ダイソンV8Fluffy+の評判やFluffyとの違いは?口コミ・レビューでわかる真実

にゃーこ
ダイソンコードレス掃除機V8Fluffy+の購入を考えてるんだけど評判とかどうかな?
りけいくん
ここでダイソンV8Fluffy+を徹底解説しているから参考にしてみてよ

数あるダイソンシリーズの中でもダイソンコードレス掃除機V8Fluffy+は人気のあるシリーズの一つです。

2017年に発売されたダイソンV8シリーズは現在発売されている全シリーズの中で費用対効果が最も良いシリーズの一つと言えます。

本記事ではダイソンコードレス掃除機V8Fluffy+の特徴と評価・口コミ、さらにV8の他シリーズとの違いも紹介していきたいと思います。

ちなみにダイソンV8シリーズの中での違いは以下で徹底比較しています。

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V8シリーズの比較とおすすめはどれ?価格や種類も!

スポンサーリンク

ダイソンコードレス掃除機キャンペーン情報!

現在、ダイソン公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

ダイソン公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント10倍⇒楽天ペイを持っている方は超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によってはフレキシブルノズルのオマケつきです。保証も含めると圧倒的におすすめです。

特に最新シリーズのV10の直販限定モデルが個人的に一番おすすめ。

ちなみにですが、公式サイトでも率直な口コミやレビューも確認できるので、念のため見ておきましょう。

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

高性能なダイソンのコードレス掃除機で新生活に備えてお掃除を充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品を通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。直販が安心です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

 

ダイソンV8 Fluffyシリーズの特徴とは?

まずはダイソンV8シリーズの特徴を動画でご覧ください!

製品名製品画像重量本体サイズ充電時間1充電時間当たりの使用時間
ダイソンV8Fluffy+ダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy+ SV10 FF COM22.61kg25×21×122.7(cm)約5時間最長40分

ここからは、ダイソンV8シリーズの製品特徴を簡単に紹介していきたいと思います。

 

ダイソンV8シリーズの特徴を以下の5つにまとめました。

①微細な粒子を完全に捕らえることを可能にするポストモーターフィルター
②ダイソン自慢の吸引力の原動力サイクロン
③運転時間の増大
④ワンタッチでごみ捨て可能なゴミ捨て機能
⑤ハンディクリーナーとしても利用可能

特徴①微細な粒子を完全に捕らえることを可能にするポストモーターフィルター

ポストモーターフィルターが装着されています。ポストモータフィルターはDCシリーズにはなかったものの、ダイソンV6シリーズになってから装着され、引き続きダイソンV8シリーズにも適用されています。0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%の確率で捕らえることが可能なので、アレルギー持ちのお子さんの家庭などには最高のクリーナー掃除機なのです。

特徴②ダイソン自慢の吸引力の原動力サイクロン

ダイソンの人気が高い理由はその吸引力にあると言われています。その吸引力の土台となっているのがこのサイクロンです。従来紙パック式であった日本の掃除機メーカーとこのサイクロンによって違いを強調したダイソンの掃除機は瞬く間に人気になりました。サイクロンでは竜巻のごとく回転させることで、その遠心力を利用し空気内に含まれる粉塵を分離することができます。

ダイソンシリーズは他社と比較して強力なモーターが搭載されているため、運転音が大きいという短所がありました。しかし開発によってV6シリーズと比較してダイソンV8シリーズでは運転音を大幅に減少させることができました。

特徴③運転時間の増大

ダイソンDCシリーズとV6シリーズから大きく変化した部分と言えば1充電時間あたりの使用時間です。V6シリーズは約20分しか使用できませんでしたが、V8シリーズでは約40分続けて使用できます。一般的な主婦の一回の掃除時間は20分、一日の掃除時間が40分~60分であることを考えると、V6シリーズの20分は短めでV8シリーズの40分は最適な時間を確保できていると言えるでしょう。

特徴④ワンタッチでごみ捨て可能なゴミ捨て機能

他社の掃除機で一般的に利用されている紙パック式と比較して、ダストボックスを洗浄しないといけないというデメリットは存在しますが、ゴミ捨ての際に手が汚れなかったりワンタッチでごみ捨てが可能であったり非常に使い勝手がいいゴミ捨て機能を搭載しています。

特徴⑤ハンディクリーナーとしても利用可能

ダイソンシリーズはハンディクリーナーとしても使用でき様々な場所で利用できる仕様になっています。

ダイソンV8fluffy+はソフトクリーナーヘッド

ダイソンには他社と比較して異なった特徴が多くあります。その中でもダイソンの最も特徴的な部分と言えばヘッドです。

ダイソンシリーズには3種類のヘッド(ソフトクリーナーヘッド・ダイレクトドライブクリーナーヘッド・カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド)がありますが、ダイソンV8fluffy+シリーズにはソフトクリーナヘッドが搭載されています。

ソフトクリーナーヘッドの特徴と言えばその柔らかさです。柔らかいブラシを搭載していることから、フローリングなどの傷がつきやすい場所の掃除には最適だと言えます。長い髪の毛などかさばるゴミも綺麗に吸い取ってくれて手入れも非常に楽なのが特徴的です。

ダイソンV8 Fluffyシリーズの口コミ・評判は?

ダイソンV8Fluffyシリーズの具体的な口コミと評判を集めてみました。

従来シリーズとの差である運転時間が40分に長くなっていることに購入者にとっては嬉しいようです。

 

ダイソンV8シリーズは従来のシリーズでダイソンの弱点であった運転音の大きさが改善されていることがよくわかります。

他にはやはりダイソンの吸引力やごみの捨てやすさなどに対する評価の高さも口コミから分かります。

 

さらに、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの口コミも合わせて以下のリンクでご確認ください。上記のような意見の口コミが多いので、満足度は高い商品だと思います。個人的にもおすすめです。

 

ちなみにダイソンシリーズの全シリーズでのおすすめと比較は以下で記事にしています。

関連記事▶【最新性能比較表】ダイソンコードレス掃除機のおすすめ3選と選び方!

ちなみにダイソンV8の他シリーズの違いは?

ダイソンV8シリーズの本体性能は全て同じ

V8シリーズには

・ダイソンV8Fluffy
・ダイソンV8Fluffy+
・ダイソンV8Animalpro
・ダイソンV8Absolute
・ダイソンV8Absolute Extra
上記の5種類があります。V8シリーズの本体性能は全て同じです。では何が異なるかというと
・ヘッド
・色
・付属品の違い

この3点でV8シリーズの差別化を図っています。

各V8シリーズの違いはヘッドと付属品

ソフトクリーナーヘッドかダイレクトドライブクリーナーヘッドか

5種類あるV8シリーズの大きな違いはヘッドの違いです。

ソフトクリーナーヘッドダイレクトドライブクリーナーヘッドの2種類があります。

ダイソンV8Fluffy+とFluffy共にソフトクリーナーヘッドを搭載しています。

ソフトクリーナーヘッド

ソフトクリーナーヘッドのメリット

① 大きなゴミ小さなゴミ共に捕らえることができる

ソフトクリーナーヘッドの特徴はローラーが柔らかいナイロンフェルトで覆われていることです。ナイロンフェルトによって大きなゴミを吸い込むことができると同時に、静電気の発生を抑えることが可能なカーボンファイバーブラシによって細かなホコリも吸い込むことができます。

ソフトクリーナーヘッドでは大きなゴミも小さなゴミも両方とも捕えることが可能なのです。

 

② 全幅が広いため一度に広い面積を掃除できる

ソフトクリーナーヘッドは全幅はとても広く、一度に広い面積を掃除できるのが特徴です。自宅が広い場合などはこのソフトクリーナヘッドを搭載したダイソンシリーズは非常におすすめです。

 

③ カーペット以外の場所では床を傷つけにくく最適

ソフトクリーナーヘッドの特徴はローラーが柔らかいナイロンフェルトで覆われていることでした。その結果、フローリングや畳といった掃除をする際に傷つきやすい場所に最適なヘッドです。逆にカーペットなどに付着するしつこいゴミなどは取りにくいことが欠点です。

ソフトクリーナーヘッドのデメリット

① 全幅が広いため狭い場所の掃除には適さない

ソフトクリーナヘッドの全幅は広いため狭い場所の掃除にはあまり向きません。

 

② カーペットでの集塵性が低い

ダイソンシリーズにある3つのヘッド「ソフトクリーナーヘッド」「ダイレクトドライブクリーナー」「カーボンファイバーブラシ搭載モーターヘッド」の中で最もカーペットでの集塵性が低いです。

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッド

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドのメリット

① カーペットで最も強い吸引力を発揮する

ダイレクトドライブクリーナヘッドの特徴はローラーに固いナイロンブラシと静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシを搭載していることからフローリングとカーペット共に対応可能です。

フローリング上のペットの毛など取りにくいゴミを効率よく吸い取ってくれるため、ペットを飼ってらっしゃるあなたに最適のヘッドです。

② 全幅が広いため広い場所の掃除に最適

ソフトクリーナーヘッドと同様に全幅が広いため、広い場所での掃除に最適なヘッドです。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドのデメリット

① 大きな固いゴミは吸い取る際ヘッドから漏れてしまう

ヘッドと床の間の隙間が比較的狭いように設計されているため、米粒やペットの餌などの比較的大きくかつ固いゴミは吸い取るときにヘッドから漏れてしまい吸い取れないことがあります。

 

各V8シリーズに対応するそれぞれのヘッドは以下の通りです。

V8シリーズFluffyソフトローラークリーナーヘッド
V8シリーズFluffy+ソフトローラークリーナーヘッド
V8シリーズAnimalproダイレクトクリーナーヘッド
V8シリーズabsoluteソフトローラークリーナーヘッド

ダイレクトクリーナーヘッド

V8シリーズabsolute Extraソフトローラークリーナーヘッド

ダイレクトクリーナーヘッド

ダイソンV8シリーズの徹底比較とおすすめは以下で紹介しています。ダイソンV8 Fluffy+はおすすめです!

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V8シリーズの比較とおすすめはどれ?価格や種類も!

ダイソンFluffyとFluffy+の付属品の違い

付属品外観V8FluffyV8Fluffy+
ミニモーターヘッド
コンビネーションノズル
隙間ノズル
ミニソフトブラシ
延長ホース
布団ブラシ
ハードブラシ

ダイソンFluffy+の場合付属品すべて揃っています。一方でFluffyの場合は「延長ホース」「布団ブラシ」「ハードブラシ」は付属していません。

 

「延長ホース」「布団ブラシ」「ハードブラシ」の特徴を紹介します。

ダイソンFluffyとFluffy+の違いはこの付属品の違いとそれに伴う値段の違いだけなので、各々の付属品を理解してFluffyとFluffy+のどちらを購入するか判断してください。

延長ホース1.2mまで伸ばすことができ、標準ノズルだと届かない場所の掃除が可能。
布団ブラシ布団などからアレルギーの元になるアレルゲンなどを取り除くのに最適。
ハードブラシ玄関の砂埃や車内のこびり付いた頑固な汚れを取り除くのに最適。

特に布団ツールはおすすめなのでダイソンV8 Fluffy+がおすすめです!

関連記事▶ダイソンのフトンツールの使い方を徹底解説!レイコップよりおすすめ?

結局ダイソンV8シリーズはどこで購入するの?

通販サイトで売っているものは下記リンクから安いところで購入するのが良いと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
ダイソンコードレス掃除機
スポンサーリンク
投稿者3をフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ(Clean Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました