【徹底解説!】ダイソン羽根なし扇風機の電気代を計算してみた

にゃーこ
ダイソンの扇風機の電気代は高いってよく聞くけど本当なのかな?
たこやん
実は一般的な扇風機よりも電気代は安いんだよ!

結論から書いてしまいますが『ダイソンの羽なし扇風機の電気代は、一般的な扇風機よりも電気代は安い』です!

今回はダイソン扇風機の電気代を具体的な数字でみなさんにご紹介します。

「ダイソン扇風機の電気代は高いって口コミをよく見かけるのはなんでなの?」「本当に安いの?」なんて疑問も一緒に徹底的に調べてみました。

決定版ですのでぜひとも参考にしてみてください!

スポンサーリンク

ダイソン扇風機のキャンペーン!本日限定価格あり。急げ!

現在、ダイソン扇風機公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント5~10倍⇒楽天カードや楽天クレジットカードで払うと超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によっては交換用フィルター(6,000円相当)のオマケつきです。

普通に使っていると本体よりもフィルターの方がダメになるペースが早いので、ほぼ必ず交換したくなります。保証も含めると直販が圧倒的におすすめです。

わたしのおすすめの機種は『ダイソンPure Hot + Cool Link空気清浄機能付ファンヒーター』です。値段は高いですが、空気清浄機・暖房・冷房を兼ねていると思えば全然安いと思います。

さらに高い値段の『ダイソンPure Hot + Cool空気清浄ファンヒーター』はHP04という機種です。単純に上位互換で、風力の調整幅や機能が強化されています。

関連記事▶ダイソン扇風機HP04の評判やHP03との違いは?口コミ・レビューからわかる真実

 

暖房機能が不要の方は『ダイソン Pure Cool link』がおすすめです。空気清浄機と暖房で冬の心強い味方です!

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

\下記リンクからダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

近代的で便利なホット&クールシリーズを、ぜひともご自宅でお試しください。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品をAmazon等の通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

価格が安いからといって通販サイトで並行輸入品(代理店を通さないもの)を購入してしまうと、仮に故障すると替えのパーツすら対応してもらえないので気を付けてください。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。価格も安いし、直販が安心です。

以下はダイソンのコードレス掃除機の保証について書いてますが、基本は扇風機でも同じ対応です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンの修理の対応について

ダイソン扇風機の電気代について


まずはダイソンの扇風機の電気代を計算してみましょう。
今回の記事に使う機種は『Dyson Pure Hot + Cool Link』です。

扇風機機能だけでなく、温風機能や空気清浄機能、アプリを使って遠隔操作やお部屋の空気の状態も分かるスグレモノです。

ダイソン扇風機の中でも売れ筋ですので、ぜひともおススメします!

Dyson Pure Hot + Cool Link(HP03)↓

以下の計算式で簡単に求められます。

消費電力(kw)×使用時間(h)×電気料金単価(円)=電気料金

Dyson Pure Hot + Cool Linkの消費電力ですが扇風機機能を使っているときは最大0.044kw、温風機能を使っているときは最大1.2kw。

使用時間は12時間とします。

電気料金単価は、一般的な家庭ですとだいたい27円程度です。
この条件で計算していきます。

ダイソンの扇風機機能を使った時の電気代


まずは扇風機機能を使った時の電気代はこちら↓

0.044×12×27=14.256円

最大風速で12時間使ったとしても一日約14円程度なんですね!

1カ月で420円、1年間使ったとしても5040円くらいの電気代になります。

実際は冬は使わないでしょうし、最大風速で使い続けることもないと思うので、実際はこの電気代よりも安くなるでしょう。

一般的な扇風機よりも電気代が安いワケ


にゃーこ
最初に「普通の扇風機よりも安いよ」って言ってたね!

たこやん
そうだね。ダイソンの独自の技術と、モーターを変更したおかげで、普通の扇風機よりも電気代が安いんだよ

ダイソン独自の技術『エアマルチプライヤーテクノロジー』によって吸い込んだ空気の15倍の風になって私たちに届きます。

さらに一般的な扇風機はACモーターを使いますが、効率が良くて電気消費量の少ないDCモーターに変更したことで、電気代をおさえることに成功しました。

具体的に計算してみましょう。

一般的な扇風機の最大風速時のワット数は0.050kw~0.060kwになります。

上記の計算式にあてはめると、一日16.2円~19.44円。

1カ月同条件で使うと約583円位になります。

ダイソンの扇風機は1カ月で420円なのでジュース1本分程度がお得になります。

関連記事▶【仕組み解説!】ダイソン羽根なし扇風機で風が出る原理について

温風機能を使った時の電気代


次に温風機能を使ったときの電気代を計算してみましょう。

1.2×12×27=388.8円

1日400円近くになるのはちょっと気になってしまいますね…

1カ月間、同じ条件で使ったとすると11640円!

こんな高い電気代じゃちょっと…と思うかもしれませんが、次のように正しく使うことで電気代は抑えられます。

温風モードの正しい使い方

にゃーこ
温風モードに正しい使い方なんてあるんだ!?
たこやん
うん、そうなんだ。正しく使わないと部屋が温まらないし、電気代もムダになっちゃうよ

結論は以下になります。

  • 書斎や寝室などの広さの部屋で使う
  • 寒い場所をあらかじめ暖めておく目的で使う
  • ホット&クール製品のそばで使う

ファンヒーター自体が広い部屋で使うのには向いていません。

なので書斎や寝室程度の広さの部屋で使いましょう。

個人的な感想ですが、6畳程度の広さの部屋なら十分に暖めてくれます。

リビングなどで使っても構いませんが、その時はエアコンやストーブを主として、ホット&クールは寒い所を補う形で使ってください。

ホット&クールは比較的軽いので、脱衣所などに持ち運んであらかじめ暖めておくのにもむいています。

また、製品のそばで使っても熱くなく安全ですので、製品の近くで使う事をおすすめします。

温風モードは他の暖房器具と比べて電気代が高すぎる!?

にゃーこ
他のファンヒーターとか暖房器具と比較したら電気代はどうなのかな?
たこやん
うん、比較対象はたくさんあるね。徹底的に比較してみよう!

先ほどと同じように1日12時間使用、電気料金単価は27円として、色んな暖房器具と電気代を比較してみました。

VS電気ファンヒーター


そもそもホット&クール自体が電気ファンヒーターの部類に入ってて、どの会社のファンヒーターも最大電力は1200kwです。

なので結論は『電気料金は同じ』になります。

VS石油ファンヒーター


一般的な石油ファンヒーターは最初の点火時に0.3kw、燃焼してる間は0.02kwから0.03kwで電力を消費します。

電気消費量を0.03kwで計算すると…

0.03×12×27=9.72円

半日使っても10円にも満たないんですね笑

温風モードが半日で約400円なので比較にならないほど電気料金は安いです。
でもこれはあくまで電気代の話。

石油ファンヒーターは灯油を使用します。

平均的な灯油の消費量は0.3リットル、灯油価格を80円とすると…
0.3×12×80=288円

電気代と合わせても300円を切ることが分かりました。

コストは石油ファンヒーターの方が安いですが、ホット&クールには『安全』『匂いがしない』『持ち運びができる』『一台で何役もこなせる』といったメリットがあります。

VSエアコン


暖房時は6畳から8畳用の一般的なエアコンは最初は1.5kwほどで運転し、部屋が温まると徐々に消費電力が下がってきます。

そのときだいたい0.6wほどになります。このときの消費電力で計算してみましょう。

0.6×12×27=194.4円

温風モードが同条件で400円ですので、エアコンはずいぶんと安いことがわかります。
繰り返しになりますがエアコンのある部屋は、エアコンをメインで使ってホット&クールはサブで使うのが良いでしょう。

ちなみに冷房時は0.7wくらいの消費量になります。

0.7×12×27=226.8円

ダイソンの扇風機機能の時は同条件で14円だったので参考にしてみてください。(冷房と扇風機では比較できないかもしれませんが…)

まとめ


にゃーこ
ダイソンの羽なし扇風機は電気代が安いってことがわかったね!

たこやん
暖房機能については使用する環境と状況で使い分けてね

ダイソンの羽なし扇風機の電気代について計算と比較をしてみました。

扇風機機能は『半日使って14円くらい』、暖房機能は『半日使って400円くらい』と覚えておけば大丈夫です。

しかもダイソンの扇風機は従来の扇風機に比べて電気代がお得です。

温風モードは書斎や寝室程度の広さの部屋で使うか、エアコンなどのある部屋でサブ的に使ってください。

電気代も安くて便利なダイソンの羽なし扇風機で、ぜひとも快適な生活を!

 

今回使用したDyson pure hot cool link(HP03)がこちら一番おすすめ!

Dyson pure hot cool link(HP03)は送風・暖房・空気清浄機機能がついて一台で三役の活躍をしてくれます!

しかも邪魔にならない大きさなので、オールシーズンお部屋に置くことができます。

Dyson pure hot+cool link(HP03)↓

以下の記事でダイソン扇風機のホット&クールシリーズを徹底比較しているのでご参考にしてください。

関連記事▶【最新版】ダイソン扇風機のホット&クールシリーズの徹底比較とおすすめについて

 

 

暖房機能はいらないという方はこちら↓

Dyson pure cool タワーファン(TP04)はPM0.1レベルの微粒子まで95%も除去してくれる驚異の空気清浄能力!

30畳程度は軽々と空気をキレイにしてくれます!

Dyson pure cool タワーファン(TP04)↓

Dyson pure cool タワーファン(TP04)と同タイプですが、Dyson pure cool テーブルファン(DP04)は多少の空気清浄能力と送風能力と引き換えに、サイズが小型になって気軽に置き位置を変える事ができます。

Dyson pure cool テーブルファン(DP04)↓

一台でたくさんの部屋を空気清浄したい方にはDyson pure cool タワーファン(TP04)をおすすめします。

 

以下でダイソン扇風機の空気清浄機シリーズを徹底比較しています。

関連記事▶【最新版】ダイソン扇風機の空気清浄機シリーズの徹底比較とおすすめについて

\下記リンクからダイソン特別キャンペーン中/
限定クーポンあり!在庫に限りあり!急げ!

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

たくさん種類があって選べない!そんなあなたへの記事です

当ブログの方針まとめ
  • 種類がたくさんあって選べない?
    レビューと徹底比較をします!
  • どこで買うべきか?
    キャンペーン情報を積極的にお伝えします!
  • Twitterやブログでこのサイトを紹介して良いか?
    所詮個人ブログですので安心してご自由にお使いください。むしろ喜びます(笑)

当サイト限定のキャンペーンもご紹介していますし、通販サイトなら『Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング』で比較するのがおすすめなので、リンクを掲載しています。

自身のレビューをもとに『おすすめでないもの』もズバリと言い切って紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

情報が役に立ったと思ったらクリックして投票お願いいたしますm(_ _)mほんとクリックだけなので、どうか投票ください(>_<)
 にほんブログ村 PC家電ブログへ

ダイソン扇風機
スポンサーリンク
投稿者をフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました