ビュークローズモード③の状態を閉じた状態
⑤ワイヤレスキーボードモードワイヤレスキーボードユニットであれば、タブレットと分離した状態でも入力が可能

 

 

スタビライザーフラップ搭載

タブレットとキーボードユニットをつなげるヒンジの部分に、VAIO A12のために新開発した「スタビライザーフラップ」機構を採用しています。

これまでの2in1ノートパソコンの場合、左図のスタンドタイプであれば、膝の上や飛行機のテーブルといった狭い空間では使いにくかったです。さらに、中央時のキーボードドッグにタブレットを差し込んで使うタイプは、角度を調整にくく、左図のヒンジ付きタイプは、タブレット部分は倒れやすく、バランスのためにキーボード部分を重くする必然性がでてきて、全体的な重量が重くなっていました。

以上の従来の2in1ノートパソコンの欠点を解消するのが「スタビライザーフラップ」です。

ディスプレイを開くとヒンジ下部の「フラップ」が開いて、支点を後ろに移動させることで安定性が向上します。軽量化と安定性を両立させることを実現させたのがこの「スタビライザーフラップ」なのです。

開閉どちらの状態でも分離できる「デュアルリリーススイッチ」付き

VAIO A12の特徴として、タブレットからキーボードを分離する際に利用するリリーススイッチが、内側と外側両側についている点です。このため、ディスプレイを閉じた状態であってもタブレットを取り外すことが可能です。

ワイヤレスキーボードモード可能

ワイヤレスキーボードユニットは、タブレットを取り外した後であっても、無線でタブレットと接続することが可能です。

相手側にも見える方向でタブレットを設置した状態でキーボードから入力することも可能になりました。

さらに、独自の方式で暗号化通信を行っているため、安全面でも心配がありません。 

拡張することによりデスクトップパソコンとしても利用可能

オフィスや自宅で利用する場合、別に発売されている拡張クレードルを用いることにより作業環境を快適にすることができます。

拡張クレードルは、USB端子×3、HDMI端子、VGA端子(アナログRGB出力端子)、有線LAN端子、SDメモリーカードスロットを準備しています。

タッチ操作&ペン入力

 

VAIO A12はタッチ操作とペン入力に対応しています。

ノートパソコンをデジタルノートとして活用でき、会議などメモをしたいとき等非常に役に立ちます。

また、デジタイザースタイラスペンは、信頼と実績のあるワコム社製を採用しており、高解像度(4096階調)で、ナチュラルな感覚でスケッチやメモを行うことが可能です。

カラー

ブラック

 

VAIOノートパソコンのキャンペーン!

現在、VAIO公式サイトblankで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/電話/チャット等でのサポートが受けられるので安心です。購入前後でも相談可能の待遇の良さ。

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来ます。保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからキャンペーン価格での購入ができますぜひご利用ください。ただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定VAIO特別キャンペーン中/
限定価格!在庫に限りあり!急げ!

持ち運べてしかも、高性能なVAIOのパソコンで日々を充実させましょう!

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、VAIO製品を公式サイトではなく、Amazonなどの通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、VAIO公式サイトblankで購入するのが間違いないと思います。直販で割引もありますし、なにより安心です。

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
VAIOノートパソコン パソコン
スポンサーリンク
投稿者3をフォローする
ノートパソコン・ワイヤレスイヤホン比較-ガジェットホーム(Gadget Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました