【2019年】ロボット掃除機のランキングと価格を確認しておきましょう↓

ロボット掃除機のルンバがよく売れていることが分かりますね!

 

エコバックスのロボット掃除機は欧州で2位のシェアです。日本でも注目されてきています↓

関連記事▶【最新版】エコバックスのロボット掃除機DEEBOT全18種の比較とおすすめはどれ?

Ankerのロボット掃除機も人気です↓

関連記事▶【最新版】Ankerロボット掃除機Eufy RoboVac全シリーズの比較とおすすめはどれ?

何気に最近ロボット掃除機ILIFEも安いので売れてます↓

関連記事▶【最新】ILIFE(アイライフ)ロボット掃除機全種類の比較とおすすめはどれ?

ロボット掃除機のおすすめ記事はこちら↓

たくさん種類があって選べない!そんなあなたに

  • 種類がたくさんあって選べない?⇒レビューと徹底比較をします!
  • どこで買うべきか?⇒キャンペーン情報を積極的にお伝えします!通販サイトならAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングで比較するのがおすすめなので、リンクを掲載しています。

当サイト限定のキャンペーンもご紹介しています。

自身のレビューをもとに『おすすめでないもの』もズバリと言い切って紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

本記事

ルーロとルンバどっちがおすすめ?価格・掃除能力・お手入れ方法の違い比較!

にゃーこ
ルーロとルンバどっちがおすすめなんだろう?
りけいくん
それぞれ比較してどちらがいいか結論をつけよう!

パナソニック社ルーロ(RULO)とアイロボット社ルンバ、どちらもお掃除ロボットとして優秀で、どっちがいいかなあ?と迷いますよね!

両者を比較して、どちらが良いか選ぶ手助けができればと思います♪

ただ、どちらが上!とひとことで結論付けるのは難しいです。

両者ともメリット・デメリットがありますので、みなさんが気になるであろう項目を一つ一つ比較してみました。

 

本記事の結論を先に!
  1. 価格はシリーズによるので引き分け
  2. 掃除能力重視ならルンバ
  3. バッテリー寿命ならルーロ
  4. スマートスピーカーが使いたいならルンバ
  5. お手入れが面倒な方はルンバ
  6. ダストボックスまわりを水洗いしたいならルーロ!⇒ルンバe5で水洗い対応しました。

 

スポンサーリンク

ルンバ・ブラーバのキャンペーン情報!

現在、アイロボット社公式サイトでルンバを購入すると、以下のメリットがあります。

アイロボット公式サイトのメリット
  • 送料無料⇒購入額10,000円以上(税込)で、全国どこでも送料無料。
  • 1年間のメーカー保証付き⇒購入日から1年以内に不具合が発生したら無償で修理してもらえる。
  • 充実したサポート付き⇒上記1年を過ぎてもアイロボット社での有償サポートがあるので安心。
  • 8日間返品・交換保証付き⇒未使用・未開封の商品に限りますが、受け取り後8日以内の連絡で返品可能。対象外のケースもあるので注意。

通販サイトでは海外輸入品を安く売られている場合がありますが、型落ち品にしても保証の手厚い国内正規品を購入されることをおすすめします。

海外品のルンバはアイロボット社の保証対象外となりますし、日本の家電メーカーでも修理対象外となる場合もあります。

AMAZONなどの通販サイトで購入される場合はお気をつけください。保証に関しては以下に記事にしています↓

関連記事▶知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

 

間違えると怖いな、という方は公式サイトでルンバを購入することをおすすめします。直販なので保証も手厚いですしね。

アウトレット品として旧型番を安く売っていることもありますが、人気なのですぐに在庫がなくなります。要チェックです!!↓

 

ルーロとルンバの価格は?

参考にAMAZONの価格を見てみましょう。

シリーズとスペックによりますが、それぞれ4万円~12万円程度です。

ちなみにそれぞれで一番売れているのが、ルーロ MC-RS300とルンバ890です。AMAZONのレビューも参考に見てみてください。

ルーロ「RULO」

ルーロMC-RS20

ルーロMC-RS300 この3つの中で一番売れてます!↓

ルーロMC-RS800

 

ルンバ「ROOMBA」

ルンバ690

ルンバ890 この3つの中で一番売れてます!↓

ルンバ980

 

どちらも一番売れている機種は、スペック的には中間にあたります。一般家庭では6畳~25畳以内に収まることが多いので、ミドルスペックのものが掃除頻度・性能がちょうどいいということで一番売れています。

りけいくん
個人的におすすめなのはルンバ890だね!

ルンバ890の記事もまとめてますのでご参考にください。⇒「ルンバ890・891との違い・評判・口コミ・価格・どこで買うべきかについてまとめてみました

しかし、ルーロが向いている家庭もあると思います。下記を参考に、どちらがいいか決めましょう!

 

ルーロとルンバの掃除能力・機能の比較!

ではそれぞれで一番売れているルーロ MC-RS300とルンバ890で比較してみましょう。

まずはどんな風に掃除するの!?ってことで、ルンバ890の紹介動画です。

Roomba 890 overview

同じところをルーロとルンバで掃除させたときに、ゴミ除去量はややルンバに軍配が上がる印象ですが、個人的には、それは選ぶときの決定打にならないと思います。

ゴミが落ちているのが気になるならその分複数回掃除させればいいし、98%ゴミ除去と93%ゴミ除去にそこに違いは感じられないと思うからです。

だからこそ、この記事では掃除能力以外の部分にも着目して比較していきたいと思います。

 

ルンバは丸いから角が掃除できない!って言われますが、それは昔の話です。「ルンバは丸いから隅は掃除できない?いや!今はできる!|エッジクリーニングブラシが肝!

ルーロもルンバも十分な掃除能力だと思います。

 

もし、完ぺきな掃除能力を求めるならルンバ980が最高です。カーペット上で、自動的に出力を10倍に引き上げる性能を持ち、現状掃除ロボットの中では最高のゴミ除去量だと思います。この機能もルンバの特許です。

 

ルンバはお掃除ロボットとしてのパイオニアのため、多数関連特許も取得しており、性能面ではどうしても一歩先をいっている印象ですが、ルーロは形状にこだわった分かりやすい広告が良いですよね。

 

基本的な性能面を比較表にしてみました。

型番ルーロMC-RS300ルンバ890
サイズ

(最大幅×高さ)

330mm×92mm353mm × 92mm
充電方式充電式リチウムイオン電池

(充電時間:約3時間)

稼働面積最大30畳最大25畳
稼働時間最大60分最大60分
集塵容積0.25L0.4L
自動充電 〇
落下防止センサ 〇
スケジュール機能 〇
消費電力充電中:約33W充電中:約33W
アプリ
スマートスピーカー
進入禁止エリア設定可能設定可能
段差乗り越え2cmまで2cmまで
付属品充電台
リモコン
ダストボックスお手入れブラシ
乾電池
ホームベース
デュアルバーチャルウォール
ダストカットフィルター
乾電池

「どちらも自動で充電して、スケジュール機能で勝手にお掃除してくれます。」これだけでお掃除ロボットとしてはもう十分な機能だと思います。

でも、さらに決定打がほしいですよね?

細かく違いを見ていきましょう。

 

上表の大きく異なる点に色を付けています。

想定している掃除範囲はルンバ890よりもルーロMC-RS300の方が5畳だけ広いです。ルンバでこれよりも広い掃除範囲にしようとするとルンバ900シリーズの約112畳想定になってしまいます。それだとコストがぐんと上がる…

なので、ちょうど26~30畳くらいの範囲が良い!という方はルーロの方がおすすめです。ただし、3LDKや4LDKになってくると、それぞれの上位機種のルーロMC-RS800ルンバ980を検討した方が掃除能力的にも結果として良いと思います。

 

「集塵容積=ゴミを貯めておく量」はルンバが0.4L、ルーロが0.25Lなので、ルンバの方が1.6倍も大きいので圧倒的に優れています。

 

またルンバ890はスマホアプリに対応しています。

これは非常に便利です。メリットとしては↓

  • いつでも遠隔地から掃除を指示できます
  • スケジュール機能もラクラクです

 

これが意外と便利で、アプリがなかったら、以下の写真の赤枠のボタンをポチポチ押してスケジュールを変えないといけません。

15分刻みで、押しすぎると、あっ!通り過ぎた。また最初からだ…とループしちゃいます。

スケジュールは変更しないよ!って人もいると思いますが、曜日で設定していても祝日なんかは家にいるので、意外とスケジュールを変更したくなるんですよ。

 

一方、アプリだとラクラクです。

ルンバのアプリ使用例の動画です↓詳しくはこちらに記事にしてます。「ルンバのiRobot HOME(アイロボットホーム)アプリが便利すぎる!|980/960/890/690解説

iRobot(r) HOME アプリ

 

ルンバ890はスマートスピーカーも対応しています。よくCMしてる「Alexa!」ってやつです。

OK Google, ルンバをつかって掃除して!

 

話しかけるだけでルンバが動きます!正直わたしには過剰な機能ですが、感動します。

 

掃除を開始してほしいとき:「ルンバを使って掃除して」

掃除を終了してほしいとき:「ルンバを使って掃除を終了して」

掃除を中断してほしいとき:「ルンバを使って掃除を中断して」

 

スマートスピーカー自体は別売りですが、今後も他の家電でもスマートスピーカーで、動かすことが多くなって持ってて当たり前になるかもしれません。

↑これに話しかけるだけでルンバが動くようになります。

 

ちなみにの話で、、、バッテリー寿命に関しては、ルーロMC-RS300は「繰り返し充放電 約1500回」と公表されています。

一方、ルンバ890は「約6年」で、週に4回の使用をもとに計算されていますので、ルーロの規格にあわせると、「繰り返し充放電 約1250回」となります。

ルーロの方がバッテリーが長持ちしそうです。 約1.2倍??

 

ただちゃんとした比較ではないのでご容赦ください。両方ともリチウムイオンバッテリーなので十分長持ちすると思いますし、バッテリーはなくなったら自分で購入できますので、ご安心ください。

バッテリーについてはこちらに記事にしております。「ルンバのバッテリーの寿命と違いについて教えます!|XLife(ニッケル水素)とリチウムイオン|純正品と互換品

 

ルーロとルンバのお手入れは?

お手入れが特に必要な個所は、ゴミの掻き込み部のローラーブラシと、ゴミを集めておくダストボックスです。

りけいくん
お手入れの様子を動画で比較してみましょう!

ルーロのお手入れ動画です。

ロボット掃除機RULO~ルーロは清潔&ラクラクお手入れ篇~【パナソニック公式】

ルンバのお手入れの動画です。

iRobot Roomba® 980- Maintenance

 

手入れのしやすさについて以下のような表にしてみました。

ルーロ

MC-RS800・300

ルンバ

600シリーズ

ルンバ

800・900シリーズ

ローラー

ブラシタイプ

ブラシタイプ

ゴムローラータイプ

ダストボックス

全開きタイプ

横開きタイプ

横開きタイプ

 

正直なところ、ユーザーの一意見としては、ダストボックス>ローラー、その他は知らん!って感じのメンテナンス頻度です。

ダストボックスが一杯になると掃除できないので、交換頻度は高くなります。ローラーブラシも毛が絡まると掃除能力が落ちるので、たまーにメンテしなきゃいけません。

 

ルンバは800・900シリーズではゴムローラータイプなので、ブラシタイプよりも毛が絡まりづらくありません。髪の長い方やペットがいる家庭では大活躍ですね。

一方、ダストボックスのお手入れは全開きのルーロに軍配が上がります。何気にルンバの横開きタイプはゴミが取り出しづらく、こんなムービーみたいにきれいに取れないことが多々あります。

そういうときはティッシュでわしづかみにして取ります。まあルーロも同じようにティッシュでわしづかみにしますが、開きが大きい方が取りやすいですよね!

 

ただ忘れてはいけないのがダストボックスのサイズです!ルーロが0.25Lに対して、ルンバが0.6Lなので、ルーロの方が交換頻度は2.4倍多いのです。

なので、私なら、多少1回のティッシュのわしづかみが面倒でも、お手入れはルンバに軍配が上がると思います。

 

ただルーロはダストボックスまわりが水洗いできるので、すっきりします。

キレイ好きでここは譲れない!という方はルーロもありです。

2018年10月26日に発売となりましたルンバe5は水洗いができるようになりました。

公式サイトで見ても性能のわりにダントツで値段も安いので今買うならルンバe5で決まりではないでしょうか。

関連記事▶ルンバe5の評判は?ルンバ890との違いは?口コミ・レビューからわかる真実

 

ルーロのレビュー・口コミ・評判は?

ルーロMC-RS300 この3つの中で一番売れてるこちらのAmazonでの良い意見と悪い意見を見てみましょう。

良い意見

2016年6月19日
理論的にも隅がきれいに掃除できるはずということでこの機種を選択。
最初は、部屋のあちこちの配線が邪魔になるので使えるように部屋の模様替えをしてから使用しました。
電気製品が多いので各配線を宙に浮かせるように模様替えしてみるとその下を動き回ってとってもかわいいです。
最初に右側つたいに端を攻めていきます。
部屋の端に当たる場所は特に体の向きを変えながら一生懸命動いているのがとても愛らしいです。
部屋の空気清浄機のセンサーを見る限り誇りを巻き上げにくいように感じます。
予想外だったのは、4cm程度の段差は自動感知して落ちません。階段にも使用できますね。(うちには階段はないけど一段ずつ置き換えするとできそう。)
また、2cmくらいのパイプは自分で乗り越えてくれます。
結構ものを置いていても使えるので本当に役に立つ超かわいいお手伝いさんです。おススメします。
使用上、お手入れのポイントをご紹介します。
【ポイント1】カーペットは、端から潜り込む可能性があります。そこに入り込まないようにある程度の重量物を置くことで回避できます。
【ポイント2】ひも類、糸くずとかイヤホンを落としていると回転するブラシにからみやすいので掃除させる前にチェックが必要です。
【ポイント3】ためにひも類・髪がからんでいないか裏返してブラシ部などを掃除しておく必要があります。
【ポイント4】一つ欠点があるのは、ダストボックスが小さいことです。掃除の際はそのダストボックスの掃除だけでなく、本体側の収容場所にもセンサーがあるみたいなので、時々別の掃除機でそれらを掃除してあげる必要があります。

基本的には良い評価をつける方が圧倒的に多いのでご安心ください。

悪い意見

2015年4月3日
ルンバ780からの買い替え。テレビで販売前パナの社員が、ルーロの紹介をしていた。「ロボット掃除機の利用者が、不満と思う点を改善して作り上げたのがこのルーロ!」とのこと。値段(高くても)よりも実力重視で、期待を込め早速購入使ってみた!・・・もう「えぇ~~?」としか声が出ない。やはりどうしてもルンバと比較。良い点は軽い、静か(割と?)。ルンバにある「バーチャルウォール」がないので、部屋がすっきり。後は???。まず設置場所に規制がある。部屋の広さや家具の配置などにもよるだろうが、ルンバでは壁ぎりぎりで設置できたが、ルーロは○○センチ離して設置せよ!とあり、居間の真ん中寄りに置くしかなく邪魔。「本当か?」と思う程、ごみ受けのサイズが小さい。私は普段の掃除、出張時の「補助」としての扱いだが、ロボット掃除機を意外と「自分の代わりに掃除してくれる掃除機」としている人も少なくない。このごみ受けサイズで、大丈夫か?と思う。電化製品に必ずやある初期設定に、日時がないので、「毎日のタイマー予約はいかに?」と不審であったが、「今から何時間後に自動スタートさせたいか?」という方法のよう。シンプルすぎて、かえって「?」であった。また、障害物の手前で回避・・・とうたっていたが、ルンバほどの打撃はないものの、しっかりぶつかる。ルンバの800シリーズを買うべきだった。ダイソン(←なんだか八つ当たりでスミマセン!)の掃除機に次ぐ無駄金であった。

スケジュール機能についてはルーロの最新機種MC-RS300で改善されてます↓

ルーロに興味持ったよ!という方はこちらの記事もオススメです⇒「【最新版】ルーロはどれがおすすめ?価格・性能比較!MC-RS20/RS300/RS800

さいごに

りけいくん
少し長い記事だったので簡単にまとめるね!
本記事の結論!
  1. コストはシリーズによるので引き分け
  2. 掃除能力重視ならルンバ
  3. バッテリー寿命ならルーロ
  4. スマートスピーカーが使いたいならルンバ
  5. お手入れが面倒な方はルンバ
  6. ダストボックスまわりを水洗いしたいならルーロ!⇒ルンバe5で水洗い対応しました。

 

わたしの一押しとしてはルンバ890です。ルンバはルーロよりもユーザー数が多いため、トラブル時にもその対応がネット検索で対応できることも多いです。ルンバのアプリでは取扱サポートもありますので安心です。

ルンバを買う際には国内正規品を選ぶようにしましょうね。「知らないと損する保証の話!ルンバの保証は国内正規品のみ!

ルンバの正規品に関しては公式サイトで購入するのが間違いないですが、下記通販サイトでも正規品を購入できますので、価格を比較すると良いと思います。

ルンバのシリーズは3シリーズありますのでそちらの違いを理解したい!という方はこちらの記事を参考に下さい。「ルンバ600・800・900シリーズの違いを理解する

ルンバ800シリーズの中でも型落ちで良い!という方はこちらの記事もご参考に下さい。⇒ルンバ800シリーズ比較まとめ!おすすめはどれ?891/890/885/880/876/875/871/870違い・価格

 

ルーロMC-RS300もレビューを見ると定評があります。

ルーロの中でもどの機種がおすすめかも記事にしております。ルーロに興味を持った方はぜひ確認してみてください。「【最新版】ルーロはどれがおすすめ?価格・性能比較!MC-RS20/RS300/RS800

全体的な大きさはルンバとほとんど変わりませんが、三角形の分少し軽く、その分バッテリーも持ちが長いかもしれません。ルーロだとビックカメラなどでカラーを黒・白を選べますのでぜひ確認してみてください↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ロボット掃除機のおすすめ記事はこちら↓

スポンサーリンク

ビックカメラで価格を確認!
ビックカメラ.com

ルンバの選び方
まずは600・800・900シリーズを絞る!
その後、徹底比較で確認!
600シリーズ徹底比較!⇒自分でも少し掃除する方向け
800シリーズ徹底比較!⇒25畳以下をキレイに掃除してほしい方向け
900シリーズ徹底比較!⇒25畳以上・カーペットまでキレイに掃除してほしい方向け

 

【全員お得なキャンペーン】Amazonギフト券のチャージでポイントが付きます!簡単です。

Amazonギフト券のチャージタイプでは、プライム会員の方とそうでない方、チャージ金額によってポイント付与率が異なりますが、+0.5~2.5%のポイントが貯まります。

ちなみにただいま、現金で支払うと最大+2.5%になってます。

『現金』とは『コンビニ・ATM・ネットバンキング』のいずれかで支払うといった形で対応できます。

ネットバンキングならラクラクですが、対象銀行が少なすぎなので、ATMかコンビニがほとんどだと思います。実際私もコンビニでやりました。

コンビニだとLoppiやFamiポートで支払い票を出力してレジで払うというような形です。

 

難しそうですが、簡単なので、以下のリンク先に書かれているポイント付与までの3ステップの通りに実施してください↓

プライム会員でない方はこの機会に試しましょう!

ルンバルーロ
スポンサーリンク
ちはやをフォローする
ルンバ・掃除機(ダイソン・マキタ)おすすめ比較ブログ-クリーンホーム(Clean Home)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました