【2019年】掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ダイソンとマキタのコードレス掃除機がよく売れていることが分かりますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【2019最新版】ダイソンコードレス掃除機V11の比較とおすすめはどれ?

にゃーこ
ダイソンのコードレス掃除機の新バージョンが出たって聞いたよ!
りけいくん
ダイソンV11シリーズのことだね!本記事で詳しく解説しているよ!

日本ではすでにコードレス掃除機の代名詞として定着しているダイソンコードレス掃除機。2019年そのダイソンコードレス掃除機の新バージョンV11シリーズが発売されました。

本記事では従来のV10シリーズからV11シリーズに進化した部分、4種類あるV11シリーズの各違いに焦点をあてて紹介していきたいと思います。

【本記事で分かること】

  • ダイソンコードレス掃除機V11シリーズの特徴
  • ダイソンコードレス掃除機V10シリーズからV11シリーズへの進化した部分
  • 4種類のダイソンV11シリーズの比較

 

ちなみにダイソンコードレス掃除機の全シリーズの比較は以下の記事をご参考に下さい。

関連記事▶【最新性能比較表】ダイソンコードレス掃除機のおすすめ3選と選び方!

スポンサーリンク

ダイソンコードレス掃除機キャンペーン情報!夏のボーナス最大43%OFF。6/30(日)まで

現在、ダイソン公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

ダイソン公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント10倍⇒楽天ペイを持っている方は超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によってはフレキシブルノズルのオマケつきです。保証も含めると圧倒的におすすめです。

特に最新シリーズのV10の直販限定モデル個人的に一番おすすめです。2019年にV11シリーズが出ているため価格が安くなっていますし、V10のフロアドックが収納面でもかなり有利です。

ちなみにですが、公式サイトでも率直な口コミやレビューも確認できるので、念のため見ておきましょう。

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

高性能なダイソンのコードレス掃除機で新生活に備えてお掃除を充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品を通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。直販が安心です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

 

ダイソンコードレス掃除機V11シリーズの基本性能

2019年に新発売されたダイソンコードレス掃除機V11シリーズの基本情報をざっと紹介しますね!

まずはダイソン公式の動画でダイソンV11シリーズをご覧ください↓

製品名ダイソン
V11シリーズ
ダイソン
V10シリーズ
ダイソン
V7シリーズ
ダイソン
V8シリーズ
製品外観ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FFダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF SV12 FFダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FFダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2
重量2.72kg2.58kg2.40kg2.61kg
スティック時の
本体サイズ(cm)
25×
24.6×
125.7
25×
24.5×
123.2
25×
20.6×
121.5
25×
21×
122.7
充電時間約3.5時間約3.5時間約3.5時間約5時間
1充電当たりの
使用時間
最長60分最長60分最長30分最長40分
ダイソンV11シリーズの基本情報をみるかぎり、重量とサイズに多少の変化(重く大きく変化した)はありますが、あまり従来シリーズとは変化がないように見えますね。
でも、性能面に目を移すとダイソンV11シリーズは従来シリーズと比較して大きく進化しているのです!

ダイソンV10シリーズからV11シリーズへ何が変化した?

【V10シリーズからV11シリーズへ進化した部分】

  • カラー液晶ディスプレイが搭載された
  • 吸引力が更に上昇した
  • 運転音が軽減した
  • コードレスクリーナー専用充電ドッグが付属した

ダイソンV11シリーズ特徴1. カラー液晶ディスプレイが搭載された

液晶ディスプレイで分かること
・選択中の運転モード
・バッテリーの残り時間
・通気孔が詰まっていたり、フィルターの蓋がきちんとしまっていない場合は表示される

最も嬉しいのがバッテリーの残り時間が分かるようになったことです。バッテリー残量ではなく具体的な時間を表示してくれるので、後どれくらい掃除できるのか心配しながら掃除する必要がありません。

 

さらに、「ヘッドの種類」「床面の状態」「選択している運転モード」等の総合的な角度から判断して、残り時間をリアルタイムで導き出しています。

 

その結果、例えば運転モードを切り替え、フローリングから畳に掃除する場所を変えたとしても、その都度対応した残り時間を算出し表示してくれます。

 

実際使用してみた感想は想像以上にこのバッテリーの残り時間の表示が便利でした。残り時間からあとどれくらいで、この場所を掃除し次の場所に移るべきか具体的な流れが頭の中で想像できるようになったので、掃除の計画が立てやすくなりました。

 

異物が詰まった時、下の動画のように液晶ディスプレイに表示されるようになっています↓

ダイソンV11シリーズ特徴2. 吸引力がさらに25%向上した

元々吸引力に定評があるダイソンコードレス掃除機ですが、ダイソンV11シリーズは更に吸引力が向上したことが大きな進化の一つです。

ダイソンV10シリーズとV11シリーズのデジタルモーターは、最大回転数が125,000回転と変わりはありません。ではどうして吸引力が更に向上したのでしょうか?

 

答えは「ディフューザー」にあります。

 

ダイソンV10シリーズは「1段階ディフューザー」でしたがV11シリーズは「3段階ディフューザー」に変わりました。

ディフューザーとはざっくりいうと、「入口から出口の通路の断面積を広げることで、空気の流速を抑え圧力をあげ吸引力を向上させる仕組み」です。

要するに入ってくる空気を整えて吸引力を向上させている」ということです。

1段階目と2段階目ののディフューザーで吸引力を上昇させ、3段階目のディフューザーで運転音を軽減させています。

ダイソン社の公式発表によるとV10シリーズと比較して約25%の吸引力の向上に成功しているということです。

ダイソンV11シリーズ特徴3.  運転音が更に軽減した

ダイソンV7シリーズまでの大きな欠点はその運転音の大きさだと言われていました。古いモデルだと「キューン」という大きな音で、壁の薄い賃貸アパート等で利用すると近所から苦情がでるという話をよく耳にしました。

しかし、V7シリーズからV10シリーズにバージョンアップするごとに、年々その運転音が軽減されました。

ダイソンV10シリーズでは運転音の改善がtwitterの口コミ等ではよく評価されています☟

 

V11シリーズではその運転音がV10シリーズから更に11%の軽減に成功したのです。

この方の感覚では「V11シリーズの運転音は滅茶苦茶静か」みたいです。

エコモードであれば、ドライアーよりも音が静かで壁の薄い賃貸アパートであっても、夜中でも周囲を気にすることなく掃除することができます。

ダイソンV11シリーズ特徴4. コードレスクリーナー専用充電ドッグが付属した

V10シリーズまでは収納ブラケットといわれる収納するために付属品がありました。しかし、この収納ブラケットは使い勝手が非常に悪い。

というのも、壁に釘を打って穴を開けなければいけない構造で、賃貸マンションや新築の家などにお住みの方は利用をためらい、新しく収納スタンドを別途で購入しなければいけない始末。

しかし、この新しいV11シリーズにはコードレスクリーナー専用充電ドッグが新しく付属されました。実際、自立式の収納スタンドの付属を要望する声が多く、ダイソン社もその要望に応えた形です。

この専用充電ドッグは自立式で壁に穴を開ける必要はまったくありません。かつ他の付属品も収納できるようになっているので、別途に収納スタンドを購入する必要が無くなりました。

4種類あるダイソンV11シリーズの比較


ダイソンV11シリーズは現在のところ(2019年5月時点)4種類発売されています。

  • V11Absolutepro
  • V11Absolute
  • V11Fluffy+
  • V11Fluffy
基本的な性能は4種類すべて同じですが、「クリーナーヘッド」と「付属品」に違いがあります。
それではここから4種類の違いに焦点をあてて紹介していきます!

クリーナーヘッド

ソフトローラークリーナーヘッド
ダイレクトドライブクリーナーヘッド
V11Absolutepro
V11Absolute
V11Fluffy+×
V11Fluffy×

ダイソンのコードレス掃除機の優秀さを最も支えているのは何だと思われますか?

最大回転数125,000回転のモーターでしょうか?確かにモーターの性能は吸引力向上諸々に大きな役目を果たしています。

しかし、ダイソンコードレス掃除機を最も支えているのはクリーナーヘッドなのです。

 

元々欧米で人気のあったダイソンコードレス掃除機ですが、日本に進出する際に頭を悩ましたのは欧米と日本の生活スタイルの違いでした。

欧米では家屋で靴を履いたまま生活しますが、日本では家の中で靴を履く習慣がありません。欧米で浸透したダイソンコードレス掃除機のヘッドは日本の家屋では合わなかったのです。

そこでダイソン社は日本の生活習慣に合うクリーナーヘッドの開発に着手しました。そして開発したのが、

「ソフトローラークリーナーヘッド」と「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」です。

実際、日本でダイソンコードレス掃除機がここまで人気になったのは、吸引力の強さや宣伝の上手さなどもありますが、この2つのクリーナーヘッドがあったからこそといっても過言ではありません。

ソフトローラークリーナーヘッド

【ソフトローラークリーナーヘッドの特徴】

  • ソフトローラークリーナヘッドの特徴はローラーを覆っているナイロンフェルトによって大きなゴミを更に、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシによって微細なゴミと、大小両方のゴミを吸い取ることができます。
  • 他の掃除機のように髪の毛などがローラーに絡みつかなく、フローリングから絨毯まで様々な場所での掃除に最適です。(絨毯ならば、ダイレクトドライブクリーナーヘッドの方が向いている)
  • 微細なホコリまで取り除くことができますが、名前の通り床を傷つけにくいように最大限に配慮したヘッドです。

ダイレクトドライブクリーナーヘッド

【ダイレクトドライブクリーナーヘッドの特徴】

  • 絨毯上の取りにくいゴミでも、ヘッドがローラーが毛の中に入り込んで掻き出すことができます。
  • フローリングなど傷つきやすい場所での掃除にはあまり向いていません。

どのヘッドを選択すればいい?

AbsoluteproとAbsoluteには「ソフトローラークリーナーヘッド」「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」共に付属されていますが、その分当然価格が高くなります。

 

実際、あなたの家の大部分がフローリングで絨毯の面積が小さく、又はフローリングの一角にラグがある程度ならば「ソフトローラークリーナーヘッド」で事足りるので、「ダイレクトドライブクリーナーヘッド」を購入する必要性はあまりありません。

 

もし、掃除をしている段階で、ソフトローラークリーナーヘッドでは取りにくいと感じれば、絨毯などのこびり付いているゴミをよりとることができるダイレクトクリーナーヘッドを追加で購入すればいいのです。

 

関連記事▶ダイソンといえばこのヘッド!ソフトローラークリーナーヘッド/ダイレクトドライブクリーナーヘッド違い徹底比較

ダイソンV11シリーズを付属品で比較

ダイソンV11
Absolutepro
ダイソンV11
Absolute
ダイソンV11
Fluffy+
ダイソンV11
Fluffy
コンビネーションノズル
隙間ノズル
ミニモーターヘッド
ミニソフトブラシ
フトンツール
×××
ダイソンV11コードレスクリーナー
専用充電ドック
×
ツールクリップ
収納用ブラケット

布団ツール以外の付属品は4種類全てに付いています。

なので、違いがでる布団ツールについて次で紹介します!

 

布団ツール

布団ツールは布団や毛布のゴミを取るのに最適です。

布団ツールが付属品としてついているのはV11シリーズでは「V11Absolutepro」だけになります。

ダイソンのVシリーズは全て互換性があるために、例えば以前にV8シリーズを購入しており、すでに布団ツールがある場合は新たに購入する必要性はありません。

また布団ツールだけ別途で購入することができるため、布団ツールが付いているというだけで、「ダイソンV11Absolutepro」を購入する必要はありません。

ただ、布団ツール自体は非常に便利なので、持っていない方にはおすすめです!

関連記事▶ダイソンのフトンツールの使い方を徹底解説!レイコップよりおすすめ?

 

V11シリーズで新登場したツールクリップについてもご紹介しておきます。

ツールクリップ

掃除機の延長管に装着することで、よく使う付属品を取り付けることができます。

よく使う付属品を取り付けておけば、その都度取り出す必要がなくなりました。

 

結局ダイソンコードレス掃除機V11シリーズはどこで購入すればいい?

ダイソンコードレス掃除機は新機種ということもあり、(公式サイト)での購入がおすすめです。

ただ通販サイトで購入できる機種もあるので、その場合は以下のリンクで価格を比較して購入するのがおすすめです。

ただし、通販サイトでは海外輸入品が安く売られていることもあります。海外輸入品はダイソンの保証対象外なのでご注意ください。故障した際にお金を払っても修理の対応をしてくれません。心配な方は公式サイトでの購入がまちがいないでしょう。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

 

ダイソンコードレス掃除機 V11 Fluffy [SV14 FF]

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF

61,050円(06/17 04:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

ダイソンコードレス掃除機 V11 Fluffy+(直販限定)⇒Amazon取り扱い無し

ダイソンコードレス掃除機 V11 Absolute (直販限定)⇒Amazon取り扱い無し

ダイソンコードレス掃除機 V11 Absolutepro(直販限定)⇒(ダイソンV11シリーズの中で一番おすすめです。便利な布団ツール付き!充電ドック付きなので壁に穴をあけて収納ドックをつける必要もないです!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

【キャンペーン】全員Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいまキャンペーン中で、初回に現金でチャージした方は+1,000円のキャッシュバックです。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの4ステップの通りに実施してください↓

リンク先でサインイン後、『キャンペーンにエントリーする』を忘れずに押してください。エントリーしないとノーカウントになります。

ちなみに、現金対応でなくて、クレジットカードが良い!といった方は、プライム会員だとクレジットカードでも+0.5%のポイントが貯まるキャンペーン中です!

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

ダイソンコードレス掃除機
スポンサーリンク
投稿者3をフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました