PR

【2024年】ノートパソコンのランキングと価格を確認しておきましょう↓

Office搭載機種がやはり人気で、中でも富士通やMacの機種がよく売れていますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【年に4度の激レアセール】楽天スーパーセールで購入店舗数に比例して最大ポイント46倍!
2024/6/4(火)20:00~6/11(火)1:59まで。


楽天市場のキャンペーン

楽天で他にも購入するものがある方は、合わせて買うのがおすすめです。

1店舗でポイント1倍、2店舗でポイント2倍…、最大10店舗でポイント10倍です。さらにラクマも買い回り対象でその場合11倍です。

最大1割引き以上のチャンスってことです。そうなるとさすがにどこよりも安くなるでしょう。

小まめに商品を購入しても、きちんと1件にカウントされるので、一気に購入する必要はありません。ほしいモノから順に購入していきましょう!

他にも条件があって最大46倍のセールなのでお見逃しなく。

エントリーしないとカウントされないので要注意です↓
\とりあえずエントリー!忘れずに!/

【2024最新】富士通ノートパソコン全シリーズの比較と選び方!おすすめはどれ?

パソコン
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
たこやん
たこやん

富士通のノートパソコンに関して徹底比較しておすすめを紹介してるから参考にしてみてよ!

富士通のノートパソコンは、国内のノートパソコンのメーカーではNECに次いで2番目のシェアを誇ります。

関連記事▶NECノートパソコン全シリーズの比較と選び方!おすすめはどれ?

富士通のノートパソコンはこれまでの実績と安心のサポートで評価が高く、部品の受注から組み立てまでの工程がすべて国内で行っているため、品質は折り紙付きです。

また、サポートも充実しているため、パソコン初心者の方でも、安心して購入することができます。

 

本ページでは、その富士通のノートパソコンの特徴からおすすめの機種まで、豊富な内容で紹介していきます。富士通のノートパソコンに興味がある方は是非参考にしてみてください。

本記事で分かること
  • 富士通ノートパソコンの特徴
  • 富士通ノートパソコンの選び方
  • おすすめの富士通ノートパソコン

 

先におすすめモデルをさらっと紹介しておきますね!

 富士通おすすめノートパソコン3選

では詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

富士通ノートパソコンのキャンペーン!

現在、公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/SNS/電話でのサポートが受けられるので安心です。

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来ます。保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからキャンペーン価格での購入ができますぜひご利用ください。ただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定富士通特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

高性能なHPのパソコンで充実させましょう。

よく問い合わせがあるので補足ですが、HP製品を公式サイトではなく、Amazonなどの通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、公式サイトで購入するのが間違いないと思います。直販で割引もありますし、なにより安心です。

ノートパソコンを購入する時の基礎知識

パソコン初心者の方にとってみれば何を基準に購入すればいいのか悩むこともあるでしょう!

ここでは選択の際の一つの基準になる「パソコンの基礎知識」を頭に入れて、購入する際の判断材料にしてもらえれば幸いです。

  1. CPU
  2. メモリ
  3. ストレージ

各項目について解説していきます↓

1. CPU(プロセッサー)【解説】

インテル Intel CPU Core i7-8700 3.2GHz 12Mキャッシュ 6コア/12スレッド LGA1151 BX80684I78700 【BOX】【日本正規流通品】

CPUはコンピューターの中枢を担っています。

マウスやキーボード、ハードディスクやメモリ等からデータを受け取り、コンピューター内で制御と演算を行っています。

パソコンの中で随一の働きであるCPUの性能は、パソコンの価格や性能と大きく関係してくるのです。

 

CPUを製造しているメーカーは、有名なところで言うとIntelAMDです。

Intelは、WindowsやMacなど世界中のコンピューターに搭載されているのが特徴的です。

「Ideapad」「Thinkpad」でもIntelとAMDのどちらかを選択することができます。

Intel(インテル)

Intelはざっくり言ってしまえば、オールラウンドです。

アプリやゲームなどはIntelを基準にして作られていることがほとんど。なので、スペック通りのパフォーマンスを発揮することができます。

初心者の方はIntelを選択しておくのがおすすめです。

 

AMD

AMDの特徴は、マルチスレッド性能の高さです。

マルチスレッドとは、複数の作業を同時並行で処理するということ。

動画編集などマルチコアを生かすことができる場面に強いです。

なので、動画編集などをノートパソコンでしたいと思っている方にはAMDは魅力的な選択肢になります。

CPU具体例

インテルは「Core i7」「Core i5」「Core i3」の順に性能が高く、用途に合わせて選択する必要があります。とりわけ、第11世代インテルCoreプロセッサーは、動画編集など重い負荷がかかる作業をする方などには最高のCPUです。

i9-11900K:11000番台の数字のものが、第11世代インテルCoreプロセッサーのCPUです。

AMDはマルチスレッド性能が高いことが特徴のCPUです。複数の作業を同時並行で処理するのに向いています。

  • 安い
  • Coreと比べると性能が大きく劣る
  • Core iシリーズの中では性能が劣る
  • 個人用途では十分な性能を備えている
  • 中堅のCPU
  • マルチタスクに最適
  • 高性能
  • 重い負荷がかかる動画編集もできる
  • 比較的低価格なパソコンに搭載
  • ウェブ閲覧などの日常生活で利用する分には必要十分な性能
  • AMDの中堅CPU
  • 負荷が軽めのゲームや複数の同時作業などに適している
  • AMDのCPU「Ryzen」シリーズの最上位モデル
  • IntelのCore i7と競っている
  • Core i7よりも価格は安い
  • C高負荷の作業にも耐えることができる
ポイント
  • 高負荷の作業や本格的なゲームをしたい方
    ⇒「Core i7」「Ryzen7」
  • 軽めのゲームやOfficeでの負荷がかかる作業をしたい方
    ⇒「Core i5」「Ryzen5」「Celeron」
  • 動画閲覧やウェブ閲覧で十分な方
    ⇒「Core i3」「Ryzen3」

2. メモリ【解説】

シリコンパワー デスクトップPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 8GB×2枚 240Pin Mac 対応 永久保証 SP016GBLTU160N22

「メモリ」とはデータを一時的に保存する場所のことです。

ハードディスク(HDD)もデータを保存する場所ですが、HDD内のディスク(CDやレコードのようなもの)の表面にデータを物理的に読み書きするので処理の時間がかかります。

処理に時間のかかるハードディスクとCPUの間でデータをやり取りすると、パソコンの動作が鈍く遅くなってしまいます。

そのため、一時的にパソコン上に保存できる「メモリ」を用いて、パソコンの動作を早くしているのです。

 

「メモリ」には容量があり、容量が大きければ大きいほどスムーズな作業が可能になります。

高負荷の作業をし、つねに快適な状況を保ちたければ、8GBか16GBのメモリーを搭載しているノートパソコンの購入をおすすめします。快適にパソコンを利用することができます!

メモリ容量目安
8GB~
  • ハイスペックなノートパソコンに搭載されている
  • 高画質のオンラインゲームや、負荷の高い処理が必要な人向け
  • 一般的な利用をする人にはオーバースペック
4GB~8GB
  • 主流の容量
  • 負荷の高い動画編集なども、問題なく処理できる
  • Windows10にはこの容量のものがおすすめ
2GB
  • 低スペック
  • エクセルなども処理速度は遅いが、十分に使うことができる。
  • Windows10を利用する場合は2GBだと不十分

 

3. ストレージ【解説】

Seagate BarraCuda 3.5" 4TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 256MB 5400rpm 正規代理店品 ST4000DM004

「ストレージ」とはデータを保存する場所のことです。

「HDD(Hard Disk Drive)」「磁気テープ」「光ディスク(CD/DVD/MO)」「SSD」を指しています

パソコンに搭載されているのは「HDD」と「SSD」です。以前はパソコンのストレージは「HDD」が主流だったのですが、最近では「SSD」も搭載されるようになってきました。

速度重視であればSDD、価格重視であればHDDと言われています。

「HDD」と「SSD」の違いを把握することは、自分にとって最高のノートパソコンを探す一つの鍵になります!

ストレージ強み弱み
SDD
Intel SSD545sシリーズ 2.5インチ 3D TLC 256GBモデル SSDSC2KW256G8X1
  • 速度が速い
  • HDDと比較して軽量で小さい
  • 衝撃に強く壊れにくい
  • 作業音が静か
  • 消費電力が小さい
  • 単価が高く容量が小さい
  • 突然故障する場合あり
  • 常にバックアップが必要
    (復旧作業が困難なため)
HDD
Western Digital HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 3TB WD Red NAS用 WD30EFRX 5400rpm 3年保証
  • 単価が安い
  • データ量が大きい

 

  • 速度が遅い
  • 衝撃に弱く壊れやすい
  • 作業音がうるさい
  • 消費電力が大きい

SSDはHDDよりも小さくて軽いため、ノートPCの小型化に一役買っています。

ただし、読み書きの頻度によっては寿命が早まる場合があります。

たこやん
たこやん

現在のノートパソコンはSSDを採用しているモデルが多いよ

安いからといって低スペックなモデルを選んだり、使いこなせないような高性能モデルを選ばないように注意しましょう!

価格と性能のバランスを考慮して、目的に合ったモデルを選ぶのがポイントです。

ちなみに私はよくパソコンを触るのでSSD派です。起動もすごく早いし、データダウンロードもサクサクなのでおすすめですよ。

富士通ノートパソコンの特徴

富士通ノートパソコンの特徴
  1. 使いやすさ
  2. 安心のサポート体制
  3. 品質の高さ
  4. NECと双璧をなす販売実績

特徴1.使いやすさ

かでんちゃん
かでんちゃん

富士通のノートパソコンはどうして使いやすいの?

たこやん
たこやん

プロのライターや編集者が愛用する文字入力ソフト「ATOK」を標準搭載していたり、キーボードの質が高かったりするからだよ!

プロのライターや編集者が愛用する文字入力ソフト「ATOK」を標準搭載

「ATOK」とは、プロのライターや編集者がこぞって利用している、入力変換が普通よりも効率的にできる文字入力ソフトのことです。

従来の技術にAI技術を採用することで、より革新的な入力変換ができるようになりました。

  • 推測変換:入力をし始めた時から、先回りして入力したい言葉を推測してくれる
  • 入力支援:入力のミスを自動で修復してくれる
  • 校正支援:敬語や慣用句、同音語などの誤用を指摘してくれる
かでんちゃん
かでんちゃん

ATOKについての評価も紹介するね!

評価1.

日本語の入力精度はさすがだと思う。編集業を生業にしているが、仕事などで使うにあたってはATOKは最高。ただネット上での会話だと話は変わり、最近の言葉やネット用語などには弱い気がする。あれば確かに便利ではあるけれども、日常生活での入力はグーグル日本語入力の方が優れている気がする。

評価2.

変換精度の高さはもちろん、カスタマイズ性の高さがATOKの最も優秀な点。キーの割り振りから、入力変換までの一連の作業が自由自在で流れるようにOUTPUTができる。いい機能でないと言っている人は、使いこなせてないだけ。
欠点としては自宅でこれを使い慣れていると、MS-IMEしか入っていない会社のパソコンの叩き割りたくなる。

キーボードが使いやすい!

キーボードポイント
  • キーストローク(キーを押し込む深さ)が2.5mm
  • キー音が静か
  • キーピッチ(キーとキーの間隔)が18.4mm

▼キーストローク(キーを押し込む深さ)が2.5mm

キーストローク(キーを押し込む深さ)は標準の1.5mmよりもかなり深い2.5mmです。指の押し込む距離は確かに長くなったのですが、使ってみた感覚は指が疲れないという点です。

▼キー音が静か

他のノートパソコンと比較すると、キー音がずいぶんと静かです。軸のブレや反響がなく、非常に快適にタイピングできます。

▼キーピッチ(キーとキーの間隔)が18.4mm

キーボード自体は、日本語の標準的な配置です。キーピッチ(キーとキーの間隔)は18.4mmで、個人的に使ってみた感想は丁度良い感じです。以前利用していたノートパソコンのキーピッチは19mmで、少し打ちづらいなという感覚があったので、18.4mmがベストかなと感じています。

特徴2.安心のサポート体制

サポート体制ポイント
  1. 電話サポート
  2. セキュリティソフト

①電話サポート

富士通のパソコンを購入し、分からない点や故障した時等、随時電話サポートを受けることができます。

購入してから1年間は無料で2年目以降は一件につき2060円です。購入する時に2年又は3年の電話サポートを購入できるので、パソコン初心者などで長期間に渡りサポートを受けたいと思っている方は、是非購入してみてください。

②セキュリティソフト

購入時に付随して3年間保証されているセキュリティソフトがついてきます。ウイルス対策やデータ個人情報の保護など安心してノートパソコンを使用できます。

特徴3.品質の高さ

国内生産

富士通のノートパソコンは全て日本国内で製造されています。組み立てから検査まで全ての工程が、国内で行われているため、海外生産が行われている海外メーカーのノートパソコンにありがちな不良品がほとんどありません。

たこやん
たこやん

どうして富士通はそこまで国内生産にこだわるの?

理由1:富士通本社と工場の間で緊密な連携がとれる

ノートパソコンのような、小型化・軽量化が必要な製品を製造する際に必要になってくるのは、開発現場と実際に生産する工場との緊密な連携です。緊密な連携をとることにより、より質の高い商品を製造できることに直結してくるのです。

生産現場で発見した問題点を、すぐに開発現場にフィードバックすることにより、生産しやすり設計への変更を行うことにより、質の高さを維持した状態で商品化することが可能です。

このような緊密な連携は、海外のODM( 委託者が製品の詳細設計から製作や組み立て図面にいたるまで受託者へ渡す手法)を活用しているうちは難しいのです。

理由2:生産数量の調整に柔軟に対応できる

海外のODMを活用した場合、一定の数量以上からという契約がほとんどで、需要の増減に合わせて、適宜調整することが非常に難しいです。

他方、国内生産であれば、例えば想像以上に人気がでた機種などは、随時増産することが可能で、さらに売れない機種は減産することも可能です。

特徴4.NECと双璧をなす販売実績

上図からも分かるように、富士通のノートパソコンの販売実績はNECと双璧をなしているんですね。

日本国内での人気は非常に高く、使いやすさやブランドに対する安心感がこの販売実績をつくっているといっていいでしょう。

富士通ノートパソコンの選び方

用途に合わせて選ぶ

富士通のノートパソコンは基本的にノートパソコンとモバイルノートパソコンの2種類があります。

ノートパソコン
…一般的なノートパソコン
モバイルノートパソコン
…ノートパソコンよりも持ち運びに便利なサイズ感
そのなかでもいくつかのシリーズに分かれており、それぞれ異なる特徴を持っています。

シリーズごとの簡単な特徴は以下です。これらの特徴を把握しておけば、自分にぴったりのノートパソコンが見つけられるはず!

ノートパソコン
(15.6型/17.3型)
AH富士通でも売れ筋の定番シリーズ
NH17.3型の大画面で画像や動画の編集におすすめ
モバイルノートパソコン
(13.3型/14.0型)
UH「軽く・強く・薄く」が特徴。持ち運びに最適なシリーズ
CH豊富なカラー展開と優れたデザインが特徴。
スマホとの連動も可能

※本記事ではカスタマイズモデルやWeb専用モデルをご紹介しています。

富士通ノートパソコンおすすめ3選

【エントリーモデル】FMV Lite WA1/H1

たこやん
たこやん

調べ物をしたり動画を見たりなどに使いたい方におすすめ!

OSCPUメモリストレージ
Windows 11 Home・インテル®Celeron®6305
・インテル®Core™i5-1135G7
・インテル® Core™i7-1165G7
8GB・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
質量サイズ画面サイズバッテリー駆動
約1.95kg361×244×23.9mm15.6型最大約8.2時間

FMV Lite WA1/H1はAHシリーズのエントリーノートパソコンです。性能が充実しているにもかかわらず、お手頃な値段が特徴です。

CPUは第11世代インテルで、用途に合った性能のCPUを選択することができます。

打ちやすいキーボード・テンキーや光の反射を抑えて見やすくなったフルHDノングレア液晶で、パソコン作業がスムーズなものとなります。

【スタンダードモデル】LIFEBOOK WU-X/H1

たこやん
たこやん

世界最軽量!持ち運ぶならこれ!

OSCPUメモリストレージ
・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
・インテル® Core™i5-1335U
・インテル® Core™i7-1355U
・8GB
・16GB
・32GB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
質量サイズ画面サイズバッテリー駆動
約689g~308.8×209×15.8~17.3mm14.0型約11.0時間

LIFEBOOK WU-X/H1はUHシリーズのモバイルノートパソコンです。

持ち運びに便利なサイズ感で、重さはなんと世界最軽量の約689g。デザインもインテリアとして日常に溶け込むようなものとなっています。

【ハイエンドモデル】LIFEBOOK WN1/H1

OSCPUメモリストレージ
・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
・インテル® Core™ i7-12700H・4GB・8GB・16GB
・32GB・64GB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
質量サイズ画面サイズバッテリー駆動
約2.9kg398.8×265×26.9mm17.3型最大 約6.2時間

LIFEBOOK WN1/H1シリーズのノートパソコンです。

最大の特徴は17.3型の大型ディスプレイです。

狭額縁にすることによって、15.6型のモデルとほぼ変わらないサイズで、17.3型の大型ディスプレイが実現しました。フルHD液晶なので、写真や動画・映画なども高クオリティで楽しめます。CPUやストレージも高性能なハイスペックノートパソコンです。

富士通ノートパソコンのシリーズ別のおすすめモデル

シリーズごとの詳細とおすすめのモデルをご紹介します。

どんな人におすすめかどうかもご紹介しますのでぜひパソコン選びの参考にしてください!

【ノートパソコン】AH

家庭だけにとどまらず、仕事や動画編集などにも向いているため、広い範囲で活躍できる富士通のベーシックノートパソコンです。

 特徴
  1. 15.6型狭額縁有機ELディスプレイ
  2. 臨場感溢れるサウンド
  3. 豊富なカラーバリエーション

特徴①15.6型狭額縁有機ELディスプレイ

AHシリーズのLIFEBOOK WA-X/F1には有機ELディスプレイが搭載されています。

圧倒的な色の鮮やかさが特徴で、動画や写真を楽しむのに最適です。

特徴②臨場感溢れるサウンド

2W+2Wのバスレフポート付きBOXスピーカーが搭載されたAHシリーズ。

臨場感溢れるサウンドは、まるで映画館やコンサート会場にいるかのような気分にさせてくれます。

特徴③豊富なカラーバリエーション

カラーバリエーションは、清潔感と高級感を兼ね備えているホワイト、深みを感じさせるブルー、柔らかな雰囲気を漂わせるゴールドなど全部で5種類から選択可能です。特におすすめはホワイトです。

AHシリーズの比較表

FMV Lite WA1/H3FMV Lite WA1/H1LIFEBOOK WA1/G
商品画像  
 2023年11月
2023年1月2022年8月
OSWindows 11 HomeWindows 11 Pro
CPU・インテル Celeron
7305
・インテル Core
i3-1215U
・インテル®
Celeron®6305
・インテル®Core™
i5-1135G7
・インテル® Core™
i7-1165G7
・インテル® Core™
i5-10210U
メモリ8GB
ストレージ・SSD 約256GB・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約256GB
画面サイズ15.6型
質量約1.7kg約1.95kg
バッテリー駆動約10.6時間最大約8.2時間約8.8時間
サイズ360×243×19.9mm361×244×23.9mm361×244×27mm
カラーブラックオーシャンブラックブライトブラック
LIFEBOOK WA3/H2LIFEBOOK WAB/H1LIFEBOOK WA3/G2
商品画像
 
2023年6月2023年1月2022年6月
OS・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
Windows 11 Home・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
CPU・インテル® Core™
i3-1115G4
・インテル® Core™
i5-1155G7
・インテル® Core™
i7-1195G7
インテル® Core™
i7-1260P
・AMD Ryzen™
3 5300U
・AMD Ryzen™
7 5700U
インテル® Core™
i7-1260P
メモリ・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・64GB
・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・64GB
ストレージ・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
画面サイズ15.6型
質量約2.0~2.2kg約1.9kg約1.7kg約1.9kg
バッテリー駆動約6.0時間約8.4時間最大約10.8時間約9.4時間
サイズ361×244×27mm360×235.5×25mm
カラー・プレミアムホワイト
・ブライトブラック
・メタリックブルー
ブライトブラック・ブライトブラック
・メタリックブルー
・ブライトブラック
・ファインシルバー
・メタリックブルー

AHシリーズのおすすめモデル

【ノートパソコン】NH

17.3インチという大画面で、画像や動画編集又はゲームなどをしたい方にとっては最適のシリーズです。
ベゼルを狭くすることで大画面を実現しているため、ノートパソコン自体の大きさは他シリーズと変わりません。大画面を楽しみたい方におすすめするのが、この「NHシリーズ」です。
特徴
  1. 17.3型狭額縁の大型ディスプレイ
  2. HDMI入出力ポート搭載

特徴①17.3型狭額縁の大型ディスプレイ

NHシリーズは、17.3型の大型液晶画面を搭載したノートパソコンです。

15.6型ノートパソコン比較した時に、画面の大きさ見やすさははっきりとわかります。

15.6型ワイド液晶のモデルとほぼ変わらない筐体サイズに、フレームが狭額縁のために実現した17.3型の大画面液晶です。

画面が大きくなっても15.6型と大きさが変わらないため、置く場所に困ることはありません。

特徴②HDMI入出力ポート搭載

NHシリーズには、HDMI入出力ポートが搭載されています。

スマホやゲーム機、カメラなどを別売のHDMIケーブルで接続すれば、17.3型の大画面でゲームや動画を楽しむことができます。

NHシリーズの比較表

LIFEBOOK WN1/H1LIFEBOOK WNB/H1
商品画像
 2023年1月2023年1月
OS・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
・Windows 11 Home
CPU・インテル® Core™ i7-12700H・AMD Ryzen™ 7 7730U
メモリ・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・64GB
・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
ストレージ・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
画面サイズ17.3型
質量約2.9kg約2.6kg
バッテリー駆動最大 約6.2時間約9.0時間
サイズ398.8×265×26.9mm
カラー・ブライトブラック
・シャンパンゴールド
シャンパンゴールド

NHシリーズのおすすめモデル

【モバイルノートパソコン】UH

「UHシリーズ」の特徴は「軽く・強く・薄く」です。限界まで工夫して、軽く薄くしたこのシリーズは、女性でも手軽に外出時に持ち運ぶことができます。13.3インチの画面は丁度良い大きさで、見やすさと持ち運びさの両方を兼備している優秀なシリーズです。

特徴
  1. 世界最軽量
  2. 2in1コンバーチブル

特徴①世界最軽量

UHシリーズは世界最軽量のノートパソコンです(2020年9月1日時点)。

わずか約634g〜しかないので、頻繁に外で作業したり、授業やバイトなどで移動が多い大学生におすすめです。

特徴②2in1コンバーチブル

UHシリーズには2in1コンバーチブルタイプもあります。キーボードを折り返せば、タブレットとしても利用できます。

付属のペンは本体とセットでいつも持ち歩くことができるため、外出時何か思いついたときすぐにメモをとることができます。メモだけでなくイラストもかけ、あなたの日常生活を劇的に変えてくれるでしょう。

UHシリーズの比較表

LIFEBOOK
WU3/H2
LIFEBOOK
WU2/H1
LIFEBOOK
WU-X/H1
LIFEBOOK
WU2/H1 5G
LIFEBOOK
WU4/H1
商品画像    
 2023年6月
2023年1月2023年1月2023年1月2023年1月
OS・Windows 11 Home
・Windows 11 Pro
CPU・インテル® Core™
i5-1335U
・インテル® Core™
i7-1360P
・インテル® Core™
i3-1315U
・インテル® Core™
i5-1335U
・インテル® Core™
i7-1355U
・インテル® Core™
i5-1335U
・インテル® Core™
i7-1355U
・インテル® Core™
i5-1340P
・インテル® Core™
i7-1360P
・インテル® Core™
i5-1340P
・インテル® Core™
i7-1360P
メモリ・8GB
・16GB
・32GB
・4GB
・8GB
・16GB
・32GB
・8GB
・16GB
・32GB
・16GB
・32GB
・8GB
・16GB
・32GB
ストレージ・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
・SSD 約2TB
画面サイズ13.3型14.0型
質量約864g~約758g~約689g~約928g~約888g~
バッテリー駆動最大 約30.3時間最大 約29.5時間約11.0時間約28.0時間約29.5時間
サイズ308.6×209×16.9mm308.8×209×15.8~17.3mm
カラー・ピクトブラック
・シルバーホワイト
・ピクトブラック
・フロストグレー
・シルバーホワイト
ピクトブラック

UHシリーズのおすすめモデル

【モバイルノートパソコン】CH

UHシリーズはデザインにこだわったモバイルノートパソコンです。薄型で持ち運びにも便利なうえ、デザインが美しいので家のなかでもインテリアの一部として馴染みます。

特徴
  1. 洗練されたデザイン
  2. モダンスタンバイ対応

特徴①洗練されたデザイン

シンプルながらもどこか雰囲気のあるデザインが特徴のCHシリーズ。金属の質感にも配慮し、触感にもこだわっています。

インテリアやファッションアイテムの一部としても機能するノートパソコンです。

特徴②モダンスタンバイ対応

モダンスタンバイ対応で、スマホのように使いたいときにサッと使える機動性があります。

CHシリーズの比較表

LIFEBOOK WC1/G3
商品画像 
 2022年11月
OSWindows 11 Home
CPU・インテル® Core™ i5-1240P
・インテル® Core™ i7-1260P
メモリ・8GB
・16GB
ストレージ・SSD 約256GB
・SSD 約512GB
・SSD 約1TB
画面サイズ13.3型
質量約998g
バッテリー駆動最大 約19.8時間
サイズ298×210×17.5mm
カラー・ベージュゴールド
・モカブラウン
・クラウドブルー

CHシリーズのおすすめモデル

富士通LIFEBOOKを購入する際に押さえておきたいポイント

富士通のノートパソコンを購入する時には以下のポイントをチェックしておきましょう。

ポイント
  1. CPU
  2. メモリ容量
  3. ストレージ
  4. 画質をチェック

ポイント1.CPU

INTEL インテル CPU Corei7-9700K INTEL300シリーズ Chipsetマザーボード対応 BX80684I79700K【BOX】【日本正規流通品】富士通LIFEBOOKで用いられているCPUの種類はインテルとAMDです。

用途がインターネットだけなど、負荷の軽い作業しかしない方にとってみれば、そこまでのスペックの高いCPUは必要ではありません。あなたが、パソコンを使用して何をしたいのかを考えてから、どのCPUのノートパソコンを購入すればいいのか検討しましょう。

CPUの選び方については冒頭のノートパソコンを購入する時の基礎知識で詳しく説明していますので、そちらも参考にしてみてください!

ポイント2.メモリ容量

TEAM DDR4 2666Mhz PC4-21300 8GBx2枚(16GBkit)デスクトップ用 Elite Plus シリーズ 日本国内無期限保証(永久保証)正規品

メモリの容量によって、動作が軽く、快適にパソコンを操作することが可能です。

目安としては、複数のソフトやブラウザを快適に使いたいのであれば、8GB以上のメモリを搭載しているノートパソコンを選択することをおすすめします。

軽作業で事足りる場合は4GBでも十分に賄えます。

自らの用途は何かを考えてから、メモリの容量をどれにすればいいのか判断しましょう。

ポイント3.ストレージ

メモリとストレージは共に記憶装置です。

メモリが記憶装置の中心的役割を担ってるとすると、ストレージはその補助をしていると考えると分かりやすいです。ストレージの容量が大きいほど、写真や動画などを多く保存できます。

メールやインターネットだけという方は、SSDかHDDのみで、動画編集など大量の情報を編集する方には、SSDとHDDを使い分けることをおすすめします。

ポイント4.画質をチェック

富士通 13.3型ノートパソコン FMV LIFEBOOK UH-X/D2[Core i7 / メモリ 8GB / SSD 512GB / Microsoft Office 2019] FMVUXD2B

画質をチェックするときに目安となるのが解像度です。解像度が高いほど、画質が良いとされています。

ドットが細かくなることによって、なめらかな画像が表示することができ、写真や画像を綺麗にみることが可能です。画像のみならず、文字も綺麗に見えます。パソコンを長時間使用し目に負担をかけてしまう方は解像度が高く、目に優しいノートパソコンを選択したほうがいいでしょう。

 

富士通ノートパソコンのキャンペーン!

現在、公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。
  • 充実したサポート付き⇒Web/SNS/電話でのサポートが受けられるので安心です。

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来ます。保証も含めると圧倒的におすすめ。

以下のリンクからキャンペーン価格での購入ができますぜひご利用ください。ただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

\下記リンク限定富士通特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

高性能なHPのパソコンで充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、HP製品を公式サイトではなく、Amazonなどの通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、公式サイトで購入するのが間違いないと思います。直販で割引もありますし、なにより安心です。

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan
パソコン富士通ノートパソコン
スポンサーリンク
投稿者1をフォローする
ノートパソコン・ワイヤレスイヤホン比較-ガジェットホーム(Gadget Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました