【2020年】ノートパソコンのランキングと価格を確認しておきましょう↓

Office搭載機種がやはり人気で、中でも富士通やMacの機種がよく売れていますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【2020最新版】東芝dynabookノートパソコン全シリーズの比較とおすすめはどれ?

パソコン
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
たこやん
たこやん

東芝dynabookノートパソコンの徹底比較とおすすめを紹介するね!

国内のノートパソコン市場の中でもとりわけ人気の高い東芝。

東芝のノートパソコンの中でも「dynabook」シリーズは最も人気の高いシリーズです。

使い勝手が良くコストパフォーマンスに優れている「dynabook」シリーズはパソコン初心者からビジネスマンまで幅広い層におすすめのノートパソコンです。

本記事では東芝の「dynabook」シリーズの特徴とおすすめの機種をご紹介していきます。ぜひ自分に合った最高の機種を探してみてください!

【本記事で分かること】

  • 東芝ノートパソコン「dynabook」シリーズの特徴
  • 「dynabook」シリーズの選び方
  • おすすめの「dynabook」シリーズ

ちなみにdynabookの2in1コンバーチブルノートパソコンは私も愛用している一台の一つです。

タブレットにもなり、ペンタブも付いています。ノートパソコンとして使っていても、画面を触って拡大縮小できたりするのはとても便利ですよ!

しかもdynabookは純粋に品質も良くて、ハイスペックなのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

東芝ノートパソコンのキャンペーン!

現在、東芝公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 会員割引⇒無料会員になるだけで、数万円以上割引されます。私もVZ82を約7万円割引して購入しました。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、お買い上げ日から8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/電話/FAXでのサポートが受けられるので安心

普通は直販で買うと割引がなかったりしますが、東芝は無料会員になると割引が数万円以上とハンパないです。安くで購入出来ますし、保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからセール対象の商品を確認できるので、ぜひ見ておきましょうただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定Dynabook特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

東芝「dynabook」シリーズの特徴

 Dynabookシリーズのおすすめポイント3つ
  1. 豊富なラインナップ
  2. 国内のみならず海外での使用時のサポート体制
  3. コストパフォーマンスの高さ

おすすめ1.豊富なラインナップ

東芝「dynabook」の大きな特徴の一つが、ラインナップが充実していることです。店頭販売モデルだけでここまで充実したラインナップがあるのは知る限り東芝だけでしょう。dynabookの個人向けモデルのラインナップは今のところ3種類です。

Tシリーズ(15.0インチ)

PT75GGP-BEA2 [dynabook T75/GG (サテンゴールド)]

スタンダードモデルです。画面が15インチとdynabookの中では最も大きなノートパソコンです。

RX・UXシリーズ(13.3インチ)

東芝 PRX33FBPSEA dynabook RX33/FB (グラファイトブラック)

持ち運びに便利なモバイルノートです。

Vシリーズ(12.5インチ)

Dynabook(ダイナブック) 12.5型 2-in-1 パソコン dynabook V8 オニキスブルー2019年 春モデル(Core i7/メモリ 8GB/SSD 512GB/Office H&B 2019) P1V8JPBL

2in1コンバーチブルパソコンです。

 

また各シリーズごとにもそれぞれいくつかの種類があり、豊富なラインナップを揃えています。

3シリーズの詳しい情報は「dynabookの選び方」の方で説明しています!

おすすめ2.国内のみならず海外での使用時のサポート体制

ノートパソコンの特徴は持ち運びができるという点でしょう。

国内のメーカーでは海外では使用できず国内での限定しようというメーカーもある一方、東芝は海外での使用もできるように長年製品づくりに力を尽くしているのが特徴的です。

そのため、ビジネスマンの間では海外出張時には東芝のパソコンが一番良いという評判をよく耳にします。

海外でも使いやすいパソコンにするため東芝が最も力を入れているのが、海外での使用時のサポート体制です。

【海外使用時のサポート体制】

  • 各国で異なる通信機器に対応できるように認証を取得している
  • 海外サポートは10年ほど前から始め経験が非常に豊富
  • 中国とアメリカでは現地修理。そのほかの国では日本での引き取り修理。(送料は無料・修理期間は約2週間)
  • 東芝のILWを利用すると日本語サポート可能
  • 電話サポートも充実している

おすすめ3.コストパフォーマンスの高さ

東芝の「dynabook」シリーズは国内他社のNECや富士通といった大手メーカーと比較して安価で購入できます。

東芝のdynabookがNECや富士通のノートパソコンと比較して安いのは以下の2点の理由からです。

✔ 東芝は中国生産、NECと富士通は国内生産
✔ 東芝はパソコン独自の機能が少ないが、NECと富士通は東芝より多い

東芝・NEC・富士通3社とも性能はほとんど変わらないにも関わらず、東芝の「dynabook」の価格が安い秘密は人件費と本体のエコ化の2点が関係しているのです。

「dynabook」シリーズの選び方

「dynabook」シリーズの特徴でも紹介しましたが、「Tシリーズ」「Gシリーズ」「Rシリーズ」の3種類があります。それぞれの特徴とおすすめな人は以下の通りです!

Tシリーズ➡ハイスペックで据え置き型を購入したい方に最適
Gシリーズ➡タフさが特徴的でパソコンを頻繁に利用する方に最適
Rシリーズ➡薄くて軽く持ち運びをしたい方に最適

Dynabook Tシリーズの特徴

ハイスペックで据え置き型を購入したいと思っている方におすすめなのが「Tシリーズ」です。

「Tシリーズ」の特徴は以下の点です!

  • 15.6型という大画面で、なおかつ画質は鮮やか
  • 高速処理性能
  • 名門スピーカーブランド「オンキョー」とコラボして創造したスピーカー性能の高さ
  • 最先端の指紋認証
  • キーボードの操作感と使いやすさ

15.6型という大画面で、なおかつ画質は鮮やか

テレビ等他商品の開発で培った映像技術を、パソコンにも応用することで大画面にも関わらず鮮やかな画質を生み出すことに成功したんですね!

東芝独自開発のアルゴリズムを採用した超解像技術〈レゾリューションプラス〉を搭載することで映像や写真を解析し自然で美しい高画質化を実現することができました。

高速処理性能

大画面で画面も美しいのですが、パフォーマンスにも非常に定評があります。CPUには第7世代インテルCoreプロセッサー6を搭載しており、処理能力が大幅に向上しました。

その上、先進の高速DDR4メモリを搭載することで、OSやアプリケーションの起動が非常に早くストレスなく操作することができます。

またSDXCメモリカード8を使用することができるので、イベントなどで撮影したデータや動画などの大容量データの取り込みもスピーディにでき、写真の編集作業や必要な箇所だけつなげる動画編集なども快適に作業できるようになりました。

第7世代インテルCoreプロセッサー6/大容量HDD/高速メモリDDR4/SDXCメモリカード対応

名門スピーカーブランド「オンキョー」とコラボして創造したスピーカー性能の高さ

dynabookは、長年ノートパソコンで音楽や映画を快適に味わってもらうために、スピーカー性能の開発に取り組んできました。

「Tシリーズ」では名門スピーカーブランド「オンキョー」と音響ブランド「AUDYSSEY」がコラボして誕生した「dynabookサウンドエンジン by Audyssey」を搭載しています。

その結果、

・音の明瞭度や広がりを実現したスピーカー
・高容量のスピーカーボックス
・世界の大型シアターで採用されている音響補正技術

の融合に成功し、全てを包み込むような立体感と迫力のサウンドの実現に成功しました。

最先端の指紋認証

「Tシリーズ」は指紋センサーを搭載しています。指紋をセンサーにスライドさせるだけでロック画面を解除させることができるため、迅速にサインインすることができます。パスワードによる認証のように、入力するわずらわしさや、盗み見されたりする心配も無くなりセキュリティ面が大幅に向上しました。

 

キーボードの操作感と使いやすさ

毎日利用するPCだからこそ、キーボードの操作感や使いやすさにとことん追求しました。横幅を大きく広げた天気を使用することによって、さらに打ちやすくなり、ミスタッチも大幅に軽減しました。また、キーボード面に余計な穴やすき間を無くすことで、ホコリ等が入りにくい構造にしふつくしいデザインに仕上がっています。

 

Dynabook Gシリーズの特徴

 

タフさが特徴的でパソコンを頻繁に利用する方に最適なのがこの「Gシリーズ」です。

「Gシリーズ」の特徴は以下です!

・76cm落下実験テストにも耐えることができる強堅ボディ
・コンパクトで最大19時間の長時間駆動
・パフォーマンスの高さ
・赤外線顔認証
・音質、画像もハイクオリティー

76cm落下実験テストにも耐えることができる強堅ボディ

「Gシリーズ」の最大の特徴はそのタフさです。パソコンを頻繁に利用したいという方には最適です。

軽量化の開発を進めながら、問題となってくるのは本体の強度です。軽量化と強度の維持共に叶えるために多くのシュミレーションを行いました。自社以外でも第三者機関の確認の元で実施した耐久テストで、その堅牢性が証明されています。

76cmの高さから落下させても、異常が無いことが確認され、日常生活でも安心して用いることができるような強度を備えていることを実証しました。

コンパクトで最大19時間の長時間駆動

新幹線や飛行機の折り畳みテーブルでも作業が可能な非常にコンパクトに仕上がっています。また朝から晩まで約19時間のバッテリー駆動を実現し、日帰りの旅行や出張でもバッテリーを気にせずに一日中作業することが可能です。

パフォーマンスの高さ

CPUには第7世代と比較しで性能が大幅にバージョンアップした第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載しています。

さらに、従来のSATA対応のSSDと比較して、より高速なPCIe対応のSSDを搭載したことにより、PCの起草やデータへのアクセス、データの保存など、ストレスなく迅速に実行することができます。

最大19.2GB/sでデータ転送できる高速DDR4-2400メモリを搭載してるために、360度動画編集やストリーミング、写真編集からOfficeファイル作成まで、広範囲にわたってスムーズに作業をすることができます。

赤外線顔認識

赤外線センサーと可視光センサーを搭載した小型赤外線顔認証センサーを自社で開発し、ディスプレイ上部に埋め込みんでいます。

あなたの顔を画面に向けるだけでサインインできるようになりました。パスワードをわざわざ入力する煩わしさから解放されただけでなく、パスワード漏洩のリスクも軽減されました。

音質、画像もハイクオリティー

「Tシリーズ」と同様に「Gシリーズ」も音質や画像の鮮やかさに定評があります。

ブルーライトを抑えて目に優しいモードに変更できたり、広視野角液晶によって全方位で170°の視野角を確保し、どの角度からでもみやすくなっています。

dynabookとONKYOが共同開発したスピーカーを搭載しており、立体的な音響で高い臨場感を体験することができます。

 

Dynabook Rシリーズの特徴

薄くて軽く持ち運びをしたい方に最適なのが「Rシリーズ」です。

・薄くで軽いその上堅牢ボディで持ち運びに最高
・最大16.5時間のバッテリー駆動で外出時でも安心

薄くで軽いその上堅牢ボディで持ち運びに最高

薄型・軽量化技術を投入することで、ストレスを感じることなく持ち歩ける、薄さ約22.4cm、軽さ約1.4kgを実現しました。マグネシウム合金を用いることで、軽くて薄いにもかかわらず、強いボディを作り上げることに成功し、持ち運びに最高のシリーズです。

耐久テストでは様々な負荷に耐えれるか第三者機関を用いて確認し追究し続けました。外出時にも不安なく持ち運びすることが可能になったのです!

 

最大16.5時間のバッテリー駆動で外出時でも安心

外出時でも安心して使用できるように、長時間バッテリー駆動を追求しました。省電力設計やメモリの省電力化、高容量リチウムイオンバッテリーの採用などによってバッテリー駆動は約16.5時間を実現しました。

一日中外出していたり、打ち合わせがあったとしても、バッテリーを気にせずに作業に集中することができます。さらにバッテリーは本体から取り外し可能で、寿命になった場合でも簡単に交換することができます。

 

各シリーズごとの特徴を見てきましたが、「dynabook」を購入する時、さらにどういった点に注目して購入すればいいのかもう少し詳しく見ていきましょう!

 

視点1:CPU

CPUは作業の処理速度と関係してくるので、サクサク作業を進めたい方は高性能のCPUを選択する必要があります。

「dynabook」に搭載されているCPUはCeleron・Intel Core i3・Intel Core i5・Intel Core i7の4種類。

Celeronが性能が一番低く、Intel Core i7が性能が一番高いので、画像編集や動画閲覧などのパソコンに負荷をかける作業を日常的にする方には性能の高いIntel Core i5・Intel Core i7をおすすめします。

視点2:ストレージ
HDDSSD
長所・SSDと比較して1ドライブに保存できる容量が大きい
・安価である
・衝撃に強く、消費電力が少ない
・読み書きの速度が速い
・HDDよりサイズが小さく、軽い
短所・消費電力が比較的大きい
・衝撃に弱い
・容量が少ない
・価格は高い
・故障するとデータの復旧が困難

 

おすすめの「dynabook」シリーズ5つ

おすすめ第一位 dynabook AZ35/MB

dynabook AZ35/MB Webオリジナルモデル (Windows 10 Home 64ビット/Office Home & Business 2019/15.6型/Core i5/ブラック) PAZ35MB-SEA

シリーズCPUストレージ
AZCore i5HDD1TB
4スピーカー搭載スマホリンクMicro Office
×

コストパフォーマンスに非常に優れたスタンダードノートパソコン

第7世代のCPUCore i5に加え、日常生活に耐えれる耐久性も抜群のAZシリーズのdynabookです。

性能は高すぎず低すぎずミドルレンジのモデル。この「dynabook AZ35/MB」の最大の特徴はコストパフォーマンスの高さで、コスパ重視の方には最高の一機です!

 

おすすめ第二位 dynabook GZ63/JL

dynabook GZ63/JW Webオリジナルモデル (Windows 10 Home 64ビット/Office Home & Business 2019/13.3型/Core i5/SSD/パールホワイト) PGZ63JW-NEA

シリーズCPUストレージ
GCore i5SSD256GB
4スピーカー搭載スマホリンクMicro Office
××

軽量ボディでタフさに優れたGシリーズの最高峰!

「dynabook GZ63/JL」の特徴は800gの軽量ボディに加えてバッテリー駆動時間19時間、さらにいくつもの耐久テストに合格したそのタフさです!性能も第8世代のCPUCore i5を搭載しているため、非常に処理能力が高いのもおすすめ。

外出時、特に海外(dynabookは海外サポートが非常に充実している)に旅行や出張へ行く時に持っていくノートパソコンとしては最高の一機です!

おすすめ第三位 dynabook T75/GG

東芝 15.6型 ノートパソコンdynabook T75/E モデナレッド(Office Home&Business Premium プラス Office 365) PT75ERP-BJA2

シリーズCPUストレージ
TCore i7HDD1TB
4スピーカー搭載スマホリンクMicro Office
×

全ての面で高性能なTシリーズの最高峰!

1TBの大容量ストレージや第8世代のCorei7を搭載しておりハイパフォーマンスの一機です!高精細・高輝度・広視野角液晶で文字も動画も非常に見やすく、斜めから見ても画面が美しく見えるIPS液晶を搭載しています。

またオンキヨー製ステレオスピーカーと、「Skullcandy」が最適化した「DTS Sound」が、自然でで豊かな音を実現しています。

PT75GGP-BEA2 [dynabook T75/GG (サテンゴールド)]

PT75GGP-BEA2 [dynabook T75/GG (サテンゴールド)]

125,880円(08/14 11:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

おすすめ第四位 dynabook RX33/FB

東芝 PRX33FBPSEA dynabook RX33/FB (グラファイトブラック)

シリーズCPUストレージ
RCeleron3865UHDD256GB
4スピーカー搭載スマホリンクMicro Office
×

薄くて軽いコンパクトなボディで持ち運びに最高の一機!

「dynabook RX33」の特徴は持ち運びに便利なコンパクトなボディとバッテリー駆動時間の長さ(12.5時間)です。

さらに、インターフェースが充実しており、キーボードも打ちやすく、モバイルに必要な機能を凝縮しています。

外出先で、プレゼン資料を作成したり、長時間作業に非常に向いている一機です!

東芝 PRX33FBPSEA dynabook RX33/FB (グラファイトブラック)

東芝 PRX33FBPSEA dynabook RX33/FB (グラファイトブラック)

86,000円(08/14 11:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

おすすめ第五位 dynabook T65/HG

東芝 (TOSHIBA) ノートPC dynabook T65/HG PT65HGP-REA サテンゴールド [Win10 Home・Core i7・15.6インチ・Office付き・HDD 1TB]

シリーズCPUストレージ
TCore i7HDD1TB
4スピーカー搭載スマホリンクMicro Office

4スピーカー搭載で迫力のサウンドを楽しめる!

コンパクトな本体にもかかわらず「dynabook T65」は4つのスピーカーを搭載しているため、非常に迫力のサウンドを楽しむことができます。

もちろん処理速度もCore i7を搭載しているため非常に早く、動画や映画などを楽しみたいと思っている方には最高の一機です!

東芝ノートパソコンのキャンペーン!

現在、東芝公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 会員割引⇒無料会員になるだけで、数万円以上割引されます。私もVZ82を約7万円割引して購入しました。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、お買い上げ日から8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/電話/FAXでのサポートが受けられるので安心

普通は直販で買うと割引がなかったりしますが、東芝は無料会員になると割引が数万円以上とハンパないです。安くで購入出来ますし、保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからセール対象の商品を確認できるので、ぜひ見ておきましょうただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定Dynabook特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
パソコン 東芝ノートパソコン
スポンサーリンク
投稿者1をフォローする
ノートパソコン・ワイヤレスイヤホン比較-ガジェットホーム(Gadget Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました