【コードレス掃除機】ダイソンとマキタの違い徹底比較!おすすめはどっち?

 

にゃーこ
新しく掃除機を買いたいんだけど、ダイソンとマキタどちらがいいかな?
りけいくん
この記事でダイソンとマキタの違いを徹底的に比較したよ!

普通の掃除機だとコードが邪魔だ!という方にはコードレス掃除機がおすすめです。

コードレス掃除機といえばダイソンとマキタ、どちらも有名ですよね。

どちらが良いのか悩んでいるあなたに向けて、ダイソンとマキタそれぞれあらゆる角度から徹底比較します!

実際にダイソンとマキタを使ってみた感想も載せて比較するので、ぜひ参考にしてください。

本記事の結論を先に!
  • 価格はマキタコードレス掃除機の方が安いのでおすすめ!
  • 軽さで選ぶならマキタコードレス掃除機がおすすめ!
  • 吸引力ならダイソンコードレス掃除機がおすすめ!ただしフローリングメインならマキタでOK!
  • ゴミの捨てやすさはダイソンマキタどちらでも簡単!
  • 付属品の多さはダイソンコードレス掃除機がおすすめ!
  • 収納のしやすさはダイソン直販限定モデルのフロアドックがおすすめ!

 

それでは比較にまいりましょう!

 

スポンサーリンク

ダイソンコードレス掃除機キャンペーン情報!

現在、ダイソン公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

ダイソン公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント10倍⇒楽天ペイを持っている方は超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によってはフレキシブルノズルのオマケつきです。保証も含めると圧倒的におすすめです。

特に最新シリーズのV10の直販限定モデルが個人的に一番おすすめ。

ちなみにですが、公式サイトでも率直な口コミやレビューも確認できるので、念のため見ておきましょう。

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

高性能なダイソンのコードレス掃除機で新生活に備えてお掃除を充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品を通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。直販が安心です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

 

価格や性能の比較表!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

りけいくん
まずは簡単な比較表から紹介するね!

ダイソンのコードレス掃除機についてです。ダイソンはコードレス掃除機のパイオニアなので、その掃除機の性能は折り紙付き。ただし価格はやや高めです。

※価格はAmazonより24時間以内のものを取得。念のため価格をクリックしてレビューと価格を確認することをおすすめします。

製品名ダイソンV10FluffyダイソンV7FluffyダイソンV8FluffyダイソンV6Fluffy
製品画像ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF SV12 FFダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FFダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2Dyson V6 Fluffy SV09MH SV09MH
発売日2018年3月2017年5月2016年5月2015年5月
重量2.58kg2.40kg2.61kg2.10kg
スティック時
の本体サイズ
25×24.5×123.2

(cm)

25×20.6×121.5

(cm)

25×21×122.7

(cm)

21×21×118.3

(cm)

充電時間約3.5時間約3.5時間約5.5時間約3.5時間
1充電あたり
の使用時間
最長60分最長30分最長40分最長20分

おすすめは最新機種のダイソンV10シリーズです。

ダイソンV10シリーズはさらに4種類のFluffy、Fluffy+、Absolutepro、Animal+があります。ここで説明すると長くなるので詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

 

続いて、マキタコードレス掃除機について簡単に比較します。

マキタのコードレス掃除機は大きく【マキタ7.2V】【マキタ10.8V】【マキタ14.4V】【マキタ18V】の4つに分けられ、さらにダストボックスとスイッチによってさらに3種類に分かれるので合計で16種類にもなります。

この種類の多さで悩むのですが、反対に考えるとあなたにぴったりの製品が見つかりやすいというメリットにもなります。

ここではマキタコードレス掃除機の各シリーズの代表的なものを取り上げて比較してみますね!(同シリーズではダストボックスとスイッチの差があるだけで、値段と機能性にはそれほど差がありません)

以下はマキタのコードレス掃除機の比較表です。外観は白くてシンプルなので、日本のどの家庭にも合うデザインだと思います。

 

※価格はAmazonより24時間以内のものを取得。念のため価格をクリックしてレビューと価格を確認することをおすすめします。

製品名マキタ18V
CL182FDRFW
マキタ14.4V
CL142FDRFW
マキタ10.8V
CL107FDSHW
マキタ7.2V
CL072DSH
製品画像マキタ(Makita)充電式クリーナー18V バッテリー・充電器付(紙パック式・ワンタッチスイッチ)CL182FDRFWマキタ(Makita) 充電式クリーナ 14.4V (バッテリー・充電器付) CL142FDRFWマキタ(Makita) 充電式クリーナ 10.8V バッテリー・充電器付 CL107FDSHWマキタ(makita) 充電式クリーナ 7.2V バッテリ・充電器付 CL072DSH
重量1.50kg1.40kg1.00kg0.99kg
本体サイズ11.5×15.1×111.3

(cm)

11.5×15.5×98.6

(cm)

11.3×15.0×98.4

(cm)

11.3×14.6×98.4

(cm)

充電時間約22分約22分約50分約30分
1充電あたり
の使用時間
強:約22分

標準:約40分

 

強:約20分

標準:約40分

 

強:約13分

標準:約21分

強:約8分

標準:約16分

マキタコードレス掃除機については全シリーズを以下で徹底比較しているので、詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

関連記事▶マキタコードレス掃除機比較まとめ!おすすめの種類はどれ?

 

ダイソンとマキタはコードレス掃除機のシリーズが非常に多いので高性能シリーズを参考にして比較してみますね!

製品名ダイソンV10 Fluffyマキタ18V
CL182FDRFW
製品画像ダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF SV12 FFマキタ(Makita)充電式クリーナー18V バッテリー・充電器付(紙パック式・ワンタッチスイッチ)CL182FDRFW
重量2.58kg1.50kg
スティック時
の本体サイズ
25×24.5×123.2

(cm)

11.5×15.1×111.3

(cm)

充電時間約3.5時間約22分
1充電あたり
の使用時間
最長60分強:約22分

標準:約40分

 

本体比較から見るマキタ・ダイソンの特徴を比較してみると以下のことが分かります。

  • ダイソンは値段が高くてデカいけれど使用時間は長い!
  • マキタは使用時間は短いけれど安くて小型!

実際に、ダイソンは重いという声もよく挙がります↓

あまり力に自信のない方はマキタの方がおすすめだと思います。掃除機をかけるのが億劫になると意味がないですからね。

それぞれを深堀したおすすめ記事は以下です。

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

関連記事▶マキタコードレス掃除機比較まとめ!おすすめの種類はどれ?

 

でももっと本当に必要な情報は、実際に使ってみた感覚ですよね?

掃除をする時の工程を思い出してみてください。

  1. 掃除機を取り出して、掃除をする吸引力や使いやすさ/フローリングや畳などの各場所での掃除の感覚は?
  2. 掃除が終わり、ゴミを取り出すゴミの捨てやすさ/ゴミ捨ての方式は?
  3. 使い終わった後収納の仕方/長年使うつもりなら、掃除機のタフさは?

工程を考えると本体比較だけでは判断できない色んな要素があるのです。

一つ一つ解説していきます。

 

「使いやすさ」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

重さの分やはりマキタが有利です。

ただ、ダイソン2.6kg、マキタ 1.4kgと差がありますがダイソンを手にしてみた感想は重くない!です。

ただダイソンは長時間握っていると持ち手が疲れます。
他方マキタは疲れません。

持ち手の部分の差(充電器のずっしり感)が影響してるんでしょうか。

 

「吸引力」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

吸引力に関してはダイソンの圧勝です。

さすがに吸引力が売りのダイソンですね…気になるホコリの溜まった場所とかの狭い場所を掃除するなら吸引力が強くて1分もかかりませんでした。

 

マキタの吸引力はというと並みでしょうか。そもそもマキタはサイクロン掃除機ではないので、ゴミのフィルターが目詰まりすると吸引力がガクッと落ちます。

マキタの場合はバッテリーの馬力を落としてでも、別売りのサイクロンアタッチメントを付けた方が吸引力的にもゴミ捨てのしやすさ的にも良いと思います。

以下の通販サイトで安いところで購入すると良いでしょう。

ゴミ捨てタイプが紙パック式だと、交換のランニング費用がかかるのですが、サイクロンアタッチメントにゴミを溜めることで長持ちするのでおすすめです。

関連記事▶マキタコードレス掃除機のサイクロンアタッチメントのメリット・デメリットは?

 

「場所の掃除のしやすさ」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

1.カーペット

カーペットの掃除はダイソンのコードレス掃除機がおすすめです。カーペット上の取りにくい小さなゴミから髪の毛までダイソンは全て綺麗に吸い取ってくれました。

実際にこんな声も↓

マキタのコードレス掃除機だと我が家のカーペットではゴリゴリとやらないといけなかったので、カーペットもキレイにしたい方はダイソンがおすすめです。

 

2.フローリング

フローリング上のごみは比較的吸い込みやすいせいか、マキタ・ダイソン共に結果に差はありませんでした。

マキタの吸引力もあなどってはいけません。

実際にこんな意見も↓

ただ、マキタの中でも18Vバッテリーのものをおすすめします。吸引力は使用していくと衰えていくので、大は小を兼ねるということで、出力が大きい方が後悔しないと思います。

関連記事▶コードレス掃除機18VのマキタCL181FDRFWのレビュー!CL180・CL182との比較や口コミ・評判も

3. 畳

畳がある場合はダイソンのコードレス掃除機がおすすめです。

畳の溝部分の取りにくいゴミはマキタでは取れませんでしたが、ダイソンだとゴミは跡形もなく消え去りました。恐るべしダイソンの吸引力。

実際にこんな意見も↓

やはり、ダイソンの吸引力は超一流といったところでしょうか。

「ごみの捨てやすさ」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

ダイソンもマキタも特に変わらないと思います。サイクロン掃除機というのもあり、ワンタッチでゴミ捨て可能です。

ダイソンはゴミ捨ての公式動画があるので載せておきます。

Dyson V10 コードレスクリーナー ゴミの捨て方とクリアビンのお手入れ方法

実際はここまでキレイにゴミは落ちず、つまむ必要があったりします。

 

マキタは紙パック式とカプセル式がありますが、以下のような操作でどちらも簡単です。

もっとマキタのコードレス掃除機のゴミ捨てについて詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです。

関連記事▶マキタコードレス掃除機の紙パック式とカプセル式どっちがおすすめ?違いは?

 

「付属品」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

ダイソンコードレス掃除機の方が種類が豊富です!

特にフトンツールは布団にもかけられるので便利です。

ダイソンのフトンツールの性能の良さがわかる動画がこちらです↓

Dyson Digital Slim DC61 VS RAYCOP RS-300:ダイソン VS レイコップ

ダイソンの掃除機は掃除箇所に合わせて、延長ホース・隙間ノズル・フトンツールなどで形を変えて掃除ができます。なので、『部屋中の至る所のゴミを吸いたい!』となると、ダイソンの掃除機を一回買えば実現するというレベルです↓

 

マキタの付属品はこんな感じ↓

(写真左⇒右)

  1. フレキシブルホース:狭い空間内で利用するときに最適。
  2. ラウンドブラシ:エアコンや机の上など標準クリーナでは掃除できない場所で利用。
  3. 棚ブラシ:棚などの細かい部分で利用。

ダイソンもマキタもどちらもセット購入しない場合は別売りでの対応になりますが、それでもダイソンのようにあとあとカスタマイズできた方が良いですよね!

「収納」で比較!ダイソンvsマキタ【コードレス掃除機】

ダイソンコードレス掃除機の直販限定モデルだと専用の収納スタンドがついてくるのでおすすめです。

フロアドックが付いているのは直販限定のDyson cyclone V10だけ!

フロアドックがほしいと思ったら、Dyson Cyclone V10 [SV12 FF OLB] (直販限定モデル一択です。

 

マキタの場合は別売りの収納スタンドという手もあります↓

まとめ

りけいくん
さいごにもう一度簡単にまとめておくね!
本記事の比較の結論
  • 価格はマキタコードレス掃除機の方が安いのでおすすめ!
  • 軽さで選ぶならマキタコードレス掃除機がおすすめ!
  • 吸引力ならダイソンコードレス掃除機がおすすめ!ただしフローリングメインならマキタでOK!
  • ゴミの捨てやすさはダイソンマキタどちらでも簡単!
  • 付属品の多さはダイソンコードレス掃除機がおすすめ!
  • 収納のしやすさはダイソン直販限定モデルのフロアドックがおすすめ!

多くの項目を比較した結果、ダイソン・マキタのどちらにも良い部分悪い部分があります。

ようは、あなたがどのようなコードレス掃除機を手に入れたいかです。

コードレス掃除機を買って最も感じたことは掃除する頻度が多くなったということです。ゴミが落ちているなと思ったら、気軽に掃除機を手にして掃除する。そういった習慣が養成されます。

 

やっぱりコードがないっていうのは、コードレス掃除機の最大のメリットだなと、つくづく感じますね…

自分にあったコードレス掃除機を家に一台置いておくと便利です。

掃除が嫌いだったあなたも、掃除が好きになるかも!

 

それぞれの詳しい記事はこちら↓

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

関連記事▶マキタコードレス掃除機比較まとめ!おすすめの種類はどれ?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク
ダイソンコードレス掃除機
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ(Clean Home)

コメント

タイトルとURLをコピーしました