ダイソン掃除機のお手入れ方法やメンテナンス頻度を紹介

にゃーこ
ダイソン掃除機のお手入れってどうやってするの?
りけいくん
ダイソンの違いは他の記事で説明したけど、メンテナンスについてはまだだったね!この記事で一緒に勉強しよう!

ダイソンのお手入れ方法は慣れてしまえばとっても簡単です。

ダイソン掃除機のお手入れの方法は機種によって少し変わってくるため、今回は現行品の機種でご説明していきます。

スポンサーリンク

ダイソンコードレス掃除機キャンペーン情報!

現在、ダイソン公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

ダイソン公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント10倍⇒楽天ペイを持っている方は超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によってはフレキシブルノズルのオマケつきです。保証も含めると圧倒的におすすめです。

特に最新シリーズのV10の直販限定モデルが個人的に一番おすすめ。

ちなみにですが、公式サイトでも率直な口コミやレビューも確認できるので、念のため見ておきましょう。

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

高性能なダイソンのコードレス掃除機で新生活に備えてお掃除を充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品を通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。直販が安心です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

 

ダイソンV10のお手入れ方法

にゃーこ
ダイソンV10といえば、バッテリー時間が最長で60分持つ機種だよね?
りけいくん
そうそう!現行品ではV10とFluffy・Fluffy+・Absolutepro・Animal+の5つが販売されているよ。

詳しくは以下で比較しています↓

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

ダイソンV10シリーズのお手入れ方法は、ダストカップの横にある赤いレバーを下げるだけです。

動画で見て見ましょう。(0:25〜)↓

簡単にゴミ捨てができますね!

そしてこのクリアビン自体は取り外すこともできます。

方法は上記同様赤いレバーを下げ、レバー側の矢印を押しながら抜いていただくだけです。

非常に簡単ですよね!

にゃーこ
これでダイソンV10のお手入れは完璧だね!!
りけいくん
実はもう1つだけ大事なお手入れ箇所があるんだよ…。

ダイソンといえば綺麗な排気ということでも有名ですよね。

そんな綺麗な排気を実現するためにはフィルターのお手入れも必要なのです。

お手入れ方法は、本体からフィルターを回して外し、冷水でフィルターに水を貯めながら洗うだけです。

洗った後は24時間以上しっかりと乾かしてから本体に取り付けましょう。

実際にダイソンV10を使っている方々は…↓

※1万円引きキャンペーンは終了しております。

 

お手入れも簡単かつ静音性も非常に高くなったダイソン V10シリーズおすすめです!

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

ダイソン V7・V8のお手入れ方法

りけいくん
次はダイソン V7・V8シリーズのお手入れ方法を説明するよ!
にゃーこ
確かV7シリーズはバッテリーの持ちが最長30分で、V8シリーズは最長40分だったような気がするけど…。
りけいくん
その通り!よく勉強しているね!!実はV7シリーズもV8シリーズも同じお手入れ方法なんだ。

そんなV7・V8シリーズのお手入れ方法をご紹介します。

V10シリーズは赤いレバーを下げるのに対し、V7・V8シリーズは赤いレバーを引き上げゴミを捨てます。

動画で見て見ましょう(0:44)↓

そしてこちらのV7・V8にもフィルターのお手入れが2箇所あります。

まず1つめにクリアビンの上にあるフィルターのお手入れをします。

2つ目に本体の後ろについているポストフィルターのお手入れをします。

この2つのフィルターを水で洗い、しっかり24時間乾燥させてから本体へ戻します。

画像だと分かりにくいと思うので、動画でおさらいしましょう。↓

難しそうと思う方や、手間がかかるなと思う方たくさんいらっしゃると思いますが、慣れてくると非常に簡単です。

このお手入れをすることで変わらない吸引力を実現させることができます。

実際にダイソンV7・V8を使っている方々は↓

基本的なお手入れ部分といえば、ゴミ捨てとフィルターにはなりますが、ヘッドのお手入れも重要になります。

ヘッドのお手入れ方法

現行のダイソンには2種類のヘッドがあります。

詳しくはこちらの記事でご紹介させて頂いております。↓

関連記事▶ダイソンといえばこのヘッド!ソフトローラークリーナーヘッド/ダイレクトドライブクリーナーヘッド違い徹底比較

それではまず、ソフトローラークリーナーヘッドのお手入れ方法をご紹介します。

コインなどでロックを外してから、水で洗い流し、24時間以上はしっかりと乾燥させましょう。

乾燥させるときはブラシを立てて乾燥させるのですが、穴が空いている方を下にしてしっかりと乾燥させましょう。

動画で詳しくみてみましょう。↓

ソフトローラークリーナーヘッド はナイロンフェルトを使っているため水濡れなどは苦手です。

汚れてしまったらしっかり上記の方法でお手入れをしましょう。

 

次にダイレクトドライブクリーナーヘッドのお手入れ方法です。

ロックを外し、ブラシを引き出したら絡みついたゴミを取り除きます。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドは掻き出す力が強い分、ブラシに髪の毛や糸くずが辛いみやすいため、お手入れをしっかりとしてあげましょう。

では次からメンテナンス頻度をどのくらいで行えば良いかご説明していきますね。

 

メンテナンス頻度

にゃーこ
お手入れ方法はわかったけど、実際どのくらいの頻度でお手入れしたらいいの〜!?

ゴミ捨てはMAXラインを超えないようにお手入れして頂ければと思いますが、重要なのがフィルターのメンテナンスですよね。

ダイソンのマニュアルを読んでみると1ヶ月に1回との表記があります。

フィルターが目詰まりした状態で使用していると、モーターに負担がかかり故障の原因となるため、必ず1ヶ月に1回はお手入れをしましょう。

ダイソンのヘッドについては推奨頻度が見つけられておりませんが、毛やホコリが絡まったりしていたらメンテナンスをすれば良いと思います。


ヘッドをお手入れすることで吸引力が戻るので、吸引力が落ちてきたなと思ったらキレイにするようにしましょう。

まとめ

にゃーこ
ダイソンは部屋をただ掃除するだけではなく、ダイソン本体のメンテナンスもしっかりしてあげないとなんだね。
りけいくん
高い買い物だからこそ、自分の気に入った一台がいいよね。

今までむずかしいと感じていた方も、少しは苦手意識がなくなったのではないでしょうか。

ダイソンV10、V8、V7とお手入れ方法は異なりますが、私のおすすめは最新型のダイソンV10です。性能面とお手入れのしやすさがポイントです。

といいつつお財布とのご相談もあると思うので、ぜひ比較してみてください。

お気に入りの1台を見つけて、大切に扱ってあげましょう!

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました