【2019年】掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ダイソンとマキタのコードレス掃除機がよく売れていることが分かりますね!

それでは記事を確認していきましょう↓

【2019年最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

にゃーこ
ダイソンのコードレス掃除機のV10って何種類あるの?
りけいくん
公式サイトで5種類展開されているよ!
にゃーこ
えっ、、そんなにあるの…?

ダイソンのコードレス掃除機は幅広く展開されています。

今回ご紹介するのはV10シリーズの以下の5種類です。

  • 2018/6発売 Dyson cyclone V10 (直販限定
  • 2018/3発売 Dyson cyclone V10 Fluffy
  • 2018/3発売 Dyson cyclone V10 Fluffy+
  • 2018/3発売 Dyson cyclone V10 Absolutepro
  • 2018/3発売 Dyson cyclone V10 Animal+ (直販限定
にゃーこ
アルファベットでよくわからないよー
りけいくん
大丈夫!早見表もつくってみたから簡単に理解できるよ!

暗号のようにアルファベットで種類が分かれていますが、大きな違いとしては本体カラーと付属品なんです。

ただ、この付属品の違いによってどういう人向けの商品か?というコンセプトが変わってきます。

この記事では、5種類の違い・それぞれどういう人におすすめか紹介しますので、これであなたにもぴったりのコードレス掃除機がきっと見つかります。

 

この記事の要点を先にまとめておくと、以下のようになっております!基本的にはヘッドの違いで選ぶことになると思います。

ソフトローラークリーナーヘッドで十分な方
  • フロアドックがほしいと思ったら、Dyson Cyclone V10直販限定モデル)一択です。フロアドックが部屋のレイアウトに合うのであれば、個人的には1番おすすめ。
  • フロアドックがいらないよ!という方でもフトンツールが付いたDyson Cyclone V10 Fluffy+個人的には2番目におすすめ!
  • 本当にフローリングの床掃除がメインなんです!付属品は少なくていいから、価格が安い方が良い!という方にはDyson Cyclone V10 Fluffyがおすすめ。

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドも必要な方
  • とにかく付属品も多くて、ヘッドも2パターン念のためほしい!という方はDyson cyclone V10 Absoluteproです。
  • フローリングではなくて、ラグとかがメインの部屋なんですという方はDyson cyclone V10 Animal+直販限定)で良いと思います。

 

それでは詳しい解説にいきましょう!

スポンサーリンク

ダイソンコードレス掃除機キャンペーン!本日限定価格あり。急げ!

現在、ダイソン公式サイトで購入すると、以下のメリットがあります。

ダイソン公式サイトのメリット
  • 楽天ポイント5~10倍⇒楽天ペイを持っている方は超オトク。
  • 送料無料⇒購入額3,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 2年間のメーカー保証付き⇒2年間のメーカー保証が受けられ、無償で修理を行うことができる。往復の送料、作業費、部品代を含み、すべてダイソン社持ち
  • 充実したサポート付き⇒日本のダイソンエキスパートに電話でのサポートが受けられるので安心
  • 30日間返金保証付き⇒未使用・未開封の商品に限るが、受け取り後30日以内の連絡で返品可能

普段は直販で買うと割高なのですが、キャンペーンだと安くで購入出来て、物によってはフレキシブルノズル(5,000円相当)のオマケつきです。保証も含めると圧倒的におすすめ。

ダイソンV11シリーズがモニター付きで普通に使いやすいのでおすすめです。6/27よりまさかの最大1万円還元が始まりました。こちらは8/4まで。

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V11の比較とおすすめはどれ?

 

ダイソンV10の直販限定モデル個人的におすすめです。2019年にV11シリーズが出ているため価格が安くなっていますし、V10のフロアドックが収納面でもかなり便利です。

以下のリンクからクーポンコードとタイトルについているものは特別割引が適用できます!ぜひご利用ください。ただし在庫なくなり次第終了の恐れがあるのでお気を付けください。

ちなみにですが、公式サイトでも率直な口コミやレビューも確認できるので、念のため見ておきましょう!

ダイソン公式ページが重いのでクリック後しばらくお待ちください↓

高性能なダイソンのコードレス掃除機で新生活に備えてお掃除を充実させましょう。

 

よく問い合わせがあるので補足ですが、ダイソン製品を通販サイトで購入される際は保証の手厚い『国内正規品』を選ぶことをおすすめします。2年保証になりますし、修理の対応もスピーディです。

安いからといって通販サイトで代理店を通さない並行輸入品を購入してしまうと、仮に故障しても替えのパーツすら対応してもらえません。

通販サイトでは国内正規品と輸入品が混在していて間違える可能性があるので、ダイソン公式オンラインサイトで購入するのが間違いないと思います。直販が安心です。

関連記事▶保証の対象は国内正規品のみ!ダイソンコードレス掃除機の修理の対応について

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V10の比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+

 

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズとは?

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズはダイソン社から発売されているコードレス掃除機の2018年の新モデルです。

以下の公式の紹介動画が特徴的です。

コードがない分、自由に持ち歩いて高いところまで掃除できます!

さらにヘッド部分を取り換えることで、コンパクトに机やフトンも掃除できるのは大きなメリットですよね!

 

アイロボット日本総代理店(お掃除ロボットルンバの販売社)のセールス・オンデマンド株式会社が行った調査で、主婦が1回あたりに掃除機をかける平均時間は約20分ということがわかりました。

ダイソンV10は従来のV8よりも通常運転時間が20分⇒30分へと進化しているので、稼働時間も十分ですね。さらに、充電時間も5時間⇒3.5時間と進化しているのでうれしいですね。

メーカー型番騒音連続使用時間吸引力
(吸込仕事率)
充電時間質量
(バッテリ含)
ダイソンV10 Fluffy
ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy ニッケル/アイアン/コッパー SV12FF
約70~90
※独自調査
強:5~8分
通常:30分
省電力:60分
強:130WA
通常:28WA
省電力:13WA
3.5時間2.58kg

 

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズと他シリーズの比較

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズは他のシリーズと比較して、何が進化したのか簡単に紹介しておきます。

製品名ダイソンV11
Fluffy
ダイソンV10
Fluffy
ダイソンV7
Fluffy
ダイソンV8
Fluffy
ダイソンV6
Fluffy
製品画像ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FFダイソン 掃除機 コードレス Dyson Cyclone V10 Fluffy SV12FF SV12 FFダイソン 掃除機 コードレス V7 Fluffy SV11 FFダイソン 掃除機 コードレス V8 Fluffy SV10 FF2Dyson V6 Fluffy SV09MH SV09MH
発売日2019年3月2018年3月2017年5月2016年5月2015年5月
回転数125,000回/分125,000回/分110,000回/分110,000回/分110,000回/分
出力強モード:165W
その他非公開
525W350W425W350W
重量2.72kg2.58kg2.40kg2.61kg2.10kg
充電時間約3.5時間約3.5時間約3.5時間約5.5時間約3.5時間
1充電あたり
の使用時間
最長60分最長60分最長30分最長40分最長20分

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズは従来のシリーズを比較して回転数と出力がUPしています。ダイソン自慢の吸引力の能力をさらに上げたといっていいでしょう。

カーペットなどの出力が必要となるところもしっかり掃除したいという方はダイソンコードレス掃除機のV10シリーズがおすすめです。

ただ、2019年に発売したダイソンコードレス掃除機V11シリーズでは回転数は同じなのですが、吸引力は25%UPしています。

関連記事▶【最新版】ダイソンコードレス掃除機V11の比較とおすすめはどれ?

 

また、ダイソンコードレス掃除機V10シリーズは1回の充電で最長60分使用でき、V7シリーズ(最長30分)、V8シリーズ(最長40分)で比較した場合圧倒的に性能が良くなっています。

使いたいときに充電が切れるのは相当ストレスだったので、60分も充電が持つと、年末とか引っ越しの良く掃除をするときにも役立ちますよね!

 

ちなみにダイソンコードレス掃除機V7シリーズは以下で徹底比較してます↓

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V7の比較とおすすめはどれ?種類や価格も!

ダイソンコードレス掃除機V8シリーズは以下で徹底比較してます↓

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V8シリーズの比較とおすすめはどれ?Fluffy/Fluffy+/Animalpro/Absolute

ダイソンコードレス掃除機V6シリーズは以下で徹底比較してます↓

関連記事▶【図で理解する】ダイソンコードレス掃除機V6の比較とおすすめはどれ?種類や価格も!

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズの価格の比較

まずはAmazonや公式サイトで価格を確認しておきましょう。

直販モデルではキャッシュバックキャンペーンにより額面通りでないこともありますので、よく確認しておきましょう。※ダイソン公式ページは最初とても重いので、クリックした後しばらく放置してましょう。

ダイソンコードレス掃除機 V10 [SV12 FF OLB] (直販限定モデル) 並行輸入品の参考(個人的に一番おすすめ!)↓

ダイソンコードレス掃除機 V10 Fluffy [SV12 FF]

ダイソンコードレス掃除機 V10 Fluffy+ [SV12 FF COM]

ダイソンコードレス掃除機 V10 Absolutepro [SV12 ABL]

ダイソンコードレス掃除機 V10 Animal+ (直販限定)⇒Amazon取り扱い無し

 

価格としては比較的高いと思いますが、その中でも1万円以上の差があることが分かります。

この価格の差が冒頭で述べた付属品の違いなので、次から詳しく見ていって自分にピッタリのモデルを選びましょう。

 

ダイソンコードレス掃除機V10の早見表で比較

文字が小さくて恐縮ですが、早見表を作ってみました。


以下のような形で早見表で比較していただければと思います。

早見表の見方の例
  • 『ソフトローラークリーナーヘッド』『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』が必要だったらDyson Cyclone V10 Absolutepro!
  • 『ソフトローラークリーナーヘッド』だけでよくて『ミニソフトブラシ・フロアドック・ハードブラシが不要』だったらDyson Cyclone V10 Fluffy+!

ただ、この時点ではクリーナーヘッドの違いや付属品の違いが分からないと思うので、以下で詳しくご紹介します。

 

ソフトローラークリーナーヘッドとダイレクトドライブクリーナーヘッドの違い

りけいくん
ダイソンV10の付属品の一番の違いはヘッドだから、まずはこの2つを理解しよう!

『ソフトローラークリーナーヘッド』『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』の特徴についてご紹介します。

ソフトローラークリーナーヘッドの特徴

ローラーは柔らかいナイロンフェルトで覆われているため、ある程度の大きさのゴミはクリーナヘッドの下へと滑り込んで、吸い取ります。静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが、フローリングから微細なホコリを取り除きます。メリットとしては柔らかいから床面を傷つけずに掃除ができることブラシにも長い毛が絡まりにくいのでお手入れもラクということが挙げられます。

 

ダイレクトドライブクリーナーヘッドの特徴

こちらのブラシは先ほどのソフトローラークリーナーヘッドのブラシよりも硬く、ブラシでゴミをこそぎ取るイメージです。カーペットのゴミを取る際にはこちらの方が優れていますが、ブラシが硬いためカーペットの繊維も取りやすくなってしまいます。

 

上記の違いを動画でわかりやすく紹介しています。↓

ダイソン 「「足の裏で感じてください」 ― Dyson Ball Animal+Fluffy」

フローリングの掃除をメインに考えている方は『ソフトローラークリーナーヘッド』だけで十分だと思いますが、カーペットも今まできちんと掃除していたという方は『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』のみのDyson cyclone V10 Animal+(直販限定、または両ヘッド搭載のDyson Cyclone V10 Absoluteproがおすすめです。

『ソフトローラークリーナーヘッド』はほんとに床面とはソフトタッチなので、カーペットの掃除をきちんとやろうとするととてつもなく時間がかかります。

 

両ヘッド搭載のDyson Cyclone V10 Absolutepro↓

 

ちなみに、コードレス掃除機はヘッドが命なんですよ!

単純な吸引力はコードレス掃除機よりもキャニスタータイプの掃除機の方が優れていることが多いです。キャニスタータイプは電源をコンセントから直接持ってこれますし、フィルターもキャニスターにでかいのを積んで床で引けば良いですからね。

 

以下の吸引力を見ると一目瞭然です。ハウスダストなんかの微細なゴミは吸込仕事率300W必要と言われているので。

メーカー型番騒音連続使用時間吸引力
(吸込仕事率)
充電時間質量
(バッテリ含)
ダイソンV10 Fluffy
ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy ニッケル/アイアン/コッパー SV12FF
約70~90
※独自調査
強:5~8分
通常:30分
省電力:60分
強:130WA
通常:28WA
省電力:13WA
3.5時間2.58kg
パナソニックMC-PA100G
パナソニック 紙パック式掃除機 ホワイト MC-PA100G-W
62~約56db540~約110W2.8kg

それでもダイソンの掃除機はゴミを吸う能力に優れています。

 

以下のCMも話題になりました。ダイソンがいかに優れていることが分かります。

ダイソン 「ダイソン V8 コードレスクリーナー」

ではその優れている秘密はなにか?

 

答えはヘッドです!(さっき言っちゃってますね)

ヘッドの構造次第でゴミを押し出してしまったり、吸引部にゴミを持ってこれなかったりと、きちんとスムーズに掻き込めなかったりします。

これまでの掃除で何回もヘッドを持ち上げてゴミの上に持ってくるイメージないですか?

 

それは吸引力だけでなく、ヘッドの構造も問題でした。適切な場所に適切なヘッドを付けるだけで各段に掃除がラクになることを考えると、面倒ですがヘッドを付け替えた方が結果的に早く掃除が終わります。

ヘッドの違いについて、より詳しく知りたいという方は以下をご参考に下さい。

関連記事▶ダイソンといえばこのヘッド!ソフトローラークリーナーヘッド/ダイレクトドライブクリーナーヘッド違い徹底比較

 

ダイソンコードレス掃除機V10シリーズ付属品の違い(Fluffy/Fluffy+/Absolutepro/Animal+)

付属品の一覧表です↓詳しい解説もしていきます。

『ソフトローラークリーナーヘッド』のみ

付属品外観V10V10
Fluffy
V10
Fluffy+
価格確認用
リンク
直販限定
Amazon↓

ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy ニッケル/アイアン/コッパー SV12FF

Amazon↓

ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Fluffy+ レッド/アイアン/レッド SV12FFCOM

ソフトローラー
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブ
クリーナーヘッド
収納用
ブラケット
ミニモーターヘッド
コンビネーション
ノズル
隙間ノズル
ミニソフトブラシ
延長ホース
フトンツール
アップトップ
アダプター
フロアドック
ハードブラシ

フロアドックが付いているのは直販限定のDyson cyclone V10だけ!

フロアドックがほしいと思ったら、Dyson Cyclone V10 [SV12 FF OLB] (直販限定モデル一択です。

ダイソンのコードレス掃除機は掃除箇所に合わせて、延長ホース・隙間ノズル・フトンツールなどで形を変えて掃除ができます。なので、『部屋中の至る所のゴミを吸いたい!』となると、ダイソンの掃除機を一回買えば実現するというレベルです↓

これらの付属品は非常にたくさんあり、使うときに外に出せばいいやと思い、押し入れにしまってしまうと使うことがほぼありません笑

なので、個人的にはフロアドックはおすすめです。

本体機もここに収納すると、充電もできるという優れもの。

デメリットとしては、電源前に常駐するスペースが必要なことと、メカメカしい外観が日本の部屋のインテリアに合うかどうかですね。

 

フロアドックが不要ならDyson Cyclone V10 Fluffy+がおすすめ!

フロアドックがいらないよ!という方にはDyson Cyclone V10 Fluffy+をおすすめしたいです。先ほどのDyson Cyclone V10に、さらにハードブラシとミニソフトブラシが付いていないバージョンとなります。

ハードブラシとミニソフトブラシの説明は以下に記載しておりますが、ブラシでゴリゴリしないといけない時や、ブラインドのように柔らかいブラシで丁寧に掃除したいときに使うものです。

 

よほどのきれい好きでない方であれば使用頻度はそれほど多くはないと思うので、フロアドックがいらないならこのモデルで良いと思います。

 

ハードブラシとミニソフトブラシの特徴

 

これよりもランクを落とすとなると『Dyson Cyclone V10 Fluffy』になりますが、こちらのモデルはフトンツールが付いていません。

布団の掃除もこれでできるようになるので非常に便利です。個人的にもフトンツールは頻繁に使うのであった方が良いと思っています。

それにダイソンのフトンツールは性能が良いので重宝します。

 

フトンツールの品質の良さがわかる動画がこちらです↓

Dyson Digital Slim DC61 VS RAYCOP RS-300:ダイソン VS レイコップ

フトンツールも不要ならDyson Cyclone V10 Fluffy

本当に床掃除がメインなんです!という方には価格的には『Dyson Cyclone V10 Fluffy』がおすすめです。

先ほどのミニソフトブラシは付いてきますが、フトンツールは付いてきません。

さらに、アップトップアダプターと延長ホースも付いてきません。

 

アップトップアダプターと延長ホースの特徴

アップトップアダプターはそんなに使い道がないかも(我が家だけかも)しれませんが、延長ホースは便利なので、残念です。

延長ホースだけでも別で購入したり、公式サイトで購入する際に追加可能ですが、フトンツールも付いていないので、それだったら『Dyson Cyclone V10 Fluffy+』で良いのでは?と思います。

 

『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』のみ、または両ヘッド搭載

『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』が必要と思われた方は、以下の2種類から選ぶことになります。

  • 両ヘッド付属 Dyson cyclone V10 Absolutepro
  • 『ダイレクトドライブクリーナーヘッド』のみ Dyson cyclone V10 Animal+ (直販限定

詳細な付属品は以下となります。

付属品外観V10
Absolutepro
V10
Animal+
価格確認用
リンク
Amazon↓

ダイソン サイクロン式スティッククリーナー V10 Absolutepro ニッケル/アイアン/コッパー SV12ABL

直販限定
ソフトローラー
クリーナーヘッド
ダイレクトドライブ
クリーナーヘッド
収納用
ブラケット
ミニモーターヘッド
コンビネーション
ノズル
隙間ノズル
ミニソフトブラシ
延長ホース
フトンツール
アップトップ
アダプター
フロアドック
ハードブラシ

 

ダイレクドドライブクリーナーヘッドについては上で解説しましたが、もう一度載せておきます↓


こちらのブラシは先ほどのソフトローラークリーナーヘッドのブラシよりも硬く、ブラシでゴミをこそぎ取るイメージです。カーペットのゴミを取る際にはこちらの方が優れていますが、ブラシが硬いためカーペットの繊維も取りやすくなってしまいます。

絨毯・カーペット・ラグといったところも念入りに掃除したいという方が必要とするヘッドです。

とにかく付属品も多くて、ヘッドも2パターン念のためほしい!という方はDyson cyclone V10 Absoluteproです。

フローリングではなくて、ラグとかがメインの部屋なんですという方はDyson cyclone V10 Animal+直販限定)で良いのではないでしょうか。

 

まとめ

りけいくん
もう一度ダイソンコードレス掃除機の早見表を載せておくね!

通販サイトで売っているものは下記リンクで比較して安いところから購入すると良いと思います。

 

結論としては、以下です。

ソフトローラークリーナーヘッドで良い場合

フロアドックがほしいと思ったら、Dyson Cyclone V10直販限定モデル一択です。個人的にはフロアドックが部屋のレイアウトに合うのであれば一番おすすめ。

 

フロアドックがいらないよ!という方でもフトンツールが付いたDyson Cyclone V10 Fluffy+が2番目におすすめ!

 

本当にフローリングの床掃除がメインなんです!付属品は少なくていいから、価格が安い方が良い!という方にはDyson Cyclone V10 Fluffyがおすすめです。

 

ダイレクドドライブクリーナーヘッドがほしい場合

とにかく付属品も多くて、ヘッドも2パターン念のためほしい!という方はDyson cyclone V10 Absoluteproです。

フローリングではなくて、ラグとかがメインの部屋なんですという方はDyson cyclone V10 Animal+直販限定)で良いと思います。

いきなり購入が不安ならレンタルもアリ!

これ!レンタルについてですが、実は声を大にしておすすめしたいです。

DMMいろいろレンタルでは家電のレンタルができます。ちなみにレンタルはダイソンの公式ページではできません。

ページを飛んで、上の写真のように、右上の検索窓で『ダイソン』と検索するとダイソン製品がずらーっと並びます。

5日間数千円とかでレンタルできるんです。DMMいろいろレンタルは基本的に定価の1割以下の値段でレンタルが可能なので他サイトよりおすすめできます!

にゃーこ
レンタルして数千円って高くない?
りけいくん
そうだね、、でも例えばダイソンコードレス掃除機のV8を借りてみて満足できればV8を購入すればいいから、結果的に安く済むかもしれないよ!

V10は最新なので、製品としては一番おすすめできますが、より安い方がいいなぁと思っている方は、前シリーズのV8を借りて体験してみると良いです。

結果的にV8シリーズはV10シリーズよりも数万円安いので、試してみる価値はあると思います。

関連記事▶ダイソンコードレス掃除機V8シリーズの比較とおすすめはどれ?価格や種類も!Fluffy/Fluffy+/Animalpro/Absolute

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。7/16(火)まで。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~3.0%のポイントが貯まります。

ちなみにただいまキャンペーン中で、現金で支払うと最大+3%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの4ステップの通りに実施してください↓

リンク先でサインイン後、『キャンペーンにエントリーする』を忘れずに押してください。エントリーしないとノーカウントになります。

 

ちなみに、現金対応でなくて、クレジットカードが良い!といった方は、プライム会員だとクレジットカードでも+1.0%のポイントが貯まるキャンペーン中です!

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

スポンサーリンク
ダイソンコードレス掃除機
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました